o0608040612077835031.jpg


・・・さよなら「国連」~♪

・・・二度と日本にくんな!



国連は「主体」ではなく「舞台」です:国連人権委員会の正体 国連は日本を非難しないと出世しない組織 (追補あり)

http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/281ecc781b65365010ebbc819dc71016


>外務省はこの国連報告者の解任を要求せよ!
>この報告者の解任まで国連分担金凍結せよ!

共謀罪」法案への国連報告者書簡は不適切、強く抗議=菅官房長官

ロイター2017年05月22日12時48分
[東京 22日 ロイター] - 菅義偉官房長官は22日午前の会見で、人権状況などを調査・監視する国連特別報告者が「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあるとの書簡を安倍晋三首相に送ったことについて、「不適切なものであり、強く抗議を行っている」と述べた。

菅官房長官は「特別報告者という立場は独立した個人の資格で人権状況の調査報告を行う立場であり、国連の立場を反映するものではない」と強調。「プライバシーの権利や表現の自由などを不当に制約する恣意的運用がなされるということはまったく当たらない」との見方を示した。

報道によると、国連特別報告者で「プライバシー権」を担当するジョセフ・カナタチ氏は18日付の書簡で同法案について「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」と指摘。「法案の成立を急いでいるため、十分に公の議論がされておらず、人権に有害な影響を及ぼす危険性がある」としている。

菅官房長官はこの書簡に対し「政府や外務省が直接説明する機会はない。公開書簡で一方的に発出した。法案は187の国と地域が締結する条約の締結に必要な国内法整備だ」と反論した。


スポンサーサイト

o0284034912838100181.jpg



このブログ友の記事(↓)を読んで複雑な感想を抱きました。

・国連人権委員会の正体 国連は日本を非難しないと出世しない組織
 http://ameblo.jp/sikihanana156/entry-12275239781.html

それは、保守派の間でも日本では「国連」や「国連の委員会」なるものに
対する誤解があるのではいかということ。

日本では「国連中心主義」とかいう言葉とともに、「国連」をなんか超国家組織の萌芽とか、すくなくとも、国際政治における当事者たる「主体」と考える雰囲気があるように思います。これは、国連憲章上も完全な誤解です。国連は、国際政治における唯一の「主体」たる各主権国家が恒常的に意見を交換し、なんらかの--国際行政法や、安全保障政策なりの--案件について合意を行う<常設の国際会議場組織>なのです。
 
それは、結婚式場の玉姫殿とか葬儀場の公益社さんに近しい存在、鴨。
 
こう書くと、ここは保守系ブログだから国連を誹謗中傷、すくなくとも、過小評価しているだけじゃんとか思われる方もおられる、鴨。違います。
 
いま、国連があるからみんな国連の値打ちを--もう空気のようなもと感じて--評価できないのかもしれませんが、国際政治の歴史において「常設の国際会議場」が存在しなかった時代のことを考えれば--会議が躍ったウィーン会議や、それが現在のパレスチナ問題の原因となったと悪名高い「英国の二枚舌・三枚舌外交=フサイン=マクマホン協定+サイクス・ピコ協定+バルフォア宣言」等々のあまたの秘密条約・協定のことを想起するだけでも--、その前身の国際連盟にせよ国際連合にせよ、それが、国際政治の透明化・予測可能性--よって、違法な行為を「ならずもの国家」に思いとどまらせる効果--を格段と高めたことは十分に評価できると私は思ってます。
 
けどね、所詮「国連」は「舞台」であって、ゲゼルシャフト的にせよゲマインシャフト的にせよ、ある<社会>が成立していて、--「国連安保理」の決議だけはある種例外ですがそれについて下記拙稿をご参照ください--そこでの多数決なりが、その案件を容認しないメンバー国をも拘束するようなタイプの--株主総会やスイスのランツゲマインデ(Landsgemeinde)のような--「法的な=主体」ではないのです。きっぱり。ちなみに、だから、私は朝日新聞などがよく使う「国際社会」という4文字熟語の意味がよくわかりません。どなたか教えていただけますか。閑話休題。
 
ちなみに、リベラル派の弁護士、海渡雄一氏も認めているように、例えば、国際人権規約にもとづく「自由権規約委員会、社会権規約委員会、拷問禁止委員会、女性差別撤廃委員会、子どもの権利委員会、人種差別撤廃委員会などの・・・委員会は、・・・厳密に言えば、国連そのものではない」のです(『世界』2014年9月号所収「日本の人権状況に示される国際的懸念--国連人権規約委員会の勧告をめぐって」p.217)。
 
ならば、まして、その各種委員会に出入りする国際NPOなるものなどは、所謂「国連人権理事会の周辺」というのは、「制度的」というより、文字通り「地理的」とか、「人脈的」や「注文主-納品業者の関係」の如きイメージ。要は、「築地の朝日新聞や神保町の岩波書店の周辺に屯するリベラル派」のフリーターとこの語感はパラレル、鴨。
 
>国連の委員会=国連の出入り業者
>国連委員会に参加するNPO=その出入り業者に納品する孫請け業者
 
少し混乱しましたか。敷衍します。その玉姫殿じゃなかった国連の「委員会」なるものは「常設の会議場組織」に出入りする業者さんにすぎない。簡単に言えば、ある玉姫殿の駐車場に出入り許可をもらっている業者さんが「国連委員会」なるものなのです。ならば、さらに、NPO等は、それまた、そこに出入りを認められたその出入り業者さんの車の運転を委託され/荷物の搬出をその出入り業者から委託された孫請けさんなのです。
 
而して、そんなNPO等も「非国家主体」とか呼ぶ国際法研究者も日本にはまだおられる。けれども、この「非国家主体」の中の「主体」の意味は、主権国家=国家主体だけが、現在でも唯一の国際政治のプレーヤーである法原則を曖昧にし、少なくとも、紛らわしいので、「非国家国連出入り業者の孫請け業者」とか呼ぶべきだと私は考えています。どうですか、早稲田大学の最上敏樹さん(笑)
 
・国連憲章における安全保障制度の整理(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9a5d412e9b3d1021b91ede0978f0d241 
 
o0442058913939997587.png
・・・かえれ、国連人権委!
・・・にどとくんな、国連人権委!

1c8728a268b4a8b8df4d51ebd705da08.png


北朝鮮に対する米国の先制核攻撃が――論理的には――「秒読み」段階に入り、また、確立した国際法秩序を無視する――田舎者の支那と南朝鮮をにらんだ――、安倍首相の「積極的平和主義」による支那包囲網の強化と南朝鮮の孤立化。これらのことを巡ってリベラル派が時に口にするコメントがあります。


それは「不幸な報復の連鎖」あるいは「不毛な軍拡競争」。
そんな「不幸な報復の連鎖」あるいは「不毛な軍拡競争」はやめよう、と。

私は、そんな、リベラル派の使う「不幸な報復の連鎖」あるいは「不毛な軍拡競争」という言葉にかなりいかがわしいものを感じています。はたして、人間が「無意味」とか「不毛」とかを断定できるものなのかと。そこには、人間の万能感と国家権力の万能感という傲岸不遜が横たわってはいないか。そう感じるのです。


ようは、リベラル派というのは常識がない天動説の方々なの、鴨

わたし、民進党とか朝日新聞とかのリベラル派を見ていると、
彼等は、口では、


>地球市民
>国際社会


とかしばしばおっしゃるけど、実は、自分を中心に世界と宇宙を廻してはるお子様ではないか。常識なしの天動説の人たちではないかと感じることがあります。少なくとも、保守派は「自国第一」なのだから、逆に、他国と自国の力関係とか過去の貸し借り関係とか真剣に考えているのに。いやー、これは冗談抜きにシュールな風景、鴨。閑話休題。


而して、実際、冷戦を終結させたのはレーガンの軍拡でしょう。
グローバル化の昂進を背景とした「不毛な軍拡競争」に
旧ソ連が耐えられず社会主義陣営は崩壊したのでは
 なかったのですか。


つまり、


少なくとも、「1989-1991」に至る国際政治の局面では、
軍拡競争は「不毛」ではなく「妥当」だったということ。


蓋し、人間の有限さを自覚する保守派は「完全な平和」なるものや「恒久の平和」なるものが実現できるとは端から考えない。そんなお伽話の世界の<平和>ではなくて、各国が各々その時代時代で相対的により安全な状況を実現するしかない、と。そのために外交と防衛の両面で努力する。そして、例えば、「国連安保理」というシステムは安全保障においてそうそう効果的なものではないのだから、各国が多国間の軍事同盟関係を強化するのは寧ろ当然のこと。


保守派とはそのように考えるタイプの人達だと思うのです。


ならば、近隣に「無意味」や「不毛」どころか「不気味」な軍拡を続けている支那があれば、また、その海洋進出の傾向が顕著であれば、資源を海外に頼る日本がシーレーンをより効果的に防衛するために行う自衛隊の増強と日米軍事同盟の再強化は「有意味」であり「妥当」なのではないでしょうか。繰り返しますけれども、一体、リベラル派はどういう根拠で「無意味」とか「不毛」などと断定しているのか。私にはそれが疑問なのです。


それは、ひょっとしたら、
ひょっとしたら、それは、


平和的な話し合いを通して国の安全をはかる道がある。


と、そう彼等は考えているのかしら。そして、相互の信頼関係の深化。

まさか、テロリストとの話し合い、例えば、「イスラム国」との話し合い。
例えば、2年前のヨルダン空軍パイロットの処刑がウェブ上で公開された現在、

また、パリでもロンドンでも繰り返されてきた自爆テロの連鎖・・・・
いかなイノセントなリベラル派も「イスラム国」とも話し合いを通じて、
かの地の紛争を解決できるなどとは言わないでしょう。


けれども、支那や北朝鮮に関してはリベラル派は話し合いで
東アジア地域の安全保障問題を解決できる。と、そう考えている節がある。

もし、この私の想定が満更間違いではないとすれば、
なぜ彼等はそう考えるのか。蓋し、そのヒントは、これまた彼等が時に
口にする「囚人のジレンマ」の喩、鴨。


6f7d7fd60cb63359f7a07a67715b4571.png


なにその「囚人のジレンマ」って、それ美味しいの?
美味しいかどうかはわかりませんがそれは大凡次のようなもの。

ある犯罪で共犯関係にある囚人Aと囚人Bが、
別々に取り調べられているイメージ。


そして、例えば、

①自分が黙秘しているのに相手が自分を裏切り自白すれば
自分は最悪の懲役で相手は自由の身になる
②自分も相手も双方ともに相手を裏切り自白すれば双方ともに2番目に重い懲役
③自分も相手も相互に信用して完黙すれば双方とも最も軽い懲役
になるという状況


そんな状況下に二人の囚人が置かれているとします。


詳細は割愛しますが--興味のある方は「ゲーム理論」とか「囚人のジレンマ」で検索していただければと思いますけれど--、囚人Aと囚人Bは自分なりには<合理的>なつもりで行動選択をした結果、②双方ともに相手を裏切って愚かにも「2番目に重い懲役」を受けることになる。両者が協調すれば③の「最も軽い懲役」を双方ともに勝ち取れたのにね、というストーリー。


この「囚人のジレンマ」の喩をしばしばリベラル派は
軍拡競争や報復の連鎖にからめて使っているようです。


つまり、報復や軍拡が愚かな「囚人のジレンマ」状況に陥ることに
警鐘を鳴らすリベラル派は、例えば、支那や「イスラム国」と他の
諸国が情報を開示しあい相互に相手を信用することができれば、
このジレンマ状況をより有利に切り抜けることができるのではないか。
と、そう想像しているの、鴨。


けれども、もともと、「囚人のジレンマ」は経済活動において合理的なはずのプレーヤーである企業や家計や国家が、なぜ、時に非合理な行動を取るのか、とり続けているのかを説明するゲーム理論のパラダイムの一つ。すなわち、それは、各プレーヤーが持っている情報の非対称性と有限性が介在するところでは、その非合理的な結果こそ各プレーヤーにとっては<合理的>な「最適解」だという指摘なのです。


つまり、

囚人のジレンマ状況の中ではプレーヤーたる囚人Aと囚人Bが行う②の行動選択は
あくまでも<合理的>であり「最適解」なのです。


要は、(1)囚人Aと囚人Bの間の情報が遮断されており、また、(2)双方ともに相手を信用していない状況ではそういえる。そこで「お二人には--③の「自分も相手も相互に信用して完黙して双方ともに最も軽い懲役」を勝ち取るという--もっと有利な選択肢もあったんですよ」と言うのは、このゲームをプレーヤーの目線ではなく、外からの目線、あるいは、すべてをお見通しの人ならぬ身の神様の目線からの発言。


畢竟、それは傲岸不遜というもの。


もちろん、国際政治はオールオアナッシングなものではないのでしょう。
ですから、テロリストとは話し合いもすべきではないにしても、
支那との話し合いは不可欠なのでしょう、多分。


支那と日米を始め他の諸国が話し合い、支那とそれ以外の国々が
可能な限り相互の行動の予測可能性を高める外交努力を積み重ねる
ことは貴重でしょう、多分。


そうすれば、支那の軍拡のスピードもある程度鈍化して、
日米を始めとした諸国の安全保障面でのコストも軽減できる、鴨。


けれども、

けれども、究極の所、国が違えば国益は対立する。
しかも、国が違えばその時点時点での国益も非対称的。


つまり、諸国家間では、(1)原理的に情報が遮断されており、また、
(2)現実的には、どの国も他の国を信用できない関係状況にあるということ。

例えば、そして間違いなく、

資源を求めて領土を拡張しようとしている支那、あるいは、
国内体制の維持のためには「人民解放軍」という名の中国共産党軍を
自転車操業的に拡大増強するしかない支那と、
シーレーンを安全に保ち自由な貿易が維持できる現状を確保しよう
としている日本の国益は対立するしそれは非対象的。


そして、国益の対立と非対象性という経緯は、日本とアメリカについても
言えること。それが厳然たる国際政治の現実なのだと思います。


つまり、

究極の所、日本は自国を自分で守るしかないということ。
よって、日米軍事同盟をメンテナンスして再強化するためにも、
日本はもう唯一の超大国ではなくなったアメリカのできない部分を
一層積極的かつ効果的に担うしかないということ。


ことほど左様に、畢竟、「囚人のジレンマ」は寧ろ報復や軍拡が必ずしも愚ではないことを示唆する喩なのです。而して、「不幸な報復の連鎖」あるいは「不毛な軍拡競争」と述べる際に、リベラル派がもし「囚人のジレンマ」を念頭に置き援用しているのであれば、その議論はその前提からしてすでに破綻している。それは傲慢なだけでなく瓦解している。と、そう私は考えます。

最後に蛇足を。


極論すればですけれども、
白黒はっきり言えば、


蓋し、無意味な報復の連鎖こそ--神ならぬ身の人間にとっては--、
後から見れば、唯一意味のある<歴史>を作ってきたのではないでしょうか。


悲惨な宗教戦争と戦慄すべきフランス擾乱や魔女裁判の嵐を潜って近代の立憲主義が形成されたこと、ある意味、英本国政府による課税を巡る謂わば報復の連鎖によってアメリカ合衆国が誕生したこと、そして、なくてもよかったかもしれない戊辰戦争を経て明治の日本国家が作られたこと。

これらを想起するに私はそう考えないではないです。
これこそ保守派の穏当な認識ではないのかしらとも。


<関連記事>

・美味しんぼの因果関係-脱原発の背理
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7ade81c1cfa3fe3ffaf90bf11b2c2a8f

 

  • o0608040612077835031.jpg


ブログ同志の記事。

一字一句同意です。

 

だから、可及的速やかに

キムヨナ姫には日本か緊急避難的にアメリカに

帰化してもらわなければ。

 

働け、外務省。汗をかけ宮内庁~!

・下手の考え休むに似たり、あるいは、岡目八目:”韓国大統領に親北派の文在寅氏が当選”
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/69394ebe0b059c539d768a1b1a0703a8

 

o0497050512462773901.jpg  

韓国大統領選挙は、事前の予想通り、文在寅氏になった。
この結果を歓迎したい。

ますます、日韓関係が良くなるからである。
 
韓国民は、日本人が思うほど、北の脅威を感じていない。
北が脅威であれば、革新派の文氏が当選するわけがない。
彼らに言わせれば「日本人の南海地震と同じ」なのだそうだ。つまり「いつかは来る脅威だが、今すぐじゃないだろう」という安心感なのだ。
 
その文氏だが「北と対話する」と言っている。
では、北のカリアゲ黒電話と、何を話すのだろうか?
「核を放棄してください」「ハイ、わかりました」なんて、なるわけがないでしょうが。
せいぜい「お金は払いますので、ウチには撃たないでください。やるときは日本でお願いしますわ」でしょうなあ。
 
考えてみれば、文氏の選択肢は少ない。
韓国経済は沈没寸前なので、韓国民はすぐに結果を求めているはずだ。
韓国の経済が瀕死なのは、THARD配備をめぐって、中共から事実上の経済制裁を受けているからである。

すると、THARD配備の見直しをすれば、経済制裁は解除されるので、ただちに経済を上向かせることができる。

もともと反米親北なのだから、飛びつきそうなアイデアである。
ただし、この策には、大きなリスクがある。

アメリカは、北への攻撃は「同盟国に被害が大きい」ので、躊躇っていたのである。
韓国がTHARD配備を拒否すれば「気にしなくてもいいじゃん」になりかねない。
トランプと文在寅が、同様に北に話し合いを呼びかけるといっても、背景が違う。トランプは「嫌ならやるぞ」がある。

実際、米国は世界で唯一、単独で開戦に踏み切れる力がある。
北の核なぞ、線香花火のような代物で、米本土には届かないのだから、気にする必要はない。

日本の運が悪ければ、一発くらい貰うかもしれないが、まあ概ね撃ち落とせるから、そのときはそういうことで(汗)という話である。
 
そもそも、北の核開発に対しては、国連決議も出ているので、米国としても最後のカードは韓国の被害だけなのである。

「アメリカのせいで、国土が大被害を受けた」で韓国民に1000年恨まれるのは面倒なので、韓国自身がエラーをするか、北が暴発するまで追い込むのが米の方針である。
その空気を文在寅氏が読めるかどうか?である。
 
さて、左巻きでいかれた脳みその文氏も、さすがに米国に見放されるとヤバイと幸運にも気づいたとする。

すると、当面の韓国経済浮揚は絶望的である。
国民の不満は高まるので、なんとか策を講じなくてはまずい。
そのとき、頼りになるのは、反日なのである。
 
北が怒ると核を撃つし、中共が怒ると経済制裁、アメリカが怒ると戦争である。
物騒だらけだが、日本だけは安心だ。

核も撃たないし、経済制裁もしないし、もちろん戦争もない。
武力侵攻した竹島を、いまだに奪還も出来ないのである。
こんな安心な相手はいない。
 
以上により、文氏の当面の政策は、反日エンジンのアクセルを踏み込むしかないのである。
 
そうなれば、当然、両国民に互いの国に対する嫌悪がさらに醸成されるであろう。
これでこそ、日韓関係の正常化が出来るというものである。
世界の国家は、だいたい隣国とは仲が悪いものである。
まして、日本にとっては、特に国益のない相手である。
単に、北との間の緩衝地帯としてのみあればいいだけだし、もしも韓国が親北になって米国と揉めるのであれば、相対的に日本の地位は向上する。

どっちに転んでも、悪い話ではない。
 
日韓関係が良くなるということは、日本の国益になるかどうかで判断することである。
いくら仲が良くても、なんら国益にならないのでは、どうしようもない。
そういう意味では、あの国とは、仲が悪いほうが、何かとよろしい、ということである。
それにしても、反日ネタも戦時売春婦ばかりでは、さすがに飽きる。新たなネタとしては、戦時徴用問題あたりか。

国民情緒法の司法とあいまって、また新たなネタを提供してくれることは、疑いないところだ。
今後がますます楽しみですなあ。
 

転載元転載元: 50過ぎて悪あがき(往生際が悪い男のブログ)


58959c3f6738f8bbf121e947935f9b27.jpg

welcomeconcep.jpg


米・ハリス司令官「日本にもTHAADを」

フジテレビ系(FNN) 4/28(金) 12:29配信>
 
アメリカ太平洋軍のハリス司令官は、韓国に配備される
最新鋭迎撃システム「THAAD」を、日本にも配備する必要性を訴えた。

ハリス司令官は「朝鮮半島の危機は本物で、今まで見た中で最悪だ」と述べた。
 
ハリス司令官は27日、議会の公聴会で「北朝鮮のミサイルはあらゆる方角に向けられており、全ての国が真剣に受け止める必要がある」と述べたうえで、韓国に配備するミサイル迎撃システム「THAAD」について、「日本も同様のシステムを導入するべきだ」と主張した。
 
最終更新:4/28(金) 12:29
 
 
 
33732968.jpg  
 
 
<海馬之玄関参考記事>

・被爆国たる日本には核武装する権利がある、鴨
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5dbbffd0fdb9901b9599883ce21bf038
 
・<アーカイブ>第二次世界大戦の終焉☆海外の日本核武装推進論紹介
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65845980.html
 
 ・<アーカイブ>米国にとって日本の核武装は福音である☆<Frum>論説紹介
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65845982.html
 
 ・<アーカイブ>日本の改憲は賢明かつ時宜に適ったもの☆フィナンシャル・タイムズの社説紹介
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65845967.html
 
    
 
・集団的自衛権を巡る憲法論と憲法基礎論(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65232559.html
 
・国連憲章における安全保障制度の整理
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9a5d412e9b3d1021b91ede0978f0d241
・「特定アジア」も言葉狩りの標的に、でも、それは無理筋だと思うけど?
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/779bd6ba1ecd4138e26ef12303cdfc64 
 
・英文読解 one パラ道場:英語教材として読む安倍談話(英文全文)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f169c76ce342703e5816dc9ce8b9e0f1
 
 
そう、沖縄とか、民進党の幹部議員のいる選挙区に優先的に配備して、
彼等、反日リベラル勢力と、加之、朝日新聞や岩波書店、NHKといった支那のエージェントが、
 
>アニョハセヨ
>北朝鮮の攻撃目標になるニダ
>配備地の住民を犠牲にするものアルヨ

>話し合いで、冷静に、外交で問題を解決するのが肝要アルヨ
>ならTHAADの日本国内への配備は、
 北朝鮮--および、支那さま、あるいは、ロシアをも--挑発する愚かなことニダ
>絶対反対ニダアルヨ!
>再見 アンニョンヒ カセヨ
 
とか火病するのを普通の国民有権者--あっ、ちなみに政治学研究者の三浦瑠麗さんが夙に述べておられる如く、少なくとも投票行動に関する限り潜在的にせよ「日本国民・有権者の7割~8割は保守派」ということなので、ここは単に「日本国民有権者」でもいいのかしらね(笑)--見学するのも一興、鴨。それでリベラル派の荒唐無稽さがいよいよ<あぶり出し>になると思いますから。
 
ていうか、THAADは<システム>なんだから、その機材などはどこに置いても、まあ、問題はないのですけどね。だから、でも、嫌がらせではなく、リベラル派の火病見るの面白くないですか。
と、そう私は思います。ていうことで、THAAD断固歓迎(ばい/やで/じゃん)!
プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube