o0619038712463820714.jpg



<・・・まってろCNN!
<・・・訴訟の嵐おこしてやる(by なでしこ弁護士軍団@USA)
 
・・・>日本の外務省も遊んでないで、
・・・>アメリカと欧州で反日リベラルメディアに対して、
・・・>損害賠償訴訟の絨毯爆撃的訴訟攻撃を開始せよ!
・・・>ちったあ働け、日本の外務省!
 
・事実誤認で自爆したニューヨークタイムズの安倍総理批判社説紹介
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/0bd97f1d2f9f0f8cd3494d3c36317939
 
・橋下「慰安婦発言」批判の海外報道紹介--歪んだ論理の磁場の確認と
その消磁化の契機として(1)~(9)
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ca7d2069ecc186e18b3e237f852f4c0
 
・安倍総理の歴史認識を批判する海外報道紹介(1)~(12)+後記(上)(下)
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f62334487b7927827bed69dd74021987
 
・英文読解 one パラ道場:自民党新総裁決定-安倍総理の逆襲(上)~(下)
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/d8be245bb4332894aaccf02f909d952b

(最新残念情報)・・・外務省ぉおおお! 何してんだ! 喝喝喝!

・残念ですが・・・ サンフランシスコ慰安婦像碑文を承認
 http://ameblo.jp/nonbirisiyou/entry-12245784652.html



o0423024012463834014.jpg


米CNNの報道に菅官房長官

「20万人性奴隷は全く裏付けのない数字」

2017-02-08 00:00:58
米CNNの報道に菅官房長官「20万人性奴隷は全く裏付けのない数字」

ソース:産経新聞デジタル
http://www.sankei.com/politics/news/170207/plt1702070035-n1.html

菅義偉官房長官は7日の記者会見で、米CNNテレビ(ネット版)が6日付で「戦時中、旧日本軍によって20万人の女性が性奴隷にされた」などと報じたことについて「これまで政府が発見した資料の中には軍や官憲による、いわゆる『強制連行』を直接示す記述は見当たらなかった20万人というのは全く具体的裏付けのない数字だ」と述べた。 

CNNの報道を受け、韓国メディアは「CNNホームページのメイン画面で『トップストーリー』として紹介された」などと大々的に報じたCNNに抗議する考えがあるかを問われた菅氏は、一昨年の慰安婦問題に関する日韓合意に言及し、「合意を誠実に実施していくことが極めて大事だ」と述べるにとどめた。 

CNNの記事は「少女像がなぜ外交問題に発展しているのか」との見出しで、第2次世界大戦中、旧日本軍が韓国や中国、インドネシアなどの国で「20万人の女性を強制的に性奴隷にした」などと記述し、慰安婦像を制作した彫刻家のキム・ウンソン氏へのインタビューも掲載している。 
o0600038613863651714.jpg

※関連
偽ニュースことCNNが慰安婦・反日報道「日本は20万人の女性を強制連行した」
http://s.japanese.joins.com/article/481/225481.html?servcode=A00§code=A10


(私の感想)
完全にデマ流してますよね( ̄□||||!!
トランプさんじゃなくても、嘘だらけの報道だと言いたくなります(`ロ´;)
流石、大統領にフェイクニュース認定されたメディアなだけありますよ(。-`へ´-。)

米軍と戦う資材すらなかったあの時代、
日本軍に20万人も連れ去る力はあったのだろうか…Σ( ̄ロ ̄lll)

そもそも石油がなくて戦争したのに、
そんな輸送能力があるはずがあるはずありませんよねヽ(`Д´#)ノ

どうせこのメディアも、支那共産党や北朝鮮、南朝鮮左翼からお金でも貰ったのでしょう(*`ω´*)
反日記事って、そんなものですからねヽ(`Д´#)ノ

(転載元URL)
 http://ameblo.jp/michiru619/entry-12245667823.html


o0338019112463820710.jpg

スポンサーサイト


 鸕野讃良皇女=持統天皇

 

          朝日新聞・岩波書店・NHK・・・・、そして、地元の自民党支部!

・「従軍慰安婦」問題-完封マニュアル(上)~(下)
  http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11137268693.html

 桜散りて慰安婦問題の終了をあらためて実感--やはり、「慰安婦問題は朝日新聞問題」だった--
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/40f15ca831e9edb3a9eb8ebd755ea349

 ・憲法とは何か? 古事記と藤原京と憲法 (上)~(下)

    

 

2017年01月07日(土)
テーマ:

韓国とは国交断絶すべきです!!

もともと信用ならない国ですからね。恩を仇で返すは!コロッと手のひらを返し裏切る!!

大嘘つきですしね!!

韓国と友好関係なんてありえません!! なぜなら韓国人は日本が韓国の言うことを

何でも聞くのが友好だと認識しているからです。 そんなのは友好ではありませんから!!

 

韓国は反日無罪の国で反日でないと韓国では酷い目にあいます。 

反日教育も徹底してやっています。 反日が宗教の国なのです。洗脳されているのです。

洗脳はなかなか解くことは出来ません。  

たとえそれが北朝鮮やシナの企みの1つだとしても、

韓国政府はそれをどうしようともしないのです。 さらに、クネクネに変わって

新しい大統領となるようですけど、みな反日です!!

変わりようがない、期待出来ないのです!! だいたい、今までだって日本は韓国に

さんざん手を差し伸べてきました。で、結果がこれです。 手を差し伸べてはいけないのです!!助けない!関わらない!教えない!! 

 

アメリカも大統領が変わりますが、北朝鮮がのどから手が出るほど

欲しがっているアメリカとの対話をトランプはしようとしています。 

プーチンとも仲良くしようとしています。 トランプのシナへの対応は

シナの出方次第だろうなと私は感じています。 

日本へは良い対応は無く。。。強気で言ってくるでしょうね。 

なんせアメリカ様が日本を守ってやっているのですからw

 

話しがそれましたが、 韓国の釜山の日本総領事館前に売春婦像が設置されて、

日本政府は 駐韓日本大使 と 釜山総領事 を一時帰国させることにしたから

国交断絶だ!すごいことなんだと言い出している人達がいるけど、

どこが国交断絶なのよ!!?

たった2人だけ、しかも一時的

日本へ帰国しただけですけど~ 

彼らがいなくても、他に仕事している人達が沢山いるのだし、

隣国に住んでいる大使等が代行している国はいくらでもある!! 

日本にいる韓国大使等だってそのままなのだから、まだ、

国交断絶状態では無い!!

 

それにしても、

日本政府が日韓スワップを再開させる気だったんだって、そっちに怒り通り越して呆れた!!

さすが、コリアファースト安倍www 

こいつを動かす為にもどんどん意見メール等しましょう!!

自民党・首相官邸・外務省・駐日韓国大使館などなど意見する所は

いくらでもあります!! FBだってツイッターだってあるよ~

 

韓国とは国交断絶が日本の為です!! 

シナや北朝鮮がそれを望んでいようが韓国自体が動かないのですから

日本が手を差し伸べようが優しくしようが無駄だし、危険!! 

日米韓での合同軍事訓練等は、韓国側が日本の自衛隊に対し、拒否したり非礼な態度を

とったり、嘘ついたり、情報を漏らしたりしたのです。 

韓国人は火病も持っているし、統制がとれない民族ですしね。 大嘘を平気でつく信用できない民族です!! 日本は敵国だとも言っていますしね。

一緒になんて危険なのです!! 韓国抜きのほうが安全です!! 

シナに面倒を見ていただきましょう!! シナは厳しいからそっちのほうが

コリアンにとっても良いと思うよ~ 

韓国とは、国交断絶!!ばいばいバイバイ

 

 (転載元URL)

 http://ameblo.jp/nonbirisiyou/entry-12235778637.html

 






    

 

2017年01月06日(金)
テーマ:

駐韓大使ら一時帰国へ=少女像設置へ対抗措置―政府

1/6(金) 

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、

韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに関し、

長嶺安政駐韓大使を一時帰国させるなどの対抗措置を講じると明らかにした。

一昨年の日韓合意の精神に反するとして、異例の強い措置に踏み切った。

菅長官は少女像設置について「日韓関係に好ましくない影響を与えるとともに、

領事機関の威厳を侵害するもので極めて遺憾だ」と表明。

当面の間

(1)長嶺大使、森本康敬 釜山総領事一時帰国

(2)釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ

(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断

(4)日韓ハイレベル経済協議延期

 

―の四つの措置を取ると説明した。

政府は6日までに、外交ルートで韓国側に伝達。

措置をいつ解除するかについて、菅長官は「状況を総合的に判断する」と述べ、

韓国政府の対応を注視する姿勢を示した。

 2015年12月の日韓合意では、ソウルの日本大使館前に設置された少女像に関し、

「韓国政府は関連団体との協議を通じて適切に解決されるよう努力する」とされた。

だが、その後、撤去などの動きは進まず、

釜山の像についても韓国政府は積極的に阻止しなかった。

日本政府高官は対抗措置について「日本の強い抗議の姿勢を示した」と語った。 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000046-jij-pol

 

こんなの、ごまかしじゃん!! 

講じるとか当面の間とか一時とか中断とか

見合わせとか延期とかって

どこが 強い処置なんだかさっぱりわからん!! すぐに再開しようと思ったら再開する気満々じゃないか!! 

こんなまやかしに、ごまかされないぞ!!

 

(転載元URL)

 http://ameblo.jp/nonbirisiyou/entry-12235493819.html

 


そんけいするブロガーの、なでしこりんさんの記事ですが、

この記事に私はかなり不満です。

 

なぜか、それは・・・。それは、なにが、

 

>来た!

 

なのか? あん~?

 

なにが、

 

>「自民党グッジョブです!」

 

なのか? あん~? 当然の措置でしょうが。

 

而して、韓国とのビジネスの損失は各企業の自己責任として、今後一切、日本政府は

関与しない。韓国への渡航によって生じた事態についても同様。

 

つまり、別に「断交」まではこちらからはしないが(笑)、「韓国など法律上は火星の衛星」と

同じカテゴリーにする。これくらいでちょうどいいのではないのでしょうか。

と、そう私は思います。

 

P/S

キムヨナ姫には一刻も早く亡命していただかなかれば(汗) 

>キムヨナ姫の皇室お輿入れ断固貫徹!! 

宮内省・外務省、汗をかけ! いまこそ税金に報いるときだ!

 

     

 

来た!日本政府、韓国に制裁発動!駐韓大使に帰国指示!ウィーン条約と日韓合意違反への制裁!

2017-01-06 12:47:58

テーマ:

韓国経済界呆然、日韓通貨スワップ(交換)協議の中断来た~!

私たちは日本国内に巣くう「親韓派議員」の巻き返しを絶対に許さない!

 

.なでしこりんです取り急ぎお知らせします。ようやくといいますか、日本政府も「韓国人の取り扱い」を分かったようですね。「韓国人には道理は通じない」。中国が現在、韓国のタレントと韓国製自動車部品の制裁を始めていますが、結局、「韓国人には実力行使が一番」というのが正解なのでしょうね。今回の日本政府の対応の中で一番重要なのは「日韓通貨スワップ(交換)協議の中断」。韓国経済界の連中と「日本国内の親韓派議員」の右往左往が想像できます。自民党グッジョブです!

978deb39ffb89f8b61e9324f757bf42f_20170106180801738.jpg


菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに関し、長嶺安政駐韓大使を一時帰国させるなどの対抗措置を講じると明らかにした。

一昨年の日韓合意の精神に反するとして、異例の強い措置に踏み切った。

菅長官は少女像設置について「日韓関係に好ましくない影響を与えるとともに、領事機関の威厳を侵害するもので極めて遺憾だ」と表明。当面の間、(1)長嶺大使、森本康敬釜山 総領事の一時帰国(2)釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断(4)日韓ハイレベル経済協議の延期―の四つの措置を取ると説明した。

政府は6日までに、外交ルートで韓国側に伝達。措置をいつ解除するかについて、菅長官は「状況を総合的に判断する」と述べ、韓国政府の対応を注視する姿勢を示した

(時事通信)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000046-jij-pol

 

(転載元URL)

http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12235492570.html


 

b9392658da9f5e3dded752e4d21b799b.jpg

神功皇后

 






AS20150109002301_comm.jpg

 

<海馬之玄関関連記事>

・平和主義とは何か--戦前の日本は「軍国主義」だったのか?--(上)(下)
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/42ed25f108f4eae50a7a032128355289
 
・<アーカイブ>内田樹<靖国考>を補助線にして考えるグローバル化する時代の天皇制の意義(上)(下)
 
http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65665964.html
 
・高橋哲哉『靖国問題』を批判する
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/a9d4c72ea13dca469a8f22264a8c7658
 
・書評☆高橋哲哉『歴史/修正主義』
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ddaab9f79ee4ac630414d90fd957c75
 
 
 
▼”元ハワイ知事「謝りにこいという国とは違う」
 「とても感動的」安倍首相の真珠湾訪問”
 
2016-12-30 21:33:54 テーマ:ブログ
(転載元)
 
 
 
-s.jpg
 
http://www.honmotakeshi.com/archives/50338663.html
 
 
「とても感動的だった」。 

米国初の非白人知事を務めた日系2世のジョージ・アリヨシ元ハワイ州知事(90)は27日、真珠湾に沈む戦艦アリゾナの真上にある慰霊施設「アリゾナ記念館」で、安倍晋三首相がオバマ米大統領と黙祷をささげる姿を見てそう感じた。 

謝罪ではなく、慰霊だった。「米国は首相に謝ってほしいといったことはなく、首相も自らお越しになった。謝りにこいという国との違いは大きい」。 
アリヨシさんはこう語り、日米の関係が、歴史認識で日本を揺さぶろうとする中国などの国とは違うことに触れ、「真珠湾攻撃の生存者と首相の握手はすばらしかった」と改めて述べた。 

e0e818a3-s.jpg
 

安倍首相所感「和解の力」全文 
12月28日 7時26分 

オバマ大統領、ハリス司令官、ご列席の皆さま、そして、すべての、アメリカ国民の皆さま。 
パールハーバー、真珠湾に、いま私は、日本国総理大臣として立っています。 
耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。 
降り注ぐ陽の、やわらかな光に照らされた、青い、静かな入り江。 
私のうしろ、海の上の、白い、アリゾナ・メモリアル。 
あの、慰霊の場を、オバマ大統領とともに訪れました。 
そこは、私に、沈黙をうながす場所でした。 
亡くなった、軍人たちの名が、しるされています。 
祖国を守る崇高な任務のため、カリフォルニア、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、さまざまな地から来て、乗り組んでいた兵士たちが、あの日、爆撃が戦艦アリゾナを二つに切り裂いたとき、紅蓮の炎の中で、死んでいった。 
75年が経ったいまも、海底に横たわるアリゾナには、数知れぬ兵士たちが眠っています。 
耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。 
あの日、日曜の朝の、明るく寛いだ、弾む会話の声。自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。 
生まれてくる子の、幸せを祈る声。 
一人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。 
愛する妻や、恋人がいた。 
成長を楽しみにしている、子どもたちがいたでしょう。 
それら、すべての思いが断たれてしまった。 
その厳粛な事実を思うとき、私は、言葉を失います。 
その御霊よ、安らかなれー。 
思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を投じました。 

オバマ大統領、アメリカ国民の皆さん、世界の、さまざまな国の皆さま。 
私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々の御霊に、ここから始まった戦いが奪った、すべての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった、数知れぬ、無辜の民の魂に、永劫の、哀悼の誠を捧げます。 
戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。 
私たちは、そう誓いました。 
そして戦後、自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら、不戦の誓いを貫いてまいりました。 
戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。 
この場で、戦艦アリゾナに眠る兵士たちに、アメリカ国民の皆さまに、世界の人々に、固い、その決意を、日本国総理大臣として、表明いたします。 

*** 

昨日、私は、カネオへの海兵隊基地に、一人の日本帝国海軍士官の碑(いしぶみ)を訪れました。 
その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰るのをあきらめ、引き返し、戦死した、戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。 
彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。 
攻撃を受けた側にいた、米軍の人々です。 
死者の、勇気を称え、石碑を建ててくれた。 
碑には、祖国のため命を捧げた軍人への敬意を込め、「日本帝国海軍大尉」と、当時の階級を刻んであります。 

The brave respect the brave. 
「勇者は、勇者を敬う」 

アンブローズ・ビアスの、詩(うた)は言います。 
戦い合った敵であっても、敬意を表する。 
憎しみ合った敵であっても、理解しようとする。 
そこにあるのは、アメリカ国民の、寛容の心です。 
戦争が終わり、日本が、見渡す限りの焼け野原、貧しさのどん底の中で苦しんでいた時、食べるもの、着るものを惜しみなく送ってくれたのは、米国であり、アメリカ国民でありました。 
皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、日本人は、未来へと、命をつなぐことができました。 
そして米国は、日本が、戦後再び、国際社会へと復帰する道を開いてくれた。 
米国のリーダーシップの下、自由世界の一員として、私たちは、平和と繁栄を享受することができました。 
敵として熾烈に戦った、私たち日本人に差しのべられた、こうした皆さんの善意と支援の手、その大いなる寛容の心は、祖父たち、母たちの胸に深く刻まれています。 
私たちも、覚えています。 
子や、孫たちも語り継ぎ、決して忘れることはないでしょう。 
 
 
 tumblr_nu7db0qiPX1qataj9o1_400.jpg
 
 
The Power of Reconciliation
President Obama, CommanderHarris, ladies and gentlemen, and all American citizens,
I stand here at Pearl Harbor as the prime minister of Japan.
If we listen closely we can make out the sound of restless waves,
breaking and then retreating again. The calm inlet of brilliant blue is radiant with the gentle
sparkle of the warm sun.
Behind me, a striking white form atop the azure, is the USS Arizona Memorial.
Together with President Obama, I paid a visit to that memorial, the resting place for many souls.
It was a place which brought utter silence to me.
Inscribed there are the names of the servicemen who lost their ives.
Sailors and marines hailing from California and New York, Michigan and Texas,
and various other places, serving to uphold their noble duty of protecting the homeland they loved, lost their
lives amidst searing flames that day, when aerial bombing tore the USS Arizona in two.
Even 75 years later, the USS Arizona, now at rest atop the seabed, is the final resting place
for a tremendous number of sailors and marines.
Listening again as I focus my senses, alongside the song of the breeze and the rumble of the rolling waves,
I can almost discern the voices of those crewmen.
Voices of lively conversations, upbeat and at ease, on that day, on a Sunday morning.
 

Voices of young servicemen talking to each other about their futures and dreams.
Voices calling out the names of loved ones in their very final moments.
Voices praying for the happiness of children still unborn.
Each and every one of those servicemen had a mother and a father anxious about his safety.
Many had wives and girlfriends they loved. And many must have had children they would have
loved to watch grow up.
All of that was brought to an end. When I contemplate that solemn reality,
I am rendered entirely speechless.
“Rest in peace, precious souls of the fallen.” With that overwhelming sentiment,
 I cast flowers on behalf of Japanese people, upon the waters where those sailors and marines sleep.

* * *
 
President Obama, the people of the United States of America, and the people around the world,
As the prime minister of Japan, I offer my sincere and everlasting condolences to the souls of those
who lost their lives here, as well as to the spirits of all the brave men and women whose lives were taken
 by a war that commenced in this very place, and also to the souls of the countless innocent people who
became victims of the war. We must never repeat the horrors of war again.
This is the solemn vow we, the people of Japan, have taken. And since the war,
we have created a free and democratic country that values the rule of law and has resolutely upheld
 our vow never again to wage war.
We, the people of Japan, will continue to uphold this unwavering principle, while harboring quiet pride
 in the path we have walked as a peace-loving nation over these 70 years since the war ended.
To the souls of the servicemen who lie in eternal rest aboard the USS Arizona, to the American
people, and to all peoples around the world, I pledge that unwavering vow here as the prime minister
of Japan.
 
* * *
 
Yesterday, at the Marine Corps Base Hawaii in Kaneohe Bay, I visited the memorial marker
 for an Imperial Japanese Navy officer.
He was a fighter pilot by the name of Commander Fusata Iida who was hit during the attack on
Pearl Harbor and gave up on returning to his aircraft carrier. He went back instead and died.
It was not Japanese who erected a marker at the site that Iida’s fighter plane crashed. It was U.S.
servicemen who had been on the receiving end of his attack. Applauding the bravery of the dead pilot,
they erected this stone marker. On the marker, his rank at that time is inscribed, “Lieutenant,
Imperial Japanese Navy,” showing their respect toward a serviceman who gave his life for his country.
“The brave respect the brave.” So wrote Ambrose Bierce in a famous poem.
Showing respect even to an enemy they fought against; trying to understand even an enemy
that they hated --- therein lies the spirit of tolerance embraced by the American people.
When the war ended and Japan was a nation in burnt-out ruins as far as the eye could see, suffering
under abject poverty, it was the United States, and its good people, that unstintingly sent us
food to eat and clothes to wear. The Japanese people managed to survive and make their way
toward the future thanks to the sweaters and milk sent by the American people.
And it was the United States that opened up the path for Japan to return to the international
community once more after the war.
Under the leadership of the United States, Japan, as a member of the free world, was able to
enjoy peace and prosperity. The goodwill and assistance you extended to us Japanese,
the enemy you had fought so fiercely, together with the tremendous spirit of tolerance were etched
deeply into the hearts and minds of our grandfathers and mothers.
We also remember them. Our children and grandchildren will also continue to pass these memories
down and never forget what you did for us. The words pass through my mind; those words inscribed
on the wall at the Lincoln Memorial in Washington D.C. where I visited with President Obama.
“With malice toward none, with charity for all… let us strive on…
to do all which may achieve and cherish a… lasting peace among ourselves and with all nations.”
These are the words of President Abraham Lincoln. On behalf of the Japanese people,
I hereby wish to express once again my heartfelt gratitude to the United States and to the world
for the tolerance extended to Japan.

* * *
 
It has now been 75 years since that “Pearl Harbor.” Japan and the United States,
which fought a fierce war that will go down in the annals of human history, have become allies
with deep and strong ties rarely found anywhere in history.
We are allies that will tackle together, to an even greater degree than ever before, the many challenges
 covering the globe. Ours is an “alliance of hope” that will lead us to the future.
What has bonded us together is the power of reconciliation, made possible through the spirit of tolerance.
What I want to appeal to the people of the world, here at Pearl Harbor, together with President
Obama, is this power of reconciliation. Even today, the horrors of war have not been eradicated from
the surface of the world. There is no end to the spiral where hatred creates hatred.
The world needs the spirit of tolerance and the power of reconciliation now -- and especially now.
Japan and the United States, which have eradicated hatred and cultivated friendship
and trust on the basis of common values, are now, and especially now, taking responsibility for appealing
to the world about the importance of tolerance and the power of reconciliation.
That is precisely why the Japan-U.S. alliance is “an alliance of hope.”
 
* * *
 
The inlet gazing at us is tranquil as far as the eye can see.
Pearl Harbor. It is precisely this beautiful inlet, shimmering like pearls, that is a symbol of tolerance
and reconciliation.
It is my wish that our Japanese children, and President Obama,
your American children, and indeed their children and grandchildren, and people all around the world,
will continue to remember Pearl Harbor as the symbol of reconciliation.
We will spare no efforts to continue our endeavors to make that wish a reality. Together with
President Obama, I hereby make my steadfast pledge.
Thank you very much.
 
 
安倍首相所感「和解の力」全文 
12月28日 7時26分 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161228/k10010822371000.html


b28c1700-s.png
  
 
  
 
<!-- 安倍首相の真珠湾訪問 -->
 イメージ 5

無題36
関連スレ 
96歳の元米兵、安倍首相に「ありがとう」 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482904073/ 

米退役軍人「安倍首相、謝る理由ありません」 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482927062/ 

日系2世の元米兵 安倍首相・オバマ大統領の2人と握手し感涙 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482925476/ 

オバマ大統領、安倍首相の真珠湾訪問は「歴史的」と評価
 -アメリカ大統領と「アリゾナ記念館」を訪問するのは初 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482916559/ 

米国務省、安倍首相の訪問を高く評価 米メディアも強い関心  
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482918025/ 

安倍首相演説「慰霊と和解の力を日米に、そして世界に示したい」 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482893336/ 

安倍首相が真珠湾で演説「パールハーバーは和解の象徴」「世界は和解の力を必要としている」 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482925396/
 
 
 
tumblr_nwgrqm2lkC1qbw5qso1_1280.jpg
 
 媛蹈鞴五十鈴媛命
プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube