翻訳資料☆<「従軍慰安婦」を巡る対日批判決議>ホンダ下院議員公聴会演説(下)


Mr. Chairman, let me make my intentions abundantly clear: this resolution provides for historical reconciliation and then moving forward. It is not in any way meant to and should not damage our strong relationship with Japan. I understand that many feel strongly that this resolution is unnecessary, that it focuses too much on the past, and fear it will negatively affect regional stability along with our alliance with Japan.

These worries are unfounded. I feel strongly that accepting responsibility for the Comfort Women tragedy is worthy of a nation as great as Japan is to do. I also feel strongly that reconciliation on this issue will have a positive effect upon relationships in the region as historical anxieties are put to rest.


議長。ここで私の言わんとする所をより明確にすることをお許し願いたい。蓋し、この決議は歴史に関する和解を規定しその和解を前進させるものであり、それはどのような意味でも我が国と日本との強固な関係を毀損しようとするものでも毀損するものでもないのであります。この決議は不要だと強く感じている方が少なくないということを私は存じています。この決議はあまりにも過去の事柄にこだわりすぎている、と。そして、この決議は我が国と日本との同盟関係に影響して地域の安定性を脅かしかねない、と。

これらの危惧は根拠を欠くものです。所謂「従軍慰安婦」なるものの悲劇に対する責任を受け入れることは日本のような偉大な国が行うに正に相応しいことである。そう私は強く感じないではおられないのです。私はまた、この問題に関する和解は、歴史に関する心配事から解放されるにともないこの地域の【国際】関係に良い影響を及ぼすに違いないと強く感じております。


I ask that Members of Congress understand that apologies on matters of historical significance are important and that they are the first, necessary steps in any attempt to reconcile differences or atone for past actions. Our government has made its own mistakes. But in its wisdom, it has made the difficult choice to admit wrongdoing.


For example, in 1988, Congress passed, and President Ronald Reagan signed into law, H.R. 442, the Civil Liberties Act of 1988, which was a formal apology to U.S. citizens of Japanese ancestry who were unjustly put into internment camps during World War II. As someone who was put into an internment camp as an infant, I know firsthand that we must not be ignorant of the past, and that reconciliation through government actions to admit error are the only ones likely to be long lasting.


連邦議会の議員諸氏に私はご理解をたまわりたい。畢竟、歴史上の重要な事象に対する謝罪の重要性を、そして、和解と過去に対する償いをしようとするどのような試みにおいても、歴史上の重要な事象に対する謝罪は第一の、かつ、不可避の段階であるということを理解していただきたい。アメリカ政府も【過去に】間違いを犯しました。しかし、アメリカ政府は【他者からとやかく言われることなく】自分の考えで、過った行動を過った行動であると認める難しい選択を成し遂げたのです。

例えば、1988年に、H.R. 442, the Civil Liberties Act of 1988【市民の自由法:通称:日系アメリカ人補償法】を議会は可決し、ロナルド・レーガン大統領は同法案に署名しました。同法は、第二次世界大戦中に不当にも収容所に入れられた日系アメリカ市民に対する公式の謝罪でありました。幼少期に収容所に入れられた者の一人として、我々は過去に無知であってはならないことを、そして、【過去に犯した】間違いを認める政府の行動を通した和解こそがおそらく唯一永続的な和解【の方途】であることを私は直接に知っています。



For many Japanese Americans whose civil and constitutional rights were violated by internment, that dark chapter of history was closed by the Civil Liberties Act of 1988, which emerged over 40 years after internment. Seeking reparations was a long and arduous journey, but the apology, once it came, was clear and unequivocal. Reconciliation is something our generation should rightfully be calling for in order to promote the growth of a peaceful global society, and to address issues of the past so we can finally put them to rest.

市民的と憲法上の権利を収容所によって侵害された日系アメリカ人にとって、歴史の暗黒の章は収容所から40年後、1988年の市民の自由法の登場によって閉じられました。賠償金を求める旅は長く険しいものでしたが、しかし、謝罪はそれが一度来るやそれは明瞭であり曖昧ではありませんでした。和解とは我々の世代の者にとっては、紛争から解放されたグローバル社会の成長を促進するために、そして、過去を巡る諸問題を解決に至らしめる取り組みにとって、至極当然【の権利として】要求すべき何ものかなのです。


Americans have high expectations of close allies such as Japan, which shares so many of our values and ideals. Japan’s current approach denial to the Comfort Woman tragedy -- some call it a historic fabrication -- detracts from the relationship and questions the overall alliance in the eyes of Japan’s neighbors. It compels one also to question Japan’s appreciation of the Dutch, British, and Australian soldiers who recently guarded Japan’s Self Defense Forces in Iraq, whose country’s nationals are said to have been included in the Comfort Women system. Most important, the failure of Japan to successfully resolve their culpability and responsibility toward the Comfort Women casts doubt upon Japan’s commitment to human rights, violence against women in war and UN leadership.

アメリカ国民は、かくも多くの価値観と理念を我々と共有している日本のような緊密な同盟国に対して高い期待を持っている。【しかし、】日本の現在の所謂「従軍慰安婦」なるものの悲劇を否定しようという趨勢は(所謂「従軍慰安婦」なるものは歴史に残るような捏造だとさえ呼ぶ論者も存在するのです)、日本の隣国の人々の目には【日本を含む米国の】全体としての同盟関係を毀損し、その同盟【の意義に】疑いを持たせるものと映っているのです。

このことは、イラクにおける日本の自衛隊を最近警護したオランダ・英国・オーストラリアの兵士からの(尚、これらの国の国民はかって所謂「従軍慰安婦」の仕組みの中に組み込まれたことがあると言われているのですが、)日本に対する評価にさえ疑問を抱かせざるを得ない。最も重要なことは、所謂「従軍慰安婦」なるものに関する咎めと責任を上手く解決できなかったことで、日本はその人権や戦時下の女性に対する暴力に対するコミットメント【これらに本気で取り組もうという意思や覚悟】を疑われ、而して、国連における日本のリーダーシップにも疑問符がつけられたことなのであります。


Mr. Chairman, for reconciliation and justice for these women, I have worked very hard to bring these three survivors, Ms. Lee Yong Soo, Ms. Kim Koon-Ja, and Ms. Jan Ruff O’Herne, to Washington. They are the human face of the wartime violence against women. Their words reflect not just history but the continued pattern of organized abuse of women in conflict. Members of Congress who feel that this resolution is unnecessary need to look no further than these three women who know that they speak not just for themselves but also for the young women in Burma, Bosnia, and Darfur.

議長。和解と女性に関する正義のため、ここワシントンにこれら3名の生存者、すなわち、Ms. Lee Yong Soo【李容洙, 79歳】, Ms. Kim Koon-Ja【金君子, 81歳】, and Ms. Jan Ruff O’Herne【ジャン・ラフ・オハーン, 85歳】においでいただくために私が要した苦労は並大抵のものではありませんでした。

彼等は戦時下の女性に対する暴力の生き証人であります。彼女達の言葉は単に歴史の描写なのではなく、それは紛争時に繰り返し引き起こされてきた組織的な女性への陵辱行為の反映なのであります。この決議が不必要と感じておられる連邦議会議員の皆さん、これらの3人の女性、自分自身のために話すだけでなく、ビルマやボスニア、そして、ダルフールの若い女性達のためにも自分が話すのだということを自覚しておられるこの3人の女性の他に【決議の要否を判断するためには】特に何かを見る必要はありますまい。


I commend groups such as the Washington Coalition for Comfort Women, Amnesty International, V-Day, the Korean American Voter’s Council, the National Korean American Service and Education Consortium the National Asian Pacific American Women’s Forum, Justice for Comfort Women, the Global Alliance for Preserving History of World War II in Asia, and the Center for Women Policy Studies for their continued and tireless work on behalf of these women -- without which much of the efforts to keep this issue alive would have failed long ago.

I urge the Committee to act swiftly on H.Res.121 so that it soon may come to the floor for a vote. The strength and humanity of these women and the truths to which they testify today must supersede any political pressures to stop this resolution.

Thank you.



私は、ワシントン挺身隊問題對策委員會【通称:慰安婦ワシントン連合】、【カルト的人権利権団体として悪名高い】アムネスティーインターナショナル、【女性への暴力反対国際民間団体】V-Day, the Korean American Voter’s Council【韓国系アメリカ人有権者評議会】, the National Korean American Service and Education Consortium the National Asian Pacific American Women’s Forum, Justice for Comfort Women, the Global Alliance for Preserving History of World War II in Asia, and the Center for Women Policy Studies for their continued and tireless work on behalf of these women に対して賛辞を贈りたいと思います。もし、これらの団体がなかったとすれば、【所謂「従軍慰安婦」なるものの】問題を現在そこにある問題として保持する試みの多くはとうの昔に潰えていたことでしょう。

当小委員会に対して私は、H.Res.121【第110回議会下院決議121号】を速やかに審議され、可決の投票にかけられるように要請したい。ここにおられる女性の強靭さと慈悲の心は、そして、彼等が証言されるであろう事柄の真実さは、この決議を阻止しようとするいかなる政治的圧力をも打ち砕き無力化するに違いありません。

【ご清聴いただき】ありがとうございました。


(2007年2月25日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。「ならば、力を貸そうではないか」という方は
下記リンク先【人気blogランキングへ】及び【FC2ランキング】
にクリックをお願いいたします。

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube