第二次安倍政権を米英はどう理解してきたか、その<現実>を体得するための自家版リスト情報







国際的な報道は、最早、「普通」の現象。而して、グローバル化の昂進の中で、どの諸国民のメンバーにせよ、
戦後の風景>を理解するためのデファクトスタンダードというかパラダイムはまた、それは、残念ながらこれまた地球規模で米英の価値観と世界観、あるいは、常識と地平に影響された何ものかであるといいうべきでしょう。


米英のスタンダードが学問的にせよ政治的にせよアプリオリに「えらいこと」に昇格するわけがありません。だって、個々の読者も作者も<神ならぬ身>でしかないから。ならば、自分の世界観や価値観を相互に他者間で強要する仕草は醜いだけでなく滑稽でしょう。


結論先取りで言えば、米英のスタンダードから演繹帰納される慣習的効果にすぎない。けれど、他の米英のスタンダード以外のスタンダードでは--超越的や天賦自然権論的で「空虚な総論ルール」がその法の妥当性の扇の要になっている分、逆に--個々の慣習を遵守する態度の社会的好ましさはそれほど大きくないように思われる。



就中、フランス法思想とその強い形式的影響を受けている、現在の国際人権法など比べれば、あるいは、「イスラーム国」(!)にせよロシアにせよその社会を統べるルールの法的妥当性も実効性の値打ちも米英法系に比べれば高いとは言えないように私には見えるのです。繰り返しますけれど、それは、ある「慣習」を贔屓にするのではなくて、寧ろ逆に、それが曲がりなりにも成立しているのなら大凡すべてのルール-の守護ということ。すなわち、<慣習を守護する態度>にこそは米英の憲法思想の豊潤が漂っていると思わないではない、鴨。




要は、米英で活躍しながらも、フランス法思想と現在の国際人権法遵法をその紙面で隠そうとしない西側世界のリベラル派のジャーナリストからは少々なことを言われても、そう問題にする必要がないここと。と、そう私は考え、安倍総理や現在の日本の内閣のメンバーにはそう言ってあげたいと思います。だって、論理的にそうなのだから。論理的に間違いではないのなら、漸次、自然と穏やかな力が与えられているといいうことでしょう。


ということで、漸次、自然と穏やかな力が与えられればいいと希い、米英法極でもカルト的な西欧のリベラル派のスタンダードから見たら第二次安倍政権を米英はどう理解してきているのか。それが間違いにせよ、論理の枠組みを踏まえ反証可能性のある根拠がその国際報道に結晶しているのならな、左右の違いは問わず、<慣習そのものに従う>人としての成熟性が天晴れでもあり、まあ、文句はそう言わないでもよいのではありますまいか。



日本の国民の多くにとっては、それは、戦後に起きたやっと戦後をの奇蹟であり僥倖でさえある
その第二次安倍政権を米英はどう思っているか。本稿は単に幾つかの記事名URLをリスト。


正直、よくわからないけれども

艶っぽい媒介に、エイやでアップロードしておきますね
まあ、今日は昭和の日でもあったからアリバイ的に。
覚悟表明ですかね。










ところで、いきなりになりますが、この記事のリスト記事の「内部リンク」の復活は

先の話かと思います。




Yahooブログは2015年3月に一旦閉鎖したから。

ご興味があればその背景については下記記事を参照ください、



・海馬之玄関ブログ<終了>および<再稼働>のお知らせ
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65118395.html




と、畢竟、あなたがあくまでもこのリンク先になんとしてでもアクセスする

高いモティベーションの方、もしくは、暇人に限られるでしょう。



それらの場合、断線の工事が間に合わないという向きには、



>リンクしてを読みたい記事タイトル名



をテクストデータで記録して、そこに



>海馬 ameba



の2語を加えて、google検索をすれば終了。マニュアルでの検索になりますが、

ほぼ確実に<情報>に辿り着けますよ(←開き直り?)



そう、



実際の雰囲気は・・・リンクをしたい記事を下記とする場合、その下が正解♪。



>「慰安婦は必要だった」--慰安婦問題を巡る橋下氏の発言は妥当である-- 

>「慰安婦は必要だった」--慰安婦問題を巡る橋下氏の発言は妥当である-- 海馬 ameba





だったということです。



この他の「語彙:海馬 ameba」が別のテクストの意味に介在すること。

つまり「安倍晋三」が介在したら、事実関係を伝える情報も歪んで受け取られるの、カナ。

これなんかもこれら13本翻訳し比べて感じたこと、鴨です。





と、いずれにせよ、

ご迷惑をおかけします(恐縮)。















第二次安倍政権成立から3年ほど、--クリントン大統領(夫)の頃とはちがい--「ジャパンバッシング:日本苛め」はもとより「ジャパンパッシング:日本素通り論」本稿は「複数の記事リスト」にリンクをつないだ安倍政権成立してから報じられた米英紙の記事で紹介するものですえす。のリベラル。この約三年余りの米英のメディアからい









・日本語&英語版「ポリティカルコンパス」紹介-あなたの政治と経済の思想傾向を自己診断-
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11436944153.html




政治的や経済的な評価において、その人の「ストライクゾーンの揺らぎ」を人口に膾炙するネタもある。ただ、欧米といっても大陸と英米は異なる。まして、日本やある意味ドイツは政治評価の軸自体がずれているでしょう。左右を問わず(笑)






⑬再掲☆ニューヨークタイムズ社説の集団的自衛権批判に思う<壁パス>の効能 
 "http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fdc21a130b60e608be7bcf6dfd3b9f34






⑫事実誤認で自爆したニューヨークタイムズの安倍総理批判社説紹介
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/0bd97f1d2f9f0f8cd3494d3c36317939  
 




⑪安倍総理を批判するファイナンシャルタイムズ社説紹介
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fcdfd2cefa0d4e549b80805010ff6da2




⑩安倍総理靖国神社参拝を批判するニューヨークタイムズ社説紹介(1)~(4)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/e938a190ea7234a7334c505dc8ef8ac0


 

 

⑨「特定秘密保護法成立」記念--ニューヨークタイムズの安倍政権批判記事紹介--(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/ec7ca33252bd09a2e566acd22c0a878c






⑧Fantastic!――「風立ちぬ」が映す米英リベラルの歪んだ日本理解(上)~(下) 
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/17dd3008f59e295e1a09222cbf327f1f




⑦靖国<不戦勝>の安倍総理の作戦勝ちに歯ぎしりする海外報道紹介(1)~(6)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7f29c89c213475667c2385ba2e34ae24












⑥安倍自民党の参院選圧勝を伝える海外報道紹介(1)~(8および)(9-最終註)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ae9abbfffa397b589aeeeb1980d28cb



⑤橋下「慰安婦発言」批判の海外報道紹介--歪んだ論理の磁場の確認と
 その消磁化の契機として(1)~(9)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ca7d2069ecc186e18b3e237f852f4c0





④安倍総理の歴史認識を批判する海外報道紹介(1)~(12)+後記(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f62334487b7927827bed69dd74021987

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9ab1e74ac8fd20f67dca4c93b5ccd78f




③ワシントン・ポスト「拡大する中国の影に怯え右傾化する日本」(1)~(4)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/95b56a3ce3d1cde4d2705cd0181ccacc




②ウォールストリート・ジャーナル「日本でナショナリストの影響力が拡大」(上)~(下)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/de41872b01c454968bbc9d3766206993




①英文読解 one パラ道場:自民党新総裁決定-安倍総理の逆襲(上)~(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/d8be245bb4332894aaccf02f909d952b

 



 





今から野暮用なので、文も理路も「今晩」は委細構わずです。

だって、一応、全部自分でやったことだけは間違いないから、
良いでしょう(笑)





尚、次の自家稿もご興味があればご一読ください。





【自家論稿】

・『再出発の英文法』目次
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f49121d5434770e6c0ca02c9161634bd





・草稿・科挙としての留学の意義と無意味(上)(下)
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3d2bc3378bcef0da078a1b30c9681d79










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube