lt.jpg



2016年12月31日(土)
テーマ:日本

今朝のワシントンポスト(新聞)には、稲田知美 防衛大臣が靖国参拝をしたことについて
記事になっていました。
 
新聞での題
Japanese cabinet official criticized for visit to war-dead shrine
(日本の内閣の当局者は、戦没者神社への訪問をし非難されます)


無題1
 

電子版で同じ内容の記事を読めます。 新聞では写真はありません。
 
電子版での題
Japan’s defense minister visits Yasukuni after Pearl Harbor
(日本の防衛大臣はバールハーバーの後に靖国を訪問します)
 
 
酷い内容です。
 
シナの報道をそのまま報道しているという感じです。
こんなことまで書いています。
 
稲田氏は軍事的売春宿で女性を性的奴隷にするなど、日本の戦時中の残虐行為を擁護しており、党委員会が勝利した同盟国が率いる戦争裁判の判決を再評価。
今年、彼女は名誉毀損の事件で、反韓国人グループとの関係が認められた。
稲田氏は、2014年にメディアに上映された2011年の写真のネオ・ナチ集団のリーダーとポーズをとっているのも見られた。
 
ワシントンポストはシナ新聞だわ~
 
この件に関してパッと見て電子版では2つきじになっていて、どちらもコメントは現時点では
10以下です。

(転載元URL)

<海馬之玄関関連記事>
・<アーカイブ>内田樹<靖国考>を補助線にして考えるグローバル化する時代の天皇制の意義(上)(下)
 
http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65665964.html
・高橋哲哉『靖国問題』を批判する
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/a9d4c72ea13dca469a8f22264a8c7658
・書評☆高橋哲哉『歴史/修正主義』
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ddaab9f79ee4ac630414d90fd957c75

CZiOE7fUEAAtQ77.jpg

媛蹈鞴五十鈴媛命

スポンサーサイト
e05781fd5d4e543605d4b8032c7d6681_0 (2)



Speeches and Statements by the Prime Minister
Statement by Prime Minister Shinzo Abe
Friday, August 14, 2015


On the 70th anniversary of the end of the war, we must calmly reflect upon the road to war, the path we have taken since it ended, and the era of the 20th century. We must learn from the lessons of history the wisdom for our future.

More than one hundred years ago, vast colonies possessed mainly by the Western powers stretched out across the world. With their overwhelming supremacy in technology, waves of colonial rule surged toward Asia in the 19th century. There is no doubt that the resultant sense of crisis drove Japan forward to achieve modernization. Japan built a constitutional government earlier than any other nation in Asia. The country preserved its independence throughout. The Japan-Russia War gave encouragement to many people under colonial rule from Asia to Africa.

After World War I, which embroiled the world, the movement for self-determination gained momentum and put brakes on colonization that had been underway. It was a horrible war that claimed as many as ten million lives. With a strong desire for peace stirred in them, people founded the League of Nations and brought forth the General Treaty for Renunciation of War. There emerged in the international community a new tide of outlawing war itself.

At the beginning, Japan, too, kept steps with other nations. However, with the Great Depression setting in and the Western countries launching economic blocs by involving colonial economies, Japan's economy suffered a major blow. In such circumstances, Japan's sense of isolation deepened and it attempted to overcome its diplomatic and economic deadlock through the use of force. Its domestic political system could not serve as a brake to stop such attempts. In this way, Japan lost sight of the overall trends in the world.

With the Manchurian Incident, followed by the withdrawal from the League of Nations, Japan gradually transformed itself into a challenger to the new international order that the international community sought to establish after tremendous sacrifices. Japan took the wrong course and advanced along the road to war.

And, seventy years ago, Japan was defeated.


On the 70th anniversary of the end of the war, I bow my head deeply before the souls of all those who perished both at home and abroad. I express my feelings of profound grief and my eternal, sincere condolences.

More than three million of our compatriots lost their lives during the war: on the battlefields worrying about the future of their homeland and wishing for the happiness of their families; in remote foreign countries after the war, in extreme cold or heat, suffering from starvation and disease. The atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, the air raids on Tokyo and other cities, and the ground battles in Okinawa, among others, took a heavy toll among ordinary citizens without mercy.

Also in countries that fought against Japan, countless lives were lost among young people with promising futures. In China, Southeast Asia, the Pacific islands and elsewhere that became the battlefields, numerous innocent citizens suffered and fell victim to battles as well as hardships such as severe deprivation of food. We must never forget that there were women behind the battlefields whose honour and dignity were severely injured.

Upon the innocent people did our country inflict immeasurable damage and suffering. History is harsh. What is done cannot be undone. Each and every one of them had his or her life, dream, and beloved family. When I squarely contemplate this obvious fact, even now, I find myself speechless and my heart is rent with the utmost grief.

The peace we enjoy today exists only upon such precious sacrifices. And therein lies the origin of postwar Japan.

We must never again repeat the devastation of war.

Incident, aggression, war -- we shall never again resort to any form of the threat or use of force as a means of settling international disputes. We shall abandon colonial rule forever and respect the right of self-determination of all peoples throughout the world.

With deep repentance for the war, Japan made that pledge. Upon it, we have created a free and democratic country, abided by the rule of law, and consistently upheld that pledge never to wage a war again. While taking silent pride in the path we have walked as a peace-loving nation for as long as seventy years, we remain determined never to deviate from this steadfast course.

Japan has repeatedly expressed the feelings of deep remorse and heartfelt apology for its actions during the war. In order to manifest such feelings through concrete actions, we have engraved in our hearts the histories of suffering of the people in Asia as our neighbours: those in Southeast Asian countries such as Indonesia and the Philippines, and Taiwan, the Republic of Korea and China, among others; and we have consistently devoted ourselves to the peace and prosperity of the region since the end of the war.

Such position articulated by the previous cabinets will remain unshakable into the future.


However, no matter what kind of efforts we may make, the sorrows of those who lost their family members and the painful memories of those who underwent immense sufferings by the destruction of war will never be healed.

Thus, we must take to heart the following.

The fact that more than six million Japanese repatriates managed to come home safely after the war from various parts of the Asia-Pacific and became the driving force behind Japan’s postwar reconstruction; the fact that nearly three thousand Japanese children left behind in China were able to grow up there and set foot on the soil of their homeland again; and the fact that former POWs of the United States, the United Kingdom, the Netherlands, Australia and other nations have visited Japan for many years to continue praying for the souls of the war dead on both sides.

How much emotional struggle must have existed and what great efforts must have been necessary for the Chinese people who underwent all the sufferings of the war and for the former POWs who experienced unbearable sufferings caused by the Japanese military in order for them to be so tolerant nevertheless?

That is what we must turn our thoughts to reflect upon.

Thanks to such manifestation of tolerance, Japan was able to return to the international community in the postwar era. Taking this opportunity of the 70th anniversary of the end of the war, Japan would like to express its heartfelt gratitude to all the nations and all the people who made every effort for reconciliation.


In Japan, the postwar generations now exceed eighty per cent of its population. We must not let our children, grandchildren, and even further generations to come, who have nothing to do with that war, be predestined to apologize. Still, even so, we Japanese, across generations, must squarely face the history of the past. We have the responsibility to inherit the past, in all humbleness, and pass it on to the future.

Our parents’ and grandparents’ generations were able to survive in a devastated land in sheer poverty after the war. The future they brought about is the one our current generation inherited and the one we will hand down to the next generation. Together with the tireless efforts of our predecessors, this has only been possible through the goodwill and assistance extended to us that transcended hatred by a truly large number of countries, such as the United States, Australia, and European nations, which Japan had fiercely fought against as enemies.

We must pass this down from generation to generation into the future. We have the great responsibility to take the lessons of history deeply into our hearts, to carve out a better future, and to make all possible efforts for the peace and prosperity of Asia and the world.

We will engrave in our hearts the past, when Japan attempted to break its deadlock with force. Upon this reflection, Japan will continue to firmly uphold the principle that any disputes must be settled peacefully and diplomatically based on the respect for the rule of law and not through the use of force, and to reach out to other countries in the world to do the same. As the only country to have ever suffered the devastation of atomic bombings during war, Japan will fulfil its responsibility in the international community, aiming at the non-proliferation and ultimate abolition of nuclear weapons.

We will engrave in our hearts the past, when the dignity and honour of many women were severely injured during wars in the 20th century. Upon this reflection, Japan wishes to be a country always at the side of such women’s injured hearts. Japan will lead the world in making the 21st century an era in which women’s human rights are not infringed upon.

We will engrave in our hearts the past, when forming economic blocs made the seeds of conflict thrive. Upon this reflection, Japan will continue to develop a free, fair and open international economic system that will not be influenced by the arbitrary intentions of any nation. We will strengthen assistance for developing countries, and lead the world toward further prosperity. Prosperity is the very foundation for peace. Japan will make even greater efforts to fight against poverty, which also serves as a hotbed of violence, and to provide opportunities for medical services, education, and self-reliance to all the people in the world.

We will engrave in our hearts the past, when Japan ended up becoming a challenger to the international order. Upon this reflection, Japan will firmly uphold basic values such as freedom, democracy, and human rights as unyielding values and, by working hand in hand with countries that share such values, hoist the flag of “Proactive Contribution to Peace,” and contribute to the peace and prosperity of the world more than ever before.

Heading toward the 80th, the 90th and the centennial anniversary of the end of the war, we are determined to create such a Japan together with the Japanese people.


August 14, 2015
Shinzo Abe, Prime Minister of Japan


t01800240_0180024013291353272.jpg


http://japan.kantei.go.jp/97_abe/statement/201508/0814statement.html



テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済







国際的な報道は、最早、「普通」の現象。而して、グローバル化の昂進の中で、どの諸国民のメンバーにせよ、
戦後の風景>を理解するためのデファクトスタンダードというかパラダイムはまた、それは、残念ながらこれまた地球規模で米英の価値観と世界観、あるいは、常識と地平に影響された何ものかであるといいうべきでしょう。


米英のスタンダードが学問的にせよ政治的にせよアプリオリに「えらいこと」に昇格するわけがありません。だって、個々の読者も作者も<神ならぬ身>でしかないから。ならば、自分の世界観や価値観を相互に他者間で強要する仕草は醜いだけでなく滑稽でしょう。


結論先取りで言えば、米英のスタンダードから演繹帰納される慣習的効果にすぎない。けれど、他の米英のスタンダード以外のスタンダードでは--超越的や天賦自然権論的で「空虚な総論ルール」がその法の妥当性の扇の要になっている分、逆に--個々の慣習を遵守する態度の社会的好ましさはそれほど大きくないように思われる。



就中、フランス法思想とその強い形式的影響を受けている、現在の国際人権法など比べれば、あるいは、「イスラーム国」(!)にせよロシアにせよその社会を統べるルールの法的妥当性も実効性の値打ちも米英法系に比べれば高いとは言えないように私には見えるのです。繰り返しますけれど、それは、ある「慣習」を贔屓にするのではなくて、寧ろ逆に、それが曲がりなりにも成立しているのなら大凡すべてのルール-の守護ということ。すなわち、<慣習を守護する態度>にこそは米英の憲法思想の豊潤が漂っていると思わないではない、鴨。




要は、米英で活躍しながらも、フランス法思想と現在の国際人権法遵法をその紙面で隠そうとしない西側世界のリベラル派のジャーナリストからは少々なことを言われても、そう問題にする必要がないここと。と、そう私は考え、安倍総理や現在の日本の内閣のメンバーにはそう言ってあげたいと思います。だって、論理的にそうなのだから。論理的に間違いではないのなら、漸次、自然と穏やかな力が与えられているといいうことでしょう。


ということで、漸次、自然と穏やかな力が与えられればいいと希い、米英法極でもカルト的な西欧のリベラル派のスタンダードから見たら第二次安倍政権を米英はどう理解してきているのか。それが間違いにせよ、論理の枠組みを踏まえ反証可能性のある根拠がその国際報道に結晶しているのならな、左右の違いは問わず、<慣習そのものに従う>人としての成熟性が天晴れでもあり、まあ、文句はそう言わないでもよいのではありますまいか。



日本の国民の多くにとっては、それは、戦後に起きたやっと戦後をの奇蹟であり僥倖でさえある
その第二次安倍政権を米英はどう思っているか。本稿は単に幾つかの記事名URLをリスト。


正直、よくわからないけれども

艶っぽい媒介に、エイやでアップロードしておきますね
まあ、今日は昭和の日でもあったからアリバイ的に。
覚悟表明ですかね。










ところで、いきなりになりますが、この記事のリスト記事の「内部リンク」の復活は

先の話かと思います。




Yahooブログは2015年3月に一旦閉鎖したから。

ご興味があればその背景については下記記事を参照ください、



・海馬之玄関ブログ<終了>および<再稼働>のお知らせ
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65118395.html




と、畢竟、あなたがあくまでもこのリンク先になんとしてでもアクセスする

高いモティベーションの方、もしくは、暇人に限られるでしょう。



それらの場合、断線の工事が間に合わないという向きには、



>リンクしてを読みたい記事タイトル名



をテクストデータで記録して、そこに



>海馬 ameba



の2語を加えて、google検索をすれば終了。マニュアルでの検索になりますが、

ほぼ確実に<情報>に辿り着けますよ(←開き直り?)



そう、



実際の雰囲気は・・・リンクをしたい記事を下記とする場合、その下が正解♪。



>「慰安婦は必要だった」--慰安婦問題を巡る橋下氏の発言は妥当である-- 

>「慰安婦は必要だった」--慰安婦問題を巡る橋下氏の発言は妥当である-- 海馬 ameba





だったということです。



この他の「語彙:海馬 ameba」が別のテクストの意味に介在すること。

つまり「安倍晋三」が介在したら、事実関係を伝える情報も歪んで受け取られるの、カナ。

これなんかもこれら13本翻訳し比べて感じたこと、鴨です。





と、いずれにせよ、

ご迷惑をおかけします(恐縮)。















第二次安倍政権成立から3年ほど、--クリントン大統領(夫)の頃とはちがい--「ジャパンバッシング:日本苛め」はもとより「ジャパンパッシング:日本素通り論」本稿は「複数の記事リスト」にリンクをつないだ安倍政権成立してから報じられた米英紙の記事で紹介するものですえす。のリベラル。この約三年余りの米英のメディアからい









・日本語&英語版「ポリティカルコンパス」紹介-あなたの政治と経済の思想傾向を自己診断-
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11436944153.html




政治的や経済的な評価において、その人の「ストライクゾーンの揺らぎ」を人口に膾炙するネタもある。ただ、欧米といっても大陸と英米は異なる。まして、日本やある意味ドイツは政治評価の軸自体がずれているでしょう。左右を問わず(笑)






⑬再掲☆ニューヨークタイムズ社説の集団的自衛権批判に思う<壁パス>の効能 
 "http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fdc21a130b60e608be7bcf6dfd3b9f34






⑫事実誤認で自爆したニューヨークタイムズの安倍総理批判社説紹介
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/0bd97f1d2f9f0f8cd3494d3c36317939  
 




⑪安倍総理を批判するファイナンシャルタイムズ社説紹介
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fcdfd2cefa0d4e549b80805010ff6da2




⑩安倍総理靖国神社参拝を批判するニューヨークタイムズ社説紹介(1)~(4)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/e938a190ea7234a7334c505dc8ef8ac0


 

 

⑨「特定秘密保護法成立」記念--ニューヨークタイムズの安倍政権批判記事紹介--(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/ec7ca33252bd09a2e566acd22c0a878c






⑧Fantastic!――「風立ちぬ」が映す米英リベラルの歪んだ日本理解(上)~(下) 
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/17dd3008f59e295e1a09222cbf327f1f




⑦靖国<不戦勝>の安倍総理の作戦勝ちに歯ぎしりする海外報道紹介(1)~(6)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7f29c89c213475667c2385ba2e34ae24












⑥安倍自民党の参院選圧勝を伝える海外報道紹介(1)~(8および)(9-最終註)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ae9abbfffa397b589aeeeb1980d28cb



⑤橋下「慰安婦発言」批判の海外報道紹介--歪んだ論理の磁場の確認と
 その消磁化の契機として(1)~(9)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ca7d2069ecc186e18b3e237f852f4c0





④安倍総理の歴史認識を批判する海外報道紹介(1)~(12)+後記(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f62334487b7927827bed69dd74021987

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9ab1e74ac8fd20f67dca4c93b5ccd78f




③ワシントン・ポスト「拡大する中国の影に怯え右傾化する日本」(1)~(4)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/95b56a3ce3d1cde4d2705cd0181ccacc




②ウォールストリート・ジャーナル「日本でナショナリストの影響力が拡大」(上)~(下)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/de41872b01c454968bbc9d3766206993




①英文読解 one パラ道場:自民党新総裁決定-安倍総理の逆襲(上)~(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/d8be245bb4332894aaccf02f909d952b

 



 





今から野暮用なので、文も理路も「今晩」は委細構わずです。

だって、一応、全部自分でやったことだけは間違いないから、
良いでしょう(笑)





尚、次の自家稿もご興味があればご一読ください。





【自家論稿】

・『再出発の英文法』目次
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f49121d5434770e6c0ca02c9161634bd





・草稿・科挙としての留学の意義と無意味(上)(下)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3d2bc3378bcef0da078a1b30c9681d79













今回俎上に載せるのは「アベノミクス総選挙」(2014年12月14日)の
半年前に行われたある<総選挙>--a general election--
の話題です。

そう、AKB48総選挙(2014年6月7日)。

そう、「完全無欠のアイドルサイボーグ」、
「AKB48の正統派アイドル-王道アイドル」、
あの渡辺麻友さんが初めて1位になった<総選挙>。

前田敦子さんの<卒業>以来、苦杯を舐め続けてきた
AKB48の主流派がついに反主流派から女王の座を奪還した、
あの激戦--a general election--の話題です。

今年、最もいろいろ考えさせられた<現象>の一つであり、
また、「アベノミクス総選挙」とそれ以降の日本の政治社会を
考える上でも参考になる切り口を幾つか見いだせないこともない。

そう思い、半年遅れで記事にしました。
まずは事実の確認、大昔の出来事ですものね(笑)


13_2014112316294082c.png

AKB48 rebounds from saw assault to crown new queen bee
Mayu Watanabe was voted the top AKB48 idol in a popularity contest Saturday amid tight security after two members of the all-girl pop group were attacked by a saw-wielding man last month. Thousands of fans congregated at Ajinomoto Stadium in Chofu, western Tokyo, for Saturday’s face-off, a nationally televised extravaganza.

Watanabe, 20, garnered 159,854 votes and will lead the group for the next year. She was followed by Rino Sashihara, 21, with 141,954 votes, and Yuki Kashiwagi, 22, with 104,364 votes. Organizers announced the results of the vote, dubbed an AKB48 “general election,” late in the evening. Fans finished casting their ballots by Friday, using ballot slips available only by purchasing the group’s latest single.

The annual vote was overshadowed by last month’s attack on two teenage AKB48 members at a regular meet-the-fans event in Iwate Prefecture. ・・・Organizers doubled the number of guards to search people entering the stadium Saturday and set up metal detectors at the gates, local media reported. ・・・

AKB48, part talent show, part pop act, draws from a pool of more than 300 girls and young women at home and overseas who compete for a spot in the limelight with each new formulaic yet catchy hit.

The popularity of AKB48, one of the most successful acts of all time in money-spinning terms, is partly built on its members’ accessibility to legions of fans. The members regularly appear at events all over the country to shake hands with fans and pose for pictures, in addition to a hectic online promotional schedule via social networking sites.・・・

【出典:AFP, Jun 7, 2014 】

AKB48 襲撃事件を乗り越え来年度の女王蜂を選出
土曜日【2014年6月7日】に行われた人気コンテストで渡辺麻友(20歳)がAKB48のトップアイドルの座を得た。先月、この女性ポップグループのメンバー二人が刃物を振り回す暴漢に襲撃されたこともあって、厳戒態勢の中で行われたコンテストの結果である。東京西部の調布市にある味の素スタジアムで行われた土曜日の最終決戦には数千人のAKB48フアンが駆けつけ、また、この豪華ショーは全国にテレビ放映された。

最終結果は、渡辺(20歳)が159,854票。それに対して、指原莉乃(21歳)と柏木由紀(22歳)が各々141,954票と104,364票で迫るものだった。世間ではAKB48の「総選挙」と呼ばれているこの投票結を主催者側は土曜日の夜に発表したけれど、フアンはグループの最新シングルを購入と引き替えにもらえる投票用紙を使って金曜日までには投票をすましていた。

今年の「総選挙」には先月、10代のAKB48の二人のメンバーが襲撃された事件によって暗い影がさしていた。二人は岩手県で行われた恒例のフアンとの交流会に参加していたときに遭難したのだけれども。・・・主催者側では土曜日の決戦場となるスタジアムで入場者の持ち物検査をするべく警備要員を2倍にするほか、スタジアムの入り口には金属探知機を設置して対応したと日本の国内報道は伝えている。・・・

AKB48とはある面では演劇ショーでありまた一面ではポップ歌謡ショーなのだけれども、そのAKB48では、国内国外の300人を超える少女や若い女性のメンバーの中から、どこといって代わり映えはしないものの口ずさみやすいa新しいヒット曲が与えられ注目の的になれる一つの座に選び出す。

AKB48は絶後ではないかもしれないが空前の売り上げを上げてきたという意味で最も成功した芸能組織の一つなのだけれども、その人気の源泉の一つは誰もがメンバーと交流できる身近さと言ってもよいだろう。AKB48のメンバーは、ネット上にSNSを通して溢れる営業推進用のスケジュールや仕掛けに加えて、日本全国で定期的に開催されるイベントに参加してフアンと握手をしたり、写真に収まるためにポーズを決めたりしているのだ。・・・

(以上、翻訳紹介終了)

16_201411231629413b7.jpg


紹介した英文を読んでいてあらためて感じたのは「AKB48」というのは、あるグループの名前ではなく--「ビートルズ」や「スパイシーガールズ」、「巨人軍」や「ソフトバンクホークス」とは違い--、例えば、「宝塚」とか「歌舞伎界」、あるいは、微妙ですけれど「なでしこジャパン」という単語が帯びる抽象度に近いということです。あるひとまとまりの<芸能組織運動>である、と。そして、「AKB48総選挙」は「商品であるメンバー自身が販促活動を競い合うイベント」なの、鴨とも。

もっとも、順位を競う競争自体が商品となるのは普通のこと。例えば、大相撲の本場所、サッカーや野球のレギュラーシーズンの試合はすべてそう言える。けれども、結果的には個々の<商品>たるプレーヤーはチームのために売り上げを稼いでいるとはいえるけれども、彼等の売り上げに対する貢献は「販促活動」によるものではなく「本業のプレー」を通してのものでしょう。

而して、逆に、<商品>自体が販促活動を行うこともごく普通のことです。実際、アメリカはもとより、日本でも大手の法律事務所に採用された若手弁護士はいろんなイベントに参加して--文字通り、時にはコンパニオンの如く振る舞いながら--顧客開拓にその勤務時間のかなりを費やしておられますから。だって、まだ、弁護士としては人前に出せる技倆が備わっていない数年間は、修行の他に営業活動で事務所に貢献しなさいということ。

きっぱり。

12_20141123162939be7.jpg

要は、

▼競争自体の商品化は普通
▼商品自体の販促活動も普通


実際の所、売れない歌手さん(売れない弁護士さんも?)は、日々、近所のスナックにCD置かせてもらうなり「救急車を追いかける」(ambulance chasing)等々の営業活動を行っておられるでしょう。けれども、再度記しておきますが、たとえ、演歌歌手でもある流しのお兄さんが夜な夜なスナック等のその類のお店を廻って自分の曲を聴いてもらうとしても、彼の本業はCDの売り上げを伸ばすとか、歌謡ショーで入場料収入を稼ぐことであり、スナック廻りは本業以外の販促活動でしかない。しかし、AKB48総選挙はこれらとは違っている。

すなわち、

「AKB48総選挙」は<商品>自体による
販促活動そのものを<商品化>した成功例


と言えると思います。

また、競われるのが「勝利数」、「ゴール数」や「アシスト数」なり「ホームラン数」という数値化できるものではなく、本来、数値化のできない<人気>を、売り上げ貢献等々の回路を通して可視化した手法も面白い試みでしょう。それも、ノーベル賞などの浮き世離れした専門家の目利きがする--ある面では、どこまでも恣意的な--「人気」の判定とは違い、素人が素人として堂々と自分の<好み>を選挙結果に直接投影できるのも実に面白い。

・ノーベル賞の黄昏--自然科学部門と人文部門が織り成すメビウスの帯び--
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/62784921.html

だから、文字通り、これは一種の<総選挙>--a general election--
なのでしょうね。もっとも、実際は、蓋し、アメリカ大統領選挙における共和党と民主党の
党の大統領候補の座を競う<代表競争>により近いのでしょうけれども。

いずれにせよ、「AKB48総選挙」が『資本論』の地平を超えた<現象>である
ことは間違いないのではないでしょうか。

文字通り、これらはコロンブスの玉子にすぎないけれど、
コロンブスの玉子ではある。ならば、アベノミクスの肝、
成長戦略のヒントは意外と身近な所にあるかもしれないの、鴨。

頭は生きているうちに使えです。

б(≧◇≦)ノ ・・・頑張ろう日本!



そして、
個人的に一言。

б(≧◇≦)ノ ・・・渡辺さん、臥薪嘗胆での大願成就おめでとう!
б(≧◇≦)ノ ・・・指原くん、捲土重来、来年は首位奪還だ!


尚、AKBとAKB48総選挙に関する私の基本的な考えについては
下記拙稿をご一読いただければ嬉しいです。

・AKB総選挙という<窓>から考える生態学的社会構造の実相
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/60571214.html

・AKB48-前田敦子さんの次のセンターは? 「大家志津香」ちゃんに5000点!
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/61090318.html

・日本人の究極の美意識としての<ほどほど>が一番可愛い?
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11644425055.html

17_2014112316294161a.jpg




 




先日、野暮用で法廷見学に行きました(←あのー、まだ刑事被告人としてではありません、為念)。
そこで、ふと覚えた違和感。私の専門のアメリカでの裁判と比べて何かが足りないのです。
そう、国旗がないのですよね。法廷に。これどういうこと?


あのー、三権分立にせよ権力の分立にせよ(←ちなみに、アメリカの連邦憲法上は、アメリカ合衆国の政体は「立法・司法・行政」の三権分立ではなく「立法・司法・執行」の権力分立であり、欧州大陸流の「行政権」の過半は実はアメリカ合衆国の場合、議会に配分されているのですけどね。いずれにせよ、その憲法体系がどの政体を採用しているにせよ)、「司法権」は立派な国家権力の一斑であり、当然、その権威と権限は総体としての国家に発するもの。このことは「天賦人権」なるものが土台成立不可能な経緯を鑑みれば自明のことでしょう。


つまり、日本の場合にも、司法の場、すなわち、法廷には国旗、日の丸が掲げられているべきである。而して、法廷に国旗、日の丸が掲げられていない現在の事態は政治的のみならず憲法論的にも<不備>であり<不細工>な事柄である。と、そう私は感じました。


よって、私は次の如く提案したい、


б(≧◇≦)ノ ・・・日本の裁判所も法廷に国旗を掲げなさい!




尚、上述の「理路」に関しては下記拙稿を
ご参照いただければ嬉しいです。



・瓦解する天賦人権論-立憲主義の<脱構築>、
 あるいは、<言語ゲーム>としての立憲主義(1)~(9)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/61686136.html


・憲法訴訟を巡る日米の貧困と豊饒☆「忠誠の誓い」合憲判決
 -リベラル派の妄想に常識の鉄槌(1)~(6)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/61669703.html



judges-wooden-gavel-with-usa-flag.jpg




プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube