img_0.gif


>滑稽かつ義憤を感じる「生活保護制度」の実相

この記事タイトルを目にした方の中には、この記事では、おそらく、

>最低賃金より<生活保護>が優遇されている!
>生活保護受給者が「パチ」とか「個人病院」の主要な収益源なのはおかしくないかい?

とかのコメントを予想する向きもあるでしょう。
そうであれば、その予想とわたしのコメントはまったく異質です。

上の二点については、例えば、最低賃金制度(東京・932円~福岡・765円~宮崎・714円)と「生活保護制度」の制度目的はまったく別なので、最低賃金レートで額に汗して「じっと手を見る」ように、毎月、毎日毎日働いた成果と、他方、ある市町村で支給される生活保護の「生活扶助」の支給額を比べた場合、後者の方が上回るということがあったとしても、それは、必ずしも「生活保護制度」や「最低賃金制度」の杜撰や破綻を示すものではない。

また、「生活保護受給者はパチンコをするな/酒を飲むな/AVを買うな/ママ友グループのバザーの役員をしてはいけない」などは、自己責任の原則を奉じる保守系ブログの末端につらなる弊ブログの受け入れる主張でもない。米はなくとも酒を飲む。ガス・水道・電気は止められてもパチンコに興じる・・・。要は、餓死しようが好きなパチンコにいただいた生活扶助を投入するのも、それは個人の自由でしょう。もちろん、その惨めさ壮絶さの責任はご自分が引き受ける前提ですけれどもね。

念のために繰り返します。蓋し、「生活保護を受給しておいてパチンコで遊んでいるなんて許せない」などは、畢竟、社会主義的やリベラル派の発想であり保守主義の精神とはかなり異質なものと思います。上の二点についてはとりあえず私はそのように考えています。けれど、けれど、本稿はそのような「マクロ的な制度論」に関するものではありません。

8427850.jpg


本稿の主張と指摘はシンプル。

それは、

>生活保護制度はミイラ化していないか?

というもの。最近そう感じた。
きっかけは、とある地方自治体のそこそこ親しい生活保護担当の教え子と、
これまた、かなり親しい「新参者の生活保護受給者」の方と、三人で飲んでいるときに感じた憤り。

>働ける人は、能力に応じて働かなければなりません

このセンテンスは、全国で配布されている(といっても、地元の川崎市・平塚市と町田市、郷里の大牟田市・柳川市・みやま市、荒尾市・南関町くらいしか現物は確認していないけれど、)「生活保護のしおり」の中の「保護を受けているひとの義務」という項目の第一番目に書いてあること。で、私が愕然とした事例は、

・今、携帯電話が壊れかけている
・新しい携帯電話が必要
・新しい携帯電話を入手するのに「真水」で最低2万円くらいは必要
(いまどきネット環境がシャビーな「携帯」は「ガラパゴス」ですらないだろうし・・・、でもって、
 この際、「タブレットも一緒にいかがですか?」に乗ったら3万円くらいかな・・・)

・よし、バイトでその分稼ごう~!
・バイトで稼いでも「その金額は自動的に生活保護の生活扶助」から減額される・・・???

あのー、--「自動車」や「バイク」も<贅沢品>として原則禁止されているのはぎりぎりの線引きとしても--いまどき、固定電話がないのが寧ろ普通だろうし、そこで、携帯電話もなければ就職活動もできないじゃん。水道や電気ほどとは言わないけれど、電話って、ひょっとしたらガスよりも枢要なライフラインの構成要素ちゃうんっかい。

なにより、すめして「働ける人は、能力に応じて働かなければなりません」と書いておきながら、あのー、いまどき、携帯電話がなくては就職活動もできんでしょうが。ちがうかね? 川崎市の麻生区役所と福岡県大牟田市役所の保護課の担当者の君~! どうなの? あん~?

別に、

>スマホがほしいと言っているのではない
>二台目がほしい、つまり、携帯をもう一台ほしいと言っているのでもない
>行政から「携帯電話入手費用」を補助してほしいと言っているのではさらさらない

固定電話もないし、あったとしても、いまどき携帯がなければ「社会生活」かなり不便だし、
だから、自分で頑張るからと。

で、
で、

>頑張っても、その収入は自動的に「生活保護の生活扶助」の金額から控除されます・・・
>頑張った分を、秘密にすればそれは「生活保護の不正受給」ですよ、てか・・・・

これおかしいんとちゃうんかい?

と、確かに「そこを認めれば、認められる分野と認められない分野の線引きが難しくなる」という役人的の心配はわかる。けどね、役人の心配などは、国民の財産である税金の適正配分の具現という目的の前には「風の前の塵」に同じの類ではないでしょうか。実際、

>働ける人は、能力に応じて働かなければなりません

と謳いながら、--バイト所得があるのにそれを隠すような--不正受給の横行を危惧するあまり、「病気」や「高齢」--最高裁が明示したようにもちろんそれは権利ではないにせよ、慣行として垂れ流しされている、日本語が母語ではない外国人の受給者の方の場合には「言葉ができない」こと--が生活保護受給決定の主な理由の受給者には「働くなんてまだ先のこと、当分はゆっくり治療-日本語習得に専念してください」と、ばかりに「働ける人が、能力に応じて働くこと」を思いとどめさせているのが、生活保護行政の最前線の様相ではないでしょうか。違いますか、傍ではあるけど現実を日々見ていらっしゃる、そこの平塚市と盛岡市の民生委員のあなた。この認識は間違っていますか?

行政がそんなありさまなら、
善良で従順な生活保護受給者であればなおさら

>パチンコ屋に行くか病院の待合室で暇をつぶすしかない

というのも「盗人の三分の理」よりはまともな流れでしょう。

而して、少なくない病院やパチンコ屋さんが生活保護受給者でもっている日本の現状は不思議でもないでしょう。実際、競争激化にさらされている、南関東のとある小田急線沿線の街の歯医者さんたちの間では「生活保護受給者最新名簿」が高値で取引されているとかいう、嘘か真かわからないけれど、誰もそれが本当でも不思議ではない現実があるのは間違いないのですから。竜頭蛇尾。本稿はこの程度にしておきます。

100647689.jpg
 
でも、そんな(↑)不条理を引き受けながら今日も頑張っている
「生活保護制度運用」担当のみなさん~♪
頑張れ、ありがとう、日本はやっぱいい国だよ。と、そう私は思います。
スポンサーサイト

_prw_fl2_6MPuMJ1I.jpg




現代の地平で哲学的には--分析哲学と現象学と新カント派が唯一の「現役の哲学」となった2017年現在の<今>の時点において--、現存の流派を問わず最大公約数的にと書くことを許されるならば、エントリータイトルにかかわる、「もの」と「こと」という言葉の意味は、たぶん、
 
>もの・・・
自分と対峙する、そんな、自分ではない対象(自分の体内の「胃癌細胞」とか、保守派の日本人にとっての--政治学研究者の三浦瑠麗さんの実証研究によれば、「日本の有権者・国民の7割は「保守派」ということなので、ここでは「日本人にとっての」と言ってもまんざら誇張ではないと思いますけれども--日本における民進党とか朝日新聞とか日教組を含む、自分と区別されたなにものかと、自分である私に意識される対象)

>こと・・・
自分が「もの」とかかわりあっている/たわむれている/なやまされている、そんな関係に自分がおかれていると、自分である私に意識される情景や構図


>ものの消費・・・ものの利用と処分の営み
>ことの消費・・・ものを利用または処分している<私>を巡る<物語>の創作・編集・追補の営み
 
と、理解できる、鴨。

而して、

このような「もの」と「こと」の理解からは、
ここに紹介する記事は大変興味深く、また、共感を覚えるものでした。
 
で、ここで、而して、 
予防線をはる、というか、先制攻撃させていただきますが・・・。

蓋し、

エントリー記事のブログ友は、ひょっとしたら、リベラル派の方かもしれない。
そうなのかな、かな、かな?(プチ狼狽←笑)。
 
しかし、
しかし、
しかし、
 
そんな「けち」なことや「枝葉抹消」のことなどどうでもいいのです。
(↑ そうや! なんで、国会のそれも予算委員会で「森友学園」にあんだけ時間割くねん~!)
 
はい、そう、
いいものはいい! わるいものは駄目なのです~!
 
そう、はい、
支那のものであろうが韓国のものであろうあ、
綺麗ごとでもなく、残酷なほどに、
 
>いいものはいい
 
日本のものでも--民進党や朝日新聞、占領憲法や特別永住権制度のごとくに-ー
主義主張を超えて
 
>わるいものはわるい
>だめなものはだめ
 
なのでしょうから。たぶん。否、まちがいなく。
と、そう私は思います。
 
・アッキー、昭恵夫人の韓流観劇de感激に感心!
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/403f3005396f90cba34f1dff3556be26

・キムヨナを<物象化>する日韓の右翼による社会主義的言説
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/a1af69458fa7a67896001dea6ce7cc74

 ・カップヌードルとナショナリズム?
 
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-12247120904.html

・覚書★アガサ・クリスティーという愉悦
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/a70ff39c23a027bd8166d9b911af7045


 
CNY_Chinatown_HR_02_Fotor.jpg


 
▼NHK 特報首都圏 放送 
2017-02-26 17:06:09
テーマ:Media メディア出演



o0480036013877596026.jpg  
 

先週2月17日にご紹介頂きました
https://youtu.be/-09HpkXWHuk
テーマは「外国人観光客 コト消費への転換」
中国の旧正月「春節」の時期を迎えるにあたり、観光業界や小売り業界の、
インバウンド需要が、どのように変化し、地域や企業がどのような戦略を打ち出しているのかがテーマの番組でした。
 
o0480036013877596034.jpg



 
生徒さんは中国からの観光客をアレンジしている旅行会社の社長はじめ、
中国人の3名
旅行会社の社長は中国人に和食体験のツアーを提案したい為、
今回視察に来ました。
 
 
o0480036013877596038.jpg



レシピは2月の節分にちなんで「恵方巻き」
(※撮影は1月31日でしたので)
 
節分の意味や、恵方巻の食べ方など、日本の風習・食文化もご紹介しました
皆さん興味深く聞いて頂き、恵方巻を1本丸かじりする仕草も。。
やっぱりお寿司はどこの国にも大人気です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

わしょクックでは外国人に和食を教える事のできる講師育成をしています。

<東京会場>
ベーシックコース 定員5名
第4期は、3月8日(水)、9日(木) あと3名様です。
第5期は、4月6日(木)、7日(木) あと4名様です
 
独立ビジネスコース 定員5名
⇒わしょクックがビジネスの確立をサポートします。 直営店での講師やフランチャイズ店として契約ができます。
第2期:3月16日、20日 4月13日、27日
第3期決定しました。
5月12日、13日(土)、14日(日)、15日(月) ⇒短期集中講座です
詳しくはHPで。
http://washocook.com/ccaf/courses

1DAY初級コース 定員6名
3月29日(水) あと3名様
4月10日(月) 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
認定講師養成スクールを関西地区でもスタートしました。
http://washocook.com/archives/1151 ;

ベーシックコース 関西第1期 ⇒満席になりました。
キャンセル待ちを受け付けています、
日時;3月19日(日)~20日(月祝祭日)
19日 13時~17時、20日 11時~16時
場所:クレオ大阪東部館

 「1DAY初級コース 第2弾」を 3月18日(土)13時~16時
プラトンセンター淀屋橋(旧淀屋橋カルチャーセンター)
で実施します
http://www.xn--lck6amg4oub5cwdd5791iog6anxi.com/access.html
定員は10名様。土曜日開催ですので、平日参加できない方、是非この機会にご参加下さい。

∴‥∵‥∴

日本にいながら外国人とコミュニケーションをとる7つの法則 
無料メール講座詳細はこちら
7日間無料メルマガ
わしょクック株式会社 
「外国人向け 和食教室」
http://washocook.com
 
(転載元URL)
 http://ameblo.jp/noriyuta1008/entry-12251421083.html


a73d2f1b8f98ead79f11e822436855a5.jpg

媛蹈鞴五十鈴媛命

 
今日、まだというか、1月8日ですよね、たしか。
この記事ウェブ上の今年最高の記事になる、鴨。
と、そう思いました。動画があるのでさわりのほかはURLのみ(↓)紹介。
 
 
▼タクアン
 
 
14ebc.jpg  

私はタクアンが大好きで、お漬け物の王様だと思ってます。美味しいタクアンを見つけ、実家に帰る度に買ってきたこともありますし、プチ旅行で買って失敗したことも。(バスの中がとんでもなく臭くなりました……。)

子供の頃は祖父母の家や近所皆農家だったので、沢庵をもらうことも多くありました。たまに漬けすぎのをもらうこともあり、そういう場合はそういう場合で水につけて塩抜きして炒めた沢庵が美味しかった~。

シバ漬けを好きな人が多いですが私はなんといってもタクアン派です。子供の頃はおやつ代わりにもタクアンを食べてました。

私は売られているタクアンを見て美味しいかどうか判断できる自信があります。(たまに失敗もありますが・・・)

しかし、日本人はタクアン大好きと勝手に思いこんでいたら、友人の子供にタクアン食べたことない、と言われ驚いたことがあります。お土産にしてみましたが、反応はいまいちでした。友人宅は、関東の出ではないからか、タクアンに思い入れがなかったのです。考えてみたら、しょっちゅう泊まりがけで遊びに行ってましたが、タクアンが出たことありませんでした。

私がそんなに思い込むほど、日本人に馴染んでるタクアン。たぶん東日本の漬け物の王様じゃないのかな、とやはり思うのです。西日本は違うようですが。とはいえ上の動画のタクアンは京都のものですけれど。

 ・・・・・・・

 

で、くどいですが(笑)

以下は、

▼タクアン
 
 

1079223i.jpg


 

 

あっ、すこし関連する、鴨の記事(↓)。

・神奈川県の話
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/66b149b4ddaaf48959af0d416be79793

gen1.jpg




ふと考えた。


>立憲主義って何んだ~?

>民主主義って何んだ~?

>安倍政治を許さないぞ!


とか騒いでいたリベラル派を「無慈悲」に屠る手段。


それは、


それは、


憲法改正でも、憲法破棄でも、なんでもいいから、なんかの案件を国会で持ち上げて、で、国会議事堂前にやつらに100万人(←公安当局、および、報道各社のドローン画像からは約10万人)を集めさせる。でもって、それを、保守派の市民、まー、忙しい人も多いだろうから100万人(実数!)

くらいで包囲して、生暖かい嘲笑の目線で見守る。で、彼らの、


>立憲主義って何んだ~?

>民主主義って何んだ~?

>安倍政治を許さないぞ!


とかの声を彼らの体力の続く限りこころゆくまでやらせるという一手。

・保守派のための「立憲主義」の要点整理
  
http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65226701.html


・立憲主義の無知が爆裂した朝日新聞(上)(下)
  
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11767497807.html



・民主主義--「民主主義」の顕教的意味

・民主主義--「民主主義」の密教的意味
 

これ、お洒落じゃないかな? コストもかからないし。実際、そうなれば、そのときには、個人的には神田の昔いきつけの蕎麦屋さんとか四ツ谷のパン屋さんとか、フレンチがおいしい白金のドイツレストランとかも--やつらのその「無意味な発声」の間にゆっくり--回れるものね。ほんと、それらのお店行きたいな。うん、行こう。


  


蓋し、岩波書店に放火するとか、毎日新聞の記者を拉致監禁してISや有機肥料業者に売り渡すとか、あるいは、(収益的には不動産屋が本業の)朝日新聞のテナントに恫喝をかけ撤収させる。

そんな、まさかリベラル派ではあるまいにの、保守派らしくない下品な手段よりも、これが本当の意味で、かつ、ビューティフルでディーセントなやりかた、鴨。


畢竟、これがリベラル派に対する、われわれ、


>サイレントマジョリティーからのお洒落な

>でもって、一番きつい「次の一手」、鴨。


そうではありますまいか。ありますまいか。


と、思ったら、実は、あれ~? 

実質いまもこの状況なんだよね、日本は。

と、そう気づきましとさ。
つまり、この記事は無意味ということ。
字余り(笑)



fc2blog_20141112063654eb4.jpg

P/S
寛子ちゃんは囲碁強いんだぞ(涙)
将棋ではまけないのに(←一応、えっへん、アマ四段)、囲碁では10子おいても勝てない、たぶん。
まあ、民進党と自民党くらいの実力差、カナ。←(もちろん、西野カナさんのファンです、いまでも)

5344c6272f4e44b745e53b3bc9a473b8.jpg



日本にいるときには新聞もとっていないし--New York Times Weeklyは大学時代から大体とってますけどね--、日頃はTVなど「科捜研の女」以外はサッカーの中継くらいしか見ない私も、年末年始はなんとなくカウチポテトでTVつけたりするわけで、そうなると、なんとなく京都の風景も目にすることが少なくなかったりします。はい。私、大学(同志社大学)進学から7年間京都に住んでいました。その後、社会人の駆け出しは大阪だったから都合足かけ11年<関西人>してました。 

>京都 

懐かしいですよね。でも、京都に7年、関西にまる10年少し、かつ、所詮「よそ者」として住んでいたわけで、<京都>の良いところ悪いところも皮膚感覚でわかるようになった、鴨。

 


>おぶぶ(お茶漬け)でもどうどす~?

 とかは「Lesson1」というか、実は、あんまり今風ではないけど、
このネタで非京都人が<京都人>に対して言いたかったであろうことはわかる。 

 

>なんせ、京都では信用第一。第二が以心伝心。

実際、私が大学1回生の頃(←関西では学年は「年生」ではなく「回生」と言います)、同じ下宿で、私は同志社で、下宿仲間が現役で京大医学部に合格した熊本の人だったけれど、二人して半年ほど必死こいて家庭教師のバイト探したけれど全滅でした。で、大学出て大学院の頃、元の下宿の大家さんとか行きつけの喫茶店のオーナーさんからの依頼で家庭教師の口、物理的に一人では到底無理なくらい舞い込んできたものね。だから、サークルの後輩にあっせんして紹介料とって・・・以下、自主規制(笑)。つまり、学校名とかではなく住んでいた信用。これは東京や北海道とは全然違う、バイト君の東大理Ⅲの子や早稲田の子とかに何度も聞いたから間違いない、多分。 

 

あるいは、行きつけの小料理屋さんで女将さんからある観劇のチケット買ってくれといわれた・・・。見ると講演日が明日までのチケット。 

あのー、さっき、「明日は午後から関西学院大学でオックスフォードの偉い(らしい?)先生を招いた研究会があるって、でもって、通訳が学部時代のゼミの先生だから助手頼まれて大変でんがな、でも、関学はキャンパスはキレだし、やっぱ関学は美人が多いからうれしい、鴨。あっ、でも、つきあうなら関大か立命館の女子が面白みがあっていいよね」って女将さんにもはなせへんかったか。確かに、いま専門学校とか司法試験の予備校で教えているさかい懐は少しあったかいけれど、あのー、「相手が行けへんだろう劇のチケット、普通、売るか?」と思いました。まー、なんらか事情があると思って5枚ほど買ったけどね。 

而して、こんな流儀は他の人に聞いても京都ではままあることらしい。これも逆の意味の「信用第一/以心伝心」の顕現なのかしらね。甘えのような気がしないでもないけれど。 

まあ、事業の才覚はそうなくとも、例えば、清水寺や金閣寺の半径1キロに地所があれば、
観光客相手に一族郎党が食べていくにはそう困らない土地柄だから。
そこで重要な人間関係は端的な「時間」や「貨幣」や「利子率」とは少し異質なsomethingになるの、鴨ですかね。

 

だから、 

>京都で外車乗っているのは坊主と任侠系 

と京都出身の後輩がいつも言っていたものな。ちなみに、医師や羽振りのいい中小企業のオーナーはレクサスだそうです。でもね、そんな京都は怖い気もすることもある。 

 

大学時代の恩師の一人。英国法哲学(分析法学)の世界的権威、Y先生の北山のお宅で飲んでいるとき、私が自分の奥様のお母様(神奈川県出身)とのコミュニケーションの難しさの話をしたとき、Y先生の奥様(←東京出身)が微笑みながら、しかし、目を据えてこういわれた。 

嫁にきてすぐのころ、姑さんになんかでこっぴどく叱られた「あんさん常識というもののあらへんおひとなんやな、ようわかりましたわ」と。で、恐縮したのだけれど、なにがいけなかったのか教えていただけなかった。で、それから、20年近く、必要最小限の会話しかないまま姑は亡くなられたのですよ、と。


いくら、西陣の旧家とはいえ、こわいよな。

 

 

9faf4a6dd348cc7e87f78403e7569b74.jpg

 

と、ネガティブなことだらだらと書きましたが(大笑)、
京都は素晴らしいです。なんせ、京都は自転車(←原付も不要!)があれば、ほぼすべての世界的観光スポットをほとんどただで何度でもいつでも訪れることができます。


>同志社の学食も、京大の学食も、立命館の学食も美味しい~!!

>憲法と法哲学、歴史学と国際関係論、数学と神学は日本最高水準の先達が、
大学にも居酒屋にも、バイト先にもわんさかいる。過剰なほど。さらに、東大や早稲田や慶応の子達とちがって、京大や同志社の大学院生も学生も知ったかぶりをしない。知らないことは知らないという。

>動物園も水族館もある、太秦の映画村もある、あるある、ほんとにある~♪
>嵐山も大原も、琵琶湖も奈良も目と鼻の先~♪
>餃子の王将も美味しい、天下一品のラーメンは天下一品~♪

>なにより、同志社大学・同志社女子大学があるではないですか~♪

 


ただ、ただ、ただね・・・・。

夏は暑いし冬は寒い。
実際、アラスカ州から来ていた留学生が、 

>京都は寒うてたまらんですわ(泣) 

といっていたし、祇園祭の二日前、7月下旬、
前期試験が終わった晴天の日に試験場の教室からでたとき、その刹那、
瞬時に眼鏡が曇ったものね(←湿度がすごい!)

 

と、年明けに母校のラクビーの試合をつらつら見て(涙)
こんな記事書いてしまいました。他意はありません。

 

・懐かしい餃子の王将☆その王将でも持ち帰り容器が有料化!
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/a5f50322919fd173483d57c0605a5ee4
 

・京都☆保守主義の舞台としての生態学的社会構造
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/199b39baca575f644c9accc68fbc5700
 

・海外報道紹介☆京都の<観光開発>に見るマーケティングの欠如(上)(下)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/61b73b94d2b970004f0d4dc0438621ec

 

 cede7bc25d78673b43115b58205ac58e.jpg


▼Doshisha College Song

1.One purpose, Doshisha, thy name
 Doth signify; one lofty aim;
 To train thy sons in heart and hand
 To live for God and Native Land.
 Dear Alma Mater, sons of thine
 Shall be as branches to the vine;
 Tho' through the world we wander far and wide,
 Still in our hearts thy precepts shall abide! 

2.We came to Doshisha to find
 The broader culture of the mind;
 We tarried here to learn anew
 The value of a purpose true;
 Dear Alma Mater, ours the part
 To face the future staunch of heart,
 Since thou hast taught us with high aim to stand
 For God, for Doshisha, and Native Land! 

3.When war clouds bring their dark alarms,
 Ten thousand patriots rush to arms,
 But we would through long years of peace
 Our Country's name and fame increase.
 Dear Alma Mater, sons of thine
 Will hold their lives a trust divine.
 Steadfast in purpose we will ever stand
 For God, for Doshisha, and Native Land! 

4.Still broader than our land of birth,
 We've learned the oneness of our Earth;
 Still higher than self-love we find
 The love and service of mankind.
 Dear Alma Mater, sons of thine
 Would strive to live the life divine;
 That we may with increasing years have stood
 For God, for Doshisha, and Brotherhood!


▼同志社大学応援歌-若草萌えて

1.若草萌えて 生命は溢る
若人の血 今もゆる
希望は胸に 心は躍る
男々しく立て 同志社
※高らかに叫べ 誇の歴史
いざ起て友よ 勝利は待てり
白熱の意気 敵なし

2.紺碧の空 隈なく晴れて
風は涼し 気は澄みぬ
戦わんかな 時まさに今
 男々しく起て 同志社
※以下繰り返し

3.若人起てよ 若人起てよ
純真の気 熱血の
脈打つ力 波うつ命
 男々しく起て 同志社
※以下繰り返し

 

 319c7ae0dcf525db557a4146288eef52.jpg

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube