安倍総理の歴史認識を批判する海外報道紹介(9)




(6)Japan’s Unnecessary Nationalism

(NYT社説・2013年4月23日)

Japan’s Unnecessary Nationalism

Since taking over as Japan’s prime minister in December, Shinzo Abe and his conservative Liberal Democratic Party have been juggling a packed agenda of complicated issues, including reviving the country’s economy, coping with the aftermath of the 2011 earthquake and tsunami and managing prickly relations with neighbors like North Korea. Stirring up extraneous controversy is counterproductive, but that’s exactly what he and his nationalist allies in Parliament have done.

On Tuesday, a group of 168 mostly low-ranking conservative lawmakers visited the Yasukuni Shrine in central Tokyo, which honors Japan’s war dead, including several who were executed as war criminals after World War II. It was the largest mass visit by Parliament in recent memory. The Japanese news media said that Mr. Abe didn’t visit the shrine, instead sending a ritual offering, but his deputy prime minister and two other ministers made a pilgrimage there over the weekend. He has a record of defending Japan’s conduct during World War II.


日本の不必要なナショナリズム

12月に首相の職責を引き継いで以来、日本の安倍晋三首相と彼率いる保守の自由民主党は、複雑に絡み合った諸問題からなる政策課題のてんこ盛りを巧みに処理してきた。経済再生、2011年の震災と津波による被害の復興、近隣の北朝鮮との刺々しい関係の処理等々、安倍政権はこれらにおいて実績を積み上げてきたのだ。而して、取り組むべき政策課題からみて本筋とは呼べない論戦に再点火するなどは非生産的この上ない。しかるに、安倍氏と彼の同志である民族主義に親しい国会議員達が行っていることは、正に、そのような非生産的なことなのだ。

火曜日【2013年4月23日】、その大部分は大物議員とは言えそうにないのだけれど、168人の保守派の国会議員が東京の中心部にある靖国神社に参拝した。靖国神社は第二次世界大戦後に戦犯として処刑された幾人かを含む戦死者を祀る神社。そして、今回はここ20年内外では最大規模の国会議員の集団参拝だった。日本国内の報道によれば、安倍首相自身は儀式用の供物を奉納しただけで参拝はしなかったものの、安倍内閣の副総理および2人の閣僚が週末にかけて靖国神社を参拝したとのこと。而して、安倍首相は第二次世界大戦中の日本の行為を擁護した実績のある人物。


Mr. Abe and his allies know well what a deeply sensitive issue this is for China and South Korea, which suffered under Japan’s 20th-century empire-building and militarism, and the reaction was predictable. On Monday, South Korea canceled a visit to Japan by its foreign minister and China publicly chastised Japan. On Tuesday, tensions were further fueled when Chinese and Japanese boats converged on disputed islands in the East China Sea.

Japan and China both need to work on a peaceful solution to their territorial issues. But it seems especially foolhardy for Japan to inflame hostilities with China and South Korea when all countries need to be working cooperatively to resolve the problems with North Korea and its nuclear program.

Instead of exacerbating historical wounds, Mr. Abe should focus on writing Japan’s future, with an emphasis on improving its long-stagnant economy and enhancing its role as a leading democracy in Asia and beyond.

安倍氏とその同志達は、支那と韓国が20世紀における日本の帝国形成の動きと軍国主義に苦しめられたことを考えれば、今回の彼等の行動が細心の注意と慎重な配慮が必要な事柄であることを充分に知っていたはずだし、彼等の行動に支那と韓国がどんな反応を見せるかは予想できることだった。而して、韓国は外務大臣の訪日を中止し支那は公式に日本を非難する声明を出すが、それは月曜日【4月22日】のこと。火曜日には、それが紛争の焦点になっている、ある東シナ海の島礁周辺に支那と日本の双方の船舶が大挙して集まり、これを契機に日本と支那との緊張は一層高まった。

日本と支那はともに領土を巡る問題を平和的に解決する必要がある。まして、北朝鮮という存在とその核兵器開発計画に発する諸問題を解決するためには、支那および韓国と協力しなければならないこの時期に、その両国の敵愾心を燃え上がらせる日本の行動は無謀としか言いようがない。

歴史認識に端を発する相互不信の傷をこれ以上悪化させるのではなく、長らく低迷している日本経済を改善すること、および、アジアのみならず世界的に見ても指導的な民主主義国家としての役割を今以上に果たすことに重心を置きつつ、安倍首相には、日本の未来を描き設計することに注力してもらいたいものだ。



3_20130512101039.jpg



(7)Another Attempt to Deny Japan’s History

(NYT社説・2013年1月2日)

Another Attempt to Deny Japan’s History

Few relationships are as important to stability in Asia as the one between Japan and South Korea. Yet Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, seems inclined to start his tenure with a serious mistake that would inflame tensions with South Korea and make cooperation harder. He has signaled that he might seek to revise Japan’s apologies for its World War II aggression, including one for using Koreans and other women as sex slaves.

In 1993, Japan finally acknowledged that the Japanese military had raped and enslaved thousands of Asian and European women in army brothels, and offered its first full apology for those atrocities. A broader apology by Prime Minister Tomiichi Murayama in 1995 conceded that “through its colonial rule and invasion,” Japan had caused “tremendous damage and suffering to the people of many countries, particularly to those of Asian nations.”

(to be continued)


歴史の否定を狙う日本の新たな試み

アジアの安定にとって日本と韓国との関係ほど重要な関係はない。しかるに、日本の新しい首相、安倍晋三氏はその任期の端から、日韓関係を緊張させ、よって、韓国との協調を困難しかねない悪手を放つ構えのようなのだ。第二次世界大戦期間中になされた日本の侵略に対する謝罪を修正したいという意向を彼は表明しているのだから。而して、その「日本の侵略」には韓国を始めとするその他の国籍の女性達を性奴隷として用いたことも含まれている。

それは1993年のこと、日本もようやく、日本軍がアジアやヨーロッパの何千人もの女性(★)を軍の売春施設で強姦し奴隷状態に置いていたことを【河野談話で】認め、もって、それらの残虐行為に対して初めて全面的に国としての謝罪を表明した。性奴隷問題を包摂するより広範な問題に対する謝罪もまた1995年に村山富市首相が行っている。而して、1995年の謝罪【村山談話】は、日本が「植民地支配と植民地を獲得するための侵略によって」「途方もない規模の損害と苦痛を多くの国の国民に対して、就中、アジア諸国の国民の皆様にもたらした」ことを認めている。(本社説続く)



4_20130512101040.jpg



<続く>





スポンサーサイト

テーマ : 国際政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube