再提案★日本の裁判所も法廷に国旗を掲げなさい!




先日、野暮用で法廷見学に行きました(←あのー、まだ刑事被告人としてではありません、為念)。
そこで、ふと覚えた違和感。私の専門のアメリカでの裁判と比べて何かが足りないのです。
そう、国旗がないのですよね。法廷に。これどういうこと?

あのー、三権分立にせよ権力の分立にせよ(←ちなみに、アメリカの連邦憲法上は、アメリカ合衆国の政体は「立法・司法・行政」の三権分立ではなく「立法・司法・執行」の権力分立であり、欧州大陸流の「行政権」の過半は実はアメリカ合衆国の場合、議会に配分されているのですけどね。いずれにせよ、その憲法体系がどの政体を採用しているにせよ)、「司法権」は立派な国家権力の一斑であり、当然、その権威と権限は総体としての国家に発するもの。このことは「天賦人権」なるものが土台成立不可能な経緯を鑑みれば自明のことでしょう。


つまり、日本の場合にも、司法の場、すなわち、法廷には国旗、日の丸が掲げられているべきである。而して、法廷に国旗、日の丸が掲げられていない現在の事態は政治的のみならず憲法論的にも<不備>であり<不細工>な事柄である。と、そう私は感じました。


よって、私は次の如く提案したい、



б(≧◇≦)ノ ・・・日本の裁判所も法廷に国旗を掲げなさい!



尚、上述の「理路」に関しては下記拙稿を
ご参照いただければ嬉しいです。



・立憲主義を守る<安全弁>としての統治行為論
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65226658.html

・瓦解する天賦人権論-立憲主義の<脱構築>、
 あるいは、<言語ゲーム>としての立憲主義(1)~(9)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/0c66f5166d705ebd3348bc5a3b9d3a79

・憲法訴訟を巡る日米の貧困と豊饒☆「忠誠の誓い」合憲判決
 -リベラル派の妄想に常識の鉄槌(1)~(6)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/ec85f638d02c32311e83d3bcb3b6e714



114_20150105170536395.jpg




という記事(November 19, 2013 12:47:13 )
を書いてから2年近くが経過.
最近また同様な感想を激しく静かに感じましたので
「再提案」としてアップロードします。


icon_sr.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube