海馬之推薦図書--ママは何でも知っている/ちいちゃんのかげおくり--


福岡県大牟田市唐船地区に残る大東亜戦争時の敵機迎撃対空砲のトーチカ跡



ブログですからたまには<ブログ>らしい毒にも薬にもならない記事もいいかと。
そう思い、最近のマイブームの書籍を紹介します。といっても、両著ともその筋では、
各々「古典」に属するものらしいので、詳しいあらすじ(?)とかは割愛。
KABUの感想だけを書いておくことにしました。


51Ns-utD6mL__SL500_AA300_.jpg


◆ママは何でも知っている

・作者:ジェイムズ・ヤッフェ(1927年-)
・早川書房(1977年);原作は1952年および1968年に発表。ただし、原作が発表されたアメリカでは単行本にはなっておらず、単行本は日本語版が世界初とのこと。

・内容(早川書房のサイトから転記)
毎週金曜日にブロンクスのママの家で開かれる夕食会は、殺人課刑事のデイビッドにとっては貴重な夜だ。なにしろママときたら、警察を何週間もきりきりまいさせている難事件を、話を聞いただけでいとも簡単に解決してしまうのだから――安楽椅子探偵〈ブロンクスのママ〉登場。表題作ほか七篇の本格ミステリ短篇を収録。

・コメント
事件解決の鍵が、ロシアからの亡命ユダヤ人であるママがニューヨークの、低所得者層がそれでも活気溢れる日暮している日常の<人間>との交流のなかでママが身につけた、人間理解と人間の観察眼であることが、地方の農村の暮らしの中でそれらを身につけたミス・マープル(アガサクリスティー)と通底していること。このことは多くの評者が指摘していることにせよ、読む者として(とんでもないところから問題解決の「水戸黄門の印籠」や「魔法の杖」が取り出されるのと違い)フェァーだし、説得力に富むものだと思います。

KABUが、しかし、なによりこの「ママは何でも知っている」に引き込まれたのはその(事件や事件解決の証拠や理路とは一応関係の薄い)ディテールのことども。つまり、ママのママが「13才のときロシアでユダヤ人大量虐殺事件にあって、戸棚に2時間隠れて難を逃れた。だから、彼女はどんなときでも動揺するなんてことはない」とか、主人公である息子には「医者か弁護士という専門的かつ知的な職業について欲しい」とママもパパも願っていたとか、ママより3歳年長の同じロシアからの亡命ユダヤ人であるパパはアメリカに来てからもしばらく英語が全然話せなかったとか・・・。そいうディテールがさりげなく、ストーリーに織り込まれているのが素敵でした。

これにくらべれば、そういう要素だけを顕微鏡で拡大して読者に見せつけるような作品。例えば、『ソフィーの選択』(1979年)などはためにするあざとい/悪趣味な作品でしかない。と、そう私は考えます。やはり、『風姿花伝』の言う如く「秘すれば花」なの、鴨。



1978_014.jpg



◆ちいちゃんのかげおくり

・作者:あまん きみこ(1931年-)
・あかね書房(1982年)

・内容(あかね書房+ある読書サークルのサイト+Amazonから転記)
夏のはじめのある朝、小さな女の子のいのちが、空にきえました。悲惨な戦争の中に幼い命をとじた女の子の姿を、静かに描く。

戦争のために、ちいちゃんはお父さんを軍隊にとられてしまいます。お父さんが残してくれたのは、「かげおくり」(自分の影を10秒間見つめ、空を見上げると影が目に焼き付いて空に影が映る)という、遊びでした。ちいちゃんは、おにいちゃんと一緒にかげおくりをして遊びます。けれど、空襲のせいでちいちゃんはお母さんとおにいちゃん、どっちとも亡くしてしまいます。小さい子供が、戦禍の中生き残れるはずもなく・・・、ちいちゃんはかげおくりを家族のみんなとしながら昇天してしまうのです。

お父さんが出征する前の日のことです。先祖のお墓参りに行った帰り道、ちいちゃんのお父さんは家族に「かげおくり」の遊びを教えてくれました。影法師をじっと見つめて10数え、数え終えたらすぐ空を見上げると影がそっくり空に映って見えるというのです。 ちいちゃんとお兄ちゃん、お母さん、お父さんは4人で「かげおくり」をしました。影法師は、まるで記念写真のように空に映りました。 第2次世界大戦の悲惨さを描く物語。ちいちゃん一家の戦争が、やさしく悲しく描かれます。体の弱いお父さんを戦争に送り、家族3人の暮らしが始まったある夏のこと、ちいちゃん一家は空襲に出会います。空襲で焼け出されたちいちゃんは一人ぼっち。空腹に絶え、生きながらえようとする姿は、多くの戦争孤児たちの姿そのものでした。家族4人のかげおくりが、胸に深く焼きつきます。小学3年生の教科書に掲載されている作品。戦争がどんなものなのか、話し合うきっかけになるでしょう。

・ちいちゃんのかげおくり-朗読
 http://youtu.be/_1iBi5M0rmY


1601-1.jpg


・コメント
この「ちいちゃんのかげおくり」は小学校低学年の国語の教科書の定番集録作品ということで、特に、コメントは不要でしょう。

ただ、上の「ママは何でも知っている」と同じような切り口で書き添えれば、例えば、野坂昭如『火垂るの墓』(1967年)のこれでもかこれでもかと悲しいクライマックスに至る経緯をねちっこく書き連ねた作品に比べれば、「ちいちゃんのかげおくり 」の方が、<戦争>ということ、<家族>ということを読者によりストレートに考えさせる作品であるとは確かに言える。というか、人間の<実存>ということにストレートに思いを誘う作品、鴨。

畢竟、英国の平和主義者、ジョン・ラスキン(John Ruskin;1819年-1900年)が喝破した如く、「戦争はすべての技術の基礎なのだ。というのも、戦争が人間のあらゆる高い徳と能力の礎だという意味でもある。この発見は、私にとって何とも奇妙で、非常に怖ろしいことだったが、けっして否定出来ない事実に思えた・・・。簡単にいえば、偉大な国民はみな、その言葉と真実と思想の力を戦争で学ぶこと、戦争に養われ平和に消耗させられること、戦争に教えられ平和に欺かれること、戦争に鍛えられ平和に裏切られること、要するに戦争で生まれ、平和で息を引き取ることがわかった」(よって、戦争を直視すること、すなわち、戦争を含む非常事態が惹起する恒常的蓋然性から目を背けるべきではなく、それに常に備えるべきなのだ)という認識がそう満更間違いではないとすれば。

而して、日教組教師の如く、「ちいちゃんのかげおくり 」を読んだ児童生徒に対して、「だから二度と戦争をしてはいけないのです」などの非論理的な帰結をおしつけるのは論外として、少なくとも、「次に戦争するときには勝たなければならない」「次の戦争の際には、その勝敗は置いてもとにかく本土が攻撃を受けないように、最低でも、核武装を日本は急ぐべきだ」、そして、「それでも、戦争の惹起は人智を超えており、かつ、戦の勝敗が時の運だとするならば、ときの為政者は「ちいちゃんのかげおくり」を幾度も反芻しながら戦争に打って出るか否かを熟慮かつ即断して欲しいものだ」とはその読後感として論理的にも言えるのではないかと思います。

しかし、いずれにせよ、そんな賢しらな「感想」を述べるより、健気な小さな命への<共感>を心の中で反芻するのがなにより本筋のような・・・。

あまんさんの他の作品、『おはじきの木』(あかね書房・2000年) は内容的に言えば、本書で、お母さんお兄ちゃんと死に別れたちいちゃんが防空壕で過ごした幾日かを<拡大>したものですが、しかし、その部分の印象も本書『ちいちゃんのかげおくり』の方が鮮烈のような。而して、それはおそらく、<共感>の反芻を誘う契機の出来映えに収斂するの、鴨。蓋し、その契機とは、例えば、岡崎二郎『時の添乗員 1』第3話/交換日記, ビッグコミックス・2000年;単行本・2002年)の最終頁、70年近く前に二人の少女が綴った交換日記の現物を文字通り抱きしめながら、主人公の老いた経営者にして10代の少女時代の彼女が第二次世界大戦勃発の前、日本から故国ドイツに帰った女子校時代のユダヤ人の親友との思い出と彼女の運命に思いを馳せ<共感>を抱きしめる場面と通底するもの、鴨。と、そう私は考えます。


ちなみに、KABU家のピグワールドのキャラクター(住人ピグ)に、
「ちいちゃん」がいるのは言うまでもありません。

chichan.png





スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube