<再論>派閥擁護論-派閥は政党政治の癌細胞か?




民主党政権の黄昏もいよいよその最終章に入った感を覚えます。而して、「日本維新の会」に代表される所謂「第三極」形成の動きも興味津々ではありますが、しかし、民主党政権という日本史上でもその拙劣さで一二を争う最低の政権を誕生せしめたこの国の政治認識の状況が変わらない限り、党首と政党が変わっただけの<民主党政権>はこれからも繰り返されるの、鴨。このような問題意識から、敢えて大昔のことを、すなわち、旧自民党政権のことを少し俎上に載せたいと思います。

自民党政権への批判はどれが正当な批判であり、
自民党政権への批判の中でどれが不当な批判だったのか、と。
そして、本稿のテーマは「派閥批判」批判。

現下の民主と自民両党の代表・総裁選挙を巡っては(就中、自民党の総裁選挙を巡っては-「派閥の権化=長老」の意向が現職の谷垣総裁を総裁選出馬辞退に追い込んだとされる-)「派閥」の弊害なるものが盛んに報道されています。曰く、「民主党の代表選の後は、党役員と閣僚の人事を巡り民主党内部は各<グループ>間で激しい綱引きが行われている」「自民党総裁選挙では、三大派閥のうち町村派が分裂した一方、額賀・古賀の両派は(少なくとも決選投票では)最も御しやすい石原候補を支援する模様だ」等々。

本稿は、現在、政界内外で評判の悪い「派閥」の是非についてゼロベースから検討する試みです。「派閥は日本政治の癌細胞なのか? 派閥は可及的速やかに解体されるべきものなのか?」、と。尚、蛇足ですが、日本のマスメディアの世界では、「自民党内グループは「派閥」であり、それは否定されるべきものだけれど、民主党内のグループは「派閥」ではない」、と。そういうスタンスが無きにしも非ずなのではないでしょうかね(笑)。さて、「派閥」とは何なのか。


2_20120912163141.jpg


◆派閥の弊害
自民党や民主党だけでなく、(左翼マニアや創価学会ウォッチャーの常識ですけれど)社民党、否、共産党や公明党の内部にも政策や政治手法、そして、人脈の違いに起因する「一定程度固定的な人間集団=党内グループ」は存在します。また、経済小説の類では「副社長派 vs 専務派」の派閥抗争は御馴染みの<ストーリーの舞台装置>でしょう。蓋し、「ある組織内の一定程度固定的な利害と主張を共にする人間集団」という意味での「派閥」の存在は特に政党に限られた現象ではない

実際、オックスフォードやケンブリッジの教育と研究の根幹の単位たる個々のcollegeは(各専門領域の教育と研究をcollegeから請け負う「学科=department」とは異なり)、11世紀以来、ほぼ千年に亘って「教授と学生が形成してきた派閥」と捉えれば分かり易い。また、(当初は天台密教教義の解釈、そして、共に比叡山延暦寺システムのTopを務めた第三代天台座主円仁と第五代天台座主円珍のどちらの流れを自分が受けているかという法統の差異、その後、荘園等の利権争いに起因する)「比叡山延暦寺=山門」と「園城寺三井寺=寺門」の千年に及んだ抗争もまた典型的な「派閥間闘争」であったと思います。閑話休題。

では、それを批判してきたマスメディア内部にも確実に存在するであろう「派閥」を、政党、就中、自民党の派閥を、マスメディアはなぜかくも執拗に批判してきたのか。

派閥の弊害。普通、派閥の弊害としては、①「適材適所の人事を妨げる」「政策よりも人間関係優位の党内政治力学の源泉」が掲げられるようです。更に、②「少数者支配に道を開く」という派閥批判も見聞きしないでもない。

畢竟、政権与党、すなわち、これまでの自民党の派閥が党と政府の人事を歪め、政策論議やイデオロギー論議を<不透明化=非争点化>させてきたこと、また、政府と世論を乖離させてきたことは、確かに、55年体制下、就中、「田中派-竹下派」支配の時代の現実でしょう。例えば、橋本龍太郎首相は、「派閥均衡型=年功序列型」でする組閣作業に興味が持てず、さりとて、自己の権力基盤たる派閥システムを否定するわけにも行かなかったからでしょうか、前後3回に及ぶ橋本内閣の「組閣作業をほとんど自民党執行部に丸投げ」していたという伝説が残っているくらいですから。よって、上記①の理由を敷衍すれば、

派閥はそのメンバーに資金・ポスト・選挙支援を与え、その対価として派閥のメンバーに党内外での派閥の影響力の維持拡大に貢献せしめる「自己組織化、および、自己目的化したシステム」であり、それは、政策とイデオロギーを中核として、世論を集約統合する<社会の公器=政治政党>の機能を著しく損なう政党政治の癌細胞である、と換言できるでしょう。

では、②「少数者支配」とは何か。話を簡単にするために、定数500の一院制の議会を持つ国を考えましょう。そして、その国の現在の与野党の議席がそれぞれ260と240とする。また、与党内には2個の派閥があり、それぞれ、135、125のメンバーを擁しているとします。

而して、この場合、与党の最大派閥は議会の27%の勢力であるにもかかわらず政権を掌中にすることが可能なのです。蛇足ながら、この最大派閥が実は派閥領袖の直参旗本組とそれ以外の外様組に、これまた、70対65で分かれていると仮定すれば、この最大派閥内の主流派は実に議会全体の14%の勢力でこの国の政治を壟断することができることになりましょう。    

かっての「田中派-竹下派」支配なるものの実体もこのようなものだったの、鴨。そして、その頭目が現在「刑事被告人」であることまで「田中派」の伝統を踏まえている小澤一郎氏のかっての民主党内での影響力の本質もこのような「少数支配」の構図に収斂するものだったの、鴨。

いずれにせよ、政党助成法(1994年)によって政党に公費が投入されるようになって久しい現在、また、自民党が政権与党ではなくなった現在、すなわち、派閥が容喙できるポストが党内のポストに限定されている現在、自民党の派閥の弊害は極小化しており、むしろ、政権与党たる民主党内の派閥の弊害に我々は注目すべきことは間違いないでしょう。


3_20120912163141.jpg


◆派閥の機能
元来、自民党の派閥は(現在の韓国の政党がその支持する候補を大統領にするために存続しており、大統領選挙の度に離合集散を繰り返してきたように)、その派閥の領袖を総理総裁に担ぎ上げるための「期間限定的の人的紐帯」にすぎませんでした。

よって、佐藤栄作首相までの自民党の総理総裁は一旦自分が最高権力者のポジションに就いた段階では(党内の反抗勢力を弱体化させる狙いもあり)、むしろ、「派閥解消-党内党を廃しフラットな自民党組織の実現」を呼びかけてきた。そして、実際、その派閥領袖が総理総裁を退陣した以降は、少なくない派閥は漸次解体していきました。

畢竟、派閥があたかもそれ自体が法人格を持つ企業のように、あるいは、国家のみならず陸軍自体をも機能不全に陥らしめた旧陸軍内部の派閥のように自己目的化して行くのは(不本意な首相退陣をバネに再度の首相就任の野望を燃やし続けた)田中角栄氏が田中派の膨張戦略に舵を取って以降のことと言えると思います。

而して、前項で述べたように、自民党の派閥は、

(ⅰ)ポストと資金、および、選挙の支援をその構成メンバーに提供する
(ⅱ)「自己組織型-自己目的型」の組織内組織


であり、(ⅰ)(ⅱ)の性質と機能を帯びたそのような組織として<8・30=政権交代>を向かえたのでしょう。けれども、自民党の派閥の弊害は(誰がどの大臣になっても実質何の違いも生起しないという)「予定調和の雰囲気が覆う泰平の世」でのみ存続可能な現象だったのではないでしょうか。

蓋し、資金は政党助成金制度によって直接政党の執行部がその個々の議員に提供するようになった現在、唯一残った派閥の機能としてのポスト配分も、政権交代が常態になった現在では、「適材適所の原則」を大きく歪めることは、自民党であれ民主党であれ最早どの政権与党にとっても不可能であろう。ならば、(ⅰ)の基盤を漸次消失する派閥は(ⅱ)の機能もまた漸次低減させると私は思うのです。

而して、この私の分析と予想に反して、現下の民主党政権(野田政権)が、二代続けて「安全保障の素人」を自認する人物を防衛大臣に起用し、三代目にはとうとう民間から専門家をスカウトせざるを得なかった悲喜劇は、民主党政権が自民党政権(しかも、小泉政権成立以前の、古い派閥政治に骨がらみになっていた自民党政権)の、ある意味、正当な後継者であることから来る、マルクスの言葉を借用させていただければ「二度目の喜劇」なの、鴨。もっとも、その喜劇が日本国民にとっては悲劇でしかないことは言うまでもないことでしょうけれども。閑話休題。


4_20120912163140.jpg
持統天皇



派閥の弊害とその弊害をもたらす「自己組織型-自己目的型」の組織内組織の特徴の裏面として、しかし、他方、派閥には政党政治をサポートする重要な機能があります。よって、派閥を単に「政党政治を歪める癌細胞」とばかりは言えないように私は思うのです。すなわち、

(甲)政党内の議論を活性化させる機能/個々の議員の教育・能力開発をする機能
(乙)政党内の議論を世に告知広報する機能
(丙)個々の議員の専門性を連結させ政党が集約する政策の整合性を高める機能
(丁)政権与党内では擬似政権交代を引き起こす機能 
 

最後の(丁)は「55年体制下では自民党内で、「リベラル→保守→リベラル・・・」の擬似政権交代が行なわれていた」としばしば人口に膾炙するポイントであり特に説明の必要はないでしょう。また、(丙)のメリットも、田中角栄氏が田中派を「総合病院」「デパート」と自画自賛していたように、確かに、(行政権が肥大化する大衆民主主義社会では、政権与党は膨大かつ広範な行政領域に責任を負わなければならない以上、そして、一人の議員の専門性には自ずと限界がある以上)これまた否定できないのではないでしょうか。

蓋し、広範な領域の諸政策の統合作業や陳情への対処を200人から400人を超えるある政党の国会議員が、「議員集団全体=母屋となる政党一箇所」で行なうべきだというのは、悪しき直接民主主義と通底する妄想に他ならない。蓋し、「母屋=政党」での意見統合や党としての陳情への対応方針決定の前に、より政策とイデオロギーが近い、気の置けない仲間内で論点整理と意見集約を行なうことは生産的でしょうから。

而して、与野党を問わず派閥のメリットとして考えるべきは、(甲)(乙)の「党内民主制/議員の能力開発」と「政党と世論の連結」であろうと思います。畢竟、政党助成金を受けようが、政党は私的なものでもある点にその値打ちがある。蓋し、国家権力が独裁政党と一体化している社会主義国の硬直性と独善性は、旧ソ連や旧東欧諸国、そして、現在も支那や北朝鮮で観察できることでしょうから。

蓋し、究極的には私的な政治政党が<世論の支持=公権力>の獲得を巡りその政策とイデオロギーを切磋琢磨しあうことこそ政党政治の醍醐であり、派閥はそのような良き政党政治が機能するための欠くべからざるツールなのではないか。そして、党内民主主義の活性化は「最大派閥の少数者支配」をも漸次不可能にするだろう。ならば、自民党はこれからこそ派閥を活性化させるべきなの、鴨。と、そう私は考えています。

政権交代が常態の時代、
予定調和の時代に惰眠と貪欲を貪った派閥は消えよ!
党内民主主義と党内外の政策論争を活性化させる派閥は生きよ!   


尚、本稿の理論的前提である「政党政治における政治政党の意義」については
下記拙稿をご参照いただければ嬉しいです。

・「ねじれ国会」の憲法論と政治論
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11142660162.html

・政党政治が機能するための共通の前提
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11142645831.html


5_20120912163140.jpg







スポンサーサイト

テーマ : 自民党
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube