脱原発論って「反知性主義」そのものと感じた朝日新聞の記事





朝日新聞2014年2月19日に面白い記事が掲載されていました。
前口上抜きに要約転記。←手抜きではありません。


「反知性主義」への警鐘
「反知性主義」という言葉を使った評論が論壇で目につく。・・・政治的な問題発言が続出する現状を分析・批判しようとする意図が見える。

「嫌中」「嫌韓」「反日」--首相の靖国神社参拝や慰安婦問題をめぐり日・中・韓でナショナリステックな感情が噴き上がる現状を、週刊現代は問題視して特集した(1月25日&2月1日合併号)。元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏は対談で、領土問題や歴史問題をめぐる国内政治家の近年の言動に警鐘を鳴らした。その中で使った分析用語の一つが「反知性主義」だ。・・・

どう定義しているのか。「実証性や客観性を軽んじ、自分が理解したいように世界を理解する態度」だと佐藤氏は述べる。新しい知見や他者との関係性を直視しながら自身と世界を見直していく作業を拒み、「自分に都合のよい物語」の中に閉じこもる姿勢だ。とりわけ問題になるのは、その物語を使う者がときに「他者へ何らかの行動を強要する」からだという。・・・

フランス現代思想研究者の内田樹氏も昨年12月、反知性主義が
「日本社会を覆い尽くしている」とツイッターに書いた。・・・

同じ月、米国の歴史学者ホーフスタッターの著書『アメリカの反知性主義』の書評をネットの「書評空間」に寄稿したのが、社会学者の竹内洋氏(関西大学東京センター長)だった。ホーフスタッターが同書を発表したのは半世紀前。邦訳されたのも10年前だ。なぜいま光を当てたのか。「反知性主義的な空気が台頭していると伝えたかった」と竹内氏は語る。反知性主義の特徴は「知的な生き方およびそれを代表するとされる人びとにたいする憤りと疑惑」であると同書は規定する。・・・

同じ「反知性主義」に警鐘を鳴らしても、佐藤・内田・竹内氏の主張は力点が違う。だが佐藤氏は、3人には共有されている価値があると語る。「自由です」

反知性主義に対抗する連帯の最後の足場になる価値だろうとも言う。「誰かが自分に都合の良い物語を抱くこと自体は認めるが、それを他者に強要しようする行為には反対する。つまり、リベラリズムです」

(以上、引用終了)


12_201403111419425c2.jpg



私の感想は次の二点。

・「反知性主義=保守派」とどうして言えるの?
・「戦後民主主義」、就中、「脱原発論」こそ間違いなく「反知性主義」ではないかい?


いつから、そして、どんな根拠に基づいて、ナショナリズム批判的な立場なりリベラル派の主張が「知性的」で、ナショナリズムを称揚する立場や保守主義の立場が「反知性主義」になったのでしょうかね。もちろん、佐藤・内田・竹内氏はそうとまでは言っていないけれど、朝日新聞の記者の手を潜ると自動的「反知性主義=保守派」という構図になるように感じるのは私の気のせいでしょうか。いずれにせよ、このようなレッテル貼りはあまり生産的ではないように思います。

而して、「自分に都合の良い物語を抱き、それを他者に強要しようする行為」というのは、首相の靖国神社参拝にせよ、歴史認識の見直しにせよ、憲法改正にせよ、朝日新聞に代表される戦後民主主義を信奉するリベラル派の行動パターンそのものでしょう(★)。

就中、科学的根拠の乏しい無意味な「低線量積年平準放射線被曝の上限基準」を死守して、いまだに多くの福島の原発事故避難者を悩ませ、毎月毎月30人前後の「原発関連死者」を増やし、あろうことか、いまだに風評被害を引き起こしている脱原発論の論者は--単なるレッテル貼りではなく--間違いなく「反知性主義」の徒であろう。と、そう私は考えます。

あれから3年。3月11日のこの日。
最後の「脱原発論=反知性主義」規定は、
冗談抜きにかなりの覚悟をもって記しておきます。


東日本大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。




★関連記事

・瓦解する天賦人権論-立憲主義の<脱構築>、
 あるいは、<言語ゲーム>としての立憲主義(1)~(9)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/61686136.html

・憲法96条--改正条項--の改正は
 立憲主義に反する「法学的意味の革命」か(1)~(6)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/61963692.html

・樋口陽一の文化帝国主義的憲法論の杜撰と僭越(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/62298200.html

・アーレントの言葉でアーレントを否定した
 毎日新聞の<脱原発ファンタジー>コラム(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/62301752.html



13_20140311141943268.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube