【資料】女子の「草食化」が進行し始める 大学・高校生のセックス体験率低下




▼女子の「草食化」が進行し始める 大学・高校生のセックス体験率低下

女子大学・高校生のセックス体験率が初めて低下に転じたと、日本性教育協会が調査結果を明らかにした。協会では、女子の「草食化」も進んでいるのではないかとみて、分析を進めている。「草食男子」と対をなすものとして、「肉食女子」ということが一時期盛んに言われた。ところが、そうした傾向の妥当性について疑問の余地が出てきた。

◆女子大学・高校生がそれぞれ14、6ポイント減
日本性教育協会では、1974年から6年ごとに青少年の性行動を調査している。今回は、2011年10月から12年2月に全国11地点で中学、高校、大学生約7700人を対象に調査を行ったところ、女子大学生の性交経験率が6年前の前回より14ポイント減って47%になった。また、女子高校生の場合も、前回より6ポイント減って24%だった。調査開始から経験率は上昇を続けており、今回初めて低下したことになる。

男子大学生・高校生は、前々回の1999年から低下傾向にあり、今回は、大学生が7ポイント減の54%、高校生が12ポイント減の15%とさらに低下している。一方、中学生の経験率は、女子が1ポイント増の5%、男子が横ばいの4%とあまり変わらなかった。また、キスの経験率は、男女とも大学・高校生で、今回初めて低下に転じている。

女子の性交経験率低下について、日本性教育協会の事務局では、「草食化」が進んでいる現れではないかとみている。分析結果については、性行動調査委員会委員長の片瀬一男東北学院大教授が、取材に対し、12年秋にも概略を報道発表し、13年3月に最終報告書をまとめたい考えを明らかにした。なお、調査結果そのものについては、事務局では、12年8月16日にホームページなどで報告するとしている。女子の草食化については、ネット上で、様々な意見が上がっている。

◆男子の率が減った影響、などと様々な見方
性交経験率が女子も低下に転じたことについて、草食化の可能性は否定できないものの、「男女の行為なんだから両方減るのは当たり前」と冷静にみる向きもある。

一方で、(1)女子も男子と同様に、ゲームやアニメなどを楽しむインドア派が増えている(2)青少年健全育成条例での摘発を恐れて(3)ネット普及によるマスコミの影響力低下(4)見栄を張るのはカッコ悪いと正直に回答するようになった、などといった指摘も出ていた。

女子のセックス離れを示す他のデータとしては、日本家族計画協会で2010年9月に行った調査で、16~19歳女性がセックスに「関心がない」「嫌悪している」と答えた割合が、2年前より11.6ポイント増えて58.5%になったことがある。こうした傾向について、地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長で医師の岩室紳也さんは、週刊ダイヤモンド12年3月24日号の記事で、「今の若者は生身の人と付き合うことに伴うストレスを恐れ、ゲームなどのバーチャルにはまる。その結果、セックスを回避する人が増えているのだろう」とコメントしている。

産婦人科医で赤枝六本木診療所院長の赤枝恒雄さんは、J-CASTニュースの取材に対し、経済状況が悪く懐が寒いため、男子が女子をデートになかなか誘えないことがあるのではないかとみる。「セックスは1人ではできませんからね。その代わり、オナニーグッズが飛ぶように売れていると聞きます」また、性感染症の怖さや妊娠リスクを訴え続けた結果、2001年ごろから10代の人工妊娠中絶が減少に転じ、それが性交経験率のデータにも現れてきたのではないかともしている。


(J-CASTニュース・2012年8月6日 19:59)


37233351.jpg



【解題-女子高校生の性交経験率の推移】

引用した記事と同じ財団法人日本性教育協会の(より包括的な調査に基づく)『青少年性行動調査』によれば、女子高校生の性交経験率は、例えば、1993年-1999年-2005年の時期に、16%-24%-30%に達したとのこと。教育界では有名な「定点測定データ」である、東京都の高校教員有志による同様の調査結果も勘案して推測するに、この数値は2010年時点では間違いなく33.33%(要は、3人に一人)を越えているものと思われます。

よって、引用した記事が報じた財団法人日本性教育協会の新しい調査結果の統計学的の妥当性は現在のところ全くわかりませんけれど、この報道が事実とすれば、2011年現在では女子高校生の性交経験率は予想に反して30%弱になっているということでしょうか。而して、これはこれで考えさせられる傾向ではある。

尚、注意すべきは、元来、『青少年性行動調査』等々によってもすべからく、(a)女子高校生の性交経験率の数値や数値の変化率に都会と地方とではそれほど大きな差は見られないこと、(b)実は、統計データなど望むべきもない時代のことですが、室町時代や江戸時代とは言わず、明治中期と比べて、例えば、同じ「満17歳の未婚女性」を比較した場合、現在の2010年-2012年のその数値が必ずしも高いとは言えないだろうということです。加之、蛇足ながら、(c)日本のこの数値が(イスラーム圏等を除けば)欧米諸国といわずほとんどの後進国と比べても必ずしも高いとは言えないこと。


傍証を一つ。「愛人バンク」として1980年代前半の世の耳目を集めた「夕暮れ族」(吉行淳之介の『夕暮れまで』(1978年)に登場した中年男性と若い女性のカップルからきたネーミングとか、)が解消したのは、当該『夕暮れ族』の発起人・筒見待子氏の1983年の摘発逮捕を契機にしていますが、それもまた、1985年前後にそんな事柄が<前衛的な人々>の間では、「際物=ある企業の特定のサービス」でなく普通に世の中に拡散したことの裏面、鴨。ちょうどその頃、韓国でも「レモン族」とかのこれとパラレルな事象が問題になったとかならなかったとか。で、それから25年後の2010年前後の現在は・・・。

そう思えば、赤川次郎さんの「三毛猫ホームズ」シリーズで、同じく「学生の売春」を舞台装置に取り入れていても、「ホームズ嬢」のデビュー作、『推理』(1978年4月)、『犯罪学講座』(1991年5月)は「女子大生」が、そして、『四捨五入』(1997年12月)では「女子高生」がそのプレーヤーであることはこの間の、1990年前後に、中高生の意識の変化というか断絶を赤川さんが感じたのが遠因、鴨。と、そう私は考えなくもないです。

蛇足ながら、赤川さんの『死者の学園祭』(1977年6月)では<性交渉>は主人公の高校生活には表だっては現れない。また、作家としての赤川さんのデビュー作にして「幽霊シリーズ」の巻頭を飾る『幽霊列車』(1976年)以来、ヒロインの女子大生と相棒である中年の警視庁の刑事の関係は、あくまでも、「恋人関係」であり「不倫関係」、すまり、「愛人関係」ではない。この人物設定もまた、今から見れば今一つ「小説にしてはおとなしい関係」のようでもあり、それも時代性のなせる技なの、鴨。

<参考記事>
・新版☆AVとは何か? AVを通して日本の今を考える
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/03d0747f3deadee2689572c7f313e0e2


photo_8.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube