アンと花子--贔屓の引き倒しにならないことを切に祈る





NHKの連続ドラマ「アンと花子」。複雑です。
東洋英和は大好きだし、村岡さんも好きだけど、

村岡訳の(部分訳というか妙訳の)『赤毛のアン』は訳書としては、
当時としても到底お話にならないレベルではないかと思うから。


これは、『あしながおじさん』の訳者として知られる、松本恵子(1891-1976)と、
村岡花子(1893-1968)の同時代性と両訳書の出来栄えの差を見ても歴然。



でですね、

ここでね、

例えばね、



訳者の経済的理由とか、戦時下の状況とか・・・。
そういうのは、エクスキューズとしてだけでなく、
ドラマ「アンと花子」のエピソードとしてはよいと思う。


けど、そのエピソードやエクスキューズは訳書の品質については無意味。



例えば、杉田玄白らが『解體新書』を翻訳したこと自体はドラマだけれど、
いまどき、『解體新書』の翻訳の出来栄えをうんぬんする人は少ないのと
これは同じなの、鴨。そう、作品と作者と制作行為は別なのです。多分。




けれど、翻訳の水準としてはその訳は当時としてもお粗末であったことを直視して、
しかし、村岡花子の思い入れと彼女が生きてあったことの結晶として<村岡アン>を捉える。


而して、村岡花子の思い入れと生きてあったことのリアリティーがあればこそ、
戦後、多くの読者を村岡『赤毛のアン』はこの国で獲得したの、鴨。


そういう、冷徹な訳書評価の上で、なおさら、トータルに<花子>を肯定的に評価する。
もし、このドラマがそう進むのであれば、感涙もの、鴨。

と、そう私は思います。



スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube