安倍自民党の参院選圧勝を伝える海外報道紹介(4)





(2)Election Win by Ruling Party Signals Change in Japan

(NYT; July 21, 2013)


Election Win by Ruling Party Signals Change in Japan

Japanese voters handed a landslide victory to the governing Liberal Democrats in parliamentary elections on Sunday, strengthening the grip of a party that promises accelerated changes to Japan’s economy and a shift away from its postwar pacifism.

By securing control of both houses of Parliament for up to three years, the win offers Prime Minister Shinzo Abe — an outspoken nationalist who promises to revitalize Japan’s deflationary economy and strengthen its military — the chance to be the most transformative leader in a decade. Although a lackluster turnout indicated that Mr. Abe might not have as much of a mandate as his supporters hoped, the margin of victory was large enough to suggest he has an opportunity to also bring stability to the country’s leadership after years of short-lived and ineffective prime ministers.

The win comes at a time when many Japanese seem more open than ever to change, after years of failed efforts to end their nation’s economic slump, and as an intensifying territorial challenge by China has nudged this long pacifist nation toward accepting a more robust military.


与党の勝利に炸裂した日本の変化

日本の有権者は政権与党の自民党に地滑り的勝利を与えた。日曜日【2013年7月21日】に行われた国の立法議会選挙でのことである。与党の圧勝という結果は、経済改革の加速、ならびに、戦後の非戦主義の憲法からの離脱を約束した政党がより強力な政治的支配力を持つことを日本の有権者が希望した結果でもある。

今後3年間、上下両院双方の支配権を確保した今般の選挙の勝利によって、安倍晋三総理は--低迷する日本経済の再活性化と日本の軍事力の増強を有権者国民に約束している、かつ、歯に衣を着せぬ率直な物言いが売りの民族主義者である安倍首相は--この10年間で最も日本を変革する政治指導者になりうるポジションを得たことになる。もっとも、低調だった投票率を鑑みれば、安倍首相が有権者から託された政治的な信託の大きさは彼の支持者が事前に期待していた程には大きくなかったのかもしれない。けれども、今般の選挙における与野党の獲得議席の差は、ここ何年も短命かつ無能な首相が続いたこの国に安倍首相が政治的な安定をもたらす可能性を充分に予感させるものではある。

与党のこの選挙での勝利は、多くの日本人が変化を許容するようになったというかってない状況下で起こった。日本経済の停滞を終わらせるべく繰り出された諸々の施策が何年もの間失敗し続けた後、あるいは、領土を巡る支那からの圧力が苛烈の度を増してきたことに背中を押され長らく非戦主義の国であったこの国がより頑強な軍事力を保持する方向に舵を取りつつある正にその時に与党は選挙に勝利したのだ。


42_2013080319033554e.jpg


Unlike some of Japan’s previous colorless leaders, Mr. Abe, 58, seems eager to become an agent of change. He campaigned on this being Japan’s last chance to regain its economic stature as the country has been eclipsed by China, with Sunday’s victory apparently largely because of the early successes of his bold economic plan, called Abenomics. But his party’s calls to stand up to the Chinese by rewriting Japan’s antiwar Constitution to allow a full-fledged military rather than self-defense forces have raised fears he will go too far and further isolate Japan in the region. ・・・

It remains unclear how far the Japanese people will let him go. While Sunday’s results gave his governing coalition a comfortable majority in the upper house, the voters failed to deliver the two-thirds majority that the conservative Liberal Democrats and other similarly minded parties had hoped for to easily revise the Constitution, something that has not happened since it was crafted by American occupiers after World War II. And the sparse turnout — at 52 percent the third-lowest showing in postwar history — suggests less popular support than the results implied. ・・・

The largest opposition group, the Democratic Party, suffered a humbling setback, the party’s worst since its creation in 1998. The Democrats secured just 17 seats from voters who still blame it for failing to deliver on promised reforms after a landmark election four years ago that ousted the Liberal Democrats in what had seemed to herald the advent of a vibrant two-party democracy. ・・・

特徴に乏しく生彩を欠いたこれまでの政治指導者とは異なり、安倍首相(58歳)は自らが変革の推進者たらんと欲している人物なのかもしれない。支那の影にこの国が覆われつつある現下の状況を直視するならば、この選挙が日本の経済的地位を回復する最後の機会であると安倍首相は訴えた。日曜日の選挙での安倍自民党の勝利の最大の要因は、安倍首相の大胆果敢な経済政策の成功、アベノミクスと呼ばれているその経済政策が導入早々に上げた成功によるものと見て間違いないだろう。安倍自民党の主張、すなわち、自衛のためだけの部隊ではなくあらゆる武力行使が可能な一人前の完全な軍隊の保有すべく、それを阻害している非戦主義の憲法を改正して、もって、支那に立ち向かうことを訴える自民党の主張は、しかし、安倍首相がある許容値を超えて先に行きすぎはしないか、そして、そのことによって東アジア地域で日本を一層孤立させはしないだろうかとの危惧を高めてもいる。(中略)

政策の選択と遂行において、安倍首相にどこまでの裁量権を日本国民が許容するかどうかは現在の所未知数と言える。いずれにせよ、日曜日の選挙結果は安倍首相率いる連立与党に上院の安定多数を与えた一方、保守派の自民党、および、その自民党と価値観や美意識を共有する幾つかの政党が期待していた三分の2の多数を彼等が占めることは認めなかった。ちなみに、三分の2の多数を彼等が獲得できていたとすれば日本の現行憲法の改正は容易になっていた。而して、その日本の現行憲法とは第二次世界大戦後にアメリカの占領軍によって作られて以来、一度も改正されたことのない憲法なのである。加之、貧弱な投票総数--戦後下から三番目となる52%の投票率【今回「参議院選挙・2013」の確定投票率は52.61%ということです】だったのだけれども--を鑑みるに、安倍自民党に対する国民世論の支持の度合いは投票結果ほど大きくはないと言えるだろう(★本稿最終註参照)。(中略)

最大野党の民主党は、1998年の結党以来最悪の結果となりじり貧の泥沼に沈んだ。すなわち、民主党は17議席しか取ることができなかったのだけれども、それは、二大政党制下の活気溢れる民主政治の開幕を告げる花火と見間違えた程の画期的な4年前の選挙、自民党から政権を奪取した選挙の後、その選挙公約で約束した諸改革を民主党が実行できなかったことを依然として憤慨している有権者の意向によるもの。(中略)


43_20130803190337fa7.png



<続く>


スポンサーサイト

テーマ : 自民党
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube