<プレイバック>2008年アメリカ大統領選挙(2)クリントン女史の目に涙




2008年01月10日 17時56分03秒 |
海外報道2008米国大統領選挙


繰り返し報道されているように、ここで負ければ、民主党の大統領候補指名レースというより今回の大統領選挙の「本命」(an early favorite)、ヒラリー・クリントン上院議員の大統領選挙戦序盤での敗退もありうると考えられていたニューハンプシャー州でクリントン候補(以下、夫のビル・クリントン前大統領と区別するためにこの記事では「クリントン女史」と表記します)がオバマ上院議員に勝利しました。

民主党のもう一人の有力候補、ジョン・エドワーズ前上院議員はクリントン女史とオバマ氏に20ポイント以上の差をつけられての敗北。エドワーズ候補の場合にはその資金不足もあり、多くの代議員数が割り当てられているニューヨーク州やカリフォルニア州、フロリダ州やテキサス州などで両候補を逆転することは実質的に難しく、民主党の大統領候補争いはクリントン女史とオバマ氏の一騎打ちの様相が固まったと報じられています。

これに対して共和党側は団子レースがまだまだ続きそう。世論調査結果および資金力からも最有力候補と目されているルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長の予備選本格登場が今月末(1月29日)のフロリダ州からということもあり、アイオワ州ならびにニューハンプシャー州をそれぞれ征した、マイク・ハッカビー前アーカンソー州知事とジョン・マケイン上院議員、序盤の2州での手痛い敗北にもかかわらずワイオミング州では「不戦勝」した上、全米規模の世論調査ではいまだに有力候補の一角を占めているミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事を加えた四つ巴、五つ巴の展開がしばらく続くものと予想されています。よって、今回の記事では候補者レースの構図が明確になった民主党の状況分析を紹介します。出典は、Washington Postと並んで民主党支持、就中、民主党左派を支持する立場を明確にしているNew York Times, "Clinton Escapes to Fight Another Day," By Adam Nagourney, January 9, 2008(窮地を脱したクリントン候補 けれど激戦は続く)です。著者権に配慮して、紹介は全体の三分の2にとどめました。

●Clinton Escapes to Fight Another Day

Hillary Rodham Clinton is back.
With solid support from registered Democrats and the backing of women who deserted her in Iowa, Senator Clinton beat Senator Barack Obama of Illinois with a margin that ― if not particularly wide ― was enough for her campaign to claim a resounding victory.

The political intensity of her victory was magnified by a weekend of polls and rapturous packed rallies for Mr. Obama that suggested Mrs. Clinton was in dire shape, particularly after Mr. Obama’s drubbing of her in Iowa.

Mrs. Clinton won in a state that has always had a warm spot for the Clinton family. There was no end to the comparisons to how New Hampshire saved Bill Clinton’s campaign in 1992, when he too seemed on the verge of defeat. (In that case, though, Mr. Clinton declared victory after coming in second place with 25 percent after being as low in 19 percent in polls.)

Political theatrics aside, there were lessons from her victory on Tuesday that could prove instructive as Mrs. Clinton and Mr. Obama head into this new phase of the campaign, with 25 states voting in the next four weeks. (John Edwards, who finished a distant third in New Hampshire after a second-place finish in Iowa, pledged to push on though he trailed far behind them.)


●クリントン候補窮地を脱して次なる戦いに進む
ヒラリー・ローダム・クリントンが戻ってきた。
民主党の登録有権者からの堅い支持とアイオワ州で彼女を見放した女性層の支援を得て、クリントン上院議員がイリノイ州選出のバラック・オバマ上院議員を打ち負かした。しかも、それほど大きな差ではなかったにせよ、彼女の選挙戦にとっては圧倒的な勝利と呼んでも許されるくらいの差で打ち負かしたのだ。

彼女の勝利の政治的な意義の大きさは、週末の世論調査結果とオバマ氏側の熱狂的な集会の数々、とりわけ、アイオワ州でオバマ氏がクリントン女史に痛撃を与えた後においてはクリントン女史は最早惨憺たるありさまであったことを鑑みれば一層重大である。

クリントン女史はクリントン家にいつも暖かい支援を与えてきたこの州で勝利した。このことはビル・クリントン氏の1992年の選挙キャンペーンをニューハンプシャー州がいかに救ったかということと比較すれば思い半ばにすぎるであろう。クリントン氏が敗北の瀬戸際に追い込まれているように見えたとき、(正にその時、19%の支持しかなかった世論調査の結果に対してクリントン氏は25%の票を取り2位につけ、勝利宣言を行なったのだから)

政治的なお芝居の話しは脇に置くとして、火曜日の彼女の勝利からは幾つかの教訓が読み取れる。25もの州が次の4週間で投票することになる、【ニューハンプシャー州の結果を受け】クリントン女史とオバマ氏が新しい選挙戦の段階に向かっている状況下では、その教訓はためになるのではなかろうか。(尚、アイオワ州で2位につけ、他方、ニューハンプシャー州では上位2者に大きく引き離された3位に終わったジョン・エドワーズ氏も、上位の二人に大きく引き離されているものの今後も選挙戦を継続すると明言している)



Mrs. Clinton solidified her position with Democrats, while Mr. Obama enjoyed, as he did in Iowa, support from independent voters. But many of the states where the Democrats are now heading allow only Democrats to vote in their party’s primary.

In New Hampshire, she was also viewed by voters as more qualified than Mr. Obama to be commander in chief, suggesting that her argument that she was more experienced to lead might have had traction here.

Most strikingly for Mrs. Clinton, it appears that woman in New Hampshire did what they did not do in Iowa: rally behind her by a margin of 47 percent to 34 percent, according to a survey of voters leaving the polls. Women voters in Iowa had been evenly divided between Mrs. Clinton and Mr. Obama.

Mrs. Clinton campaigned in the final days of the contest with her daughter, Chelsea. She emphasized her gender in a debate of the candidates on Saturday night, in which Mr. Edwards and Mr. Obama joined forces in attacking her. And in a gripping moment that was shown repeatedly on television stations on Monday night, Mrs. Clinton appeared momentarily overtaken by emotion when a questioner asked how she was enduring the strains of the campaign.・・・


クリントン女史が確固たる基盤を民主党支持者の中に固めたのに対して、オバマ氏はアイオワ州においてもそうであったように無党派の有権者層から手厚い支持を集めた。しかし、これから民主党の予備選挙が予定されている州の多くでは、民主党員だけが予備選挙での投票を許されている(★)。

また、精神力を運用してきた豊富な経験を彼女自身がアピールしたことによってだろうか、ニューハンプシャー州の有権者の目にはクリントン女史はオバマ氏よりも軍の最高司令官として相応しいように見えた。

クリントン女史にとって最も著しく重大な現象は、ニューハンプシャー州における女性の行動がアイオワ州におけるそれとは異なっているように見えたことだった。すなわち、投票の出口調査によれば、彼女を支持した女性有権者はニューハンプシャー州においては47%であったがアイオワ州では34%だった。アイオワ州の女性票はクリントン女史とオバマ氏の間でまっ二つに分かれていたのだから。

クリントン女史は【ニューハンプシャー州の】選挙戦の最終日を娘のチェルシー【・クリントン】と共に闘った。チェルシー・クリントン嬢は日曜日の夜に行なわれた候補者どうしの討論におけるクリントン女史の性別を強調した。というのも、その討論ではエドワーズ氏とオバマ氏は力を合わせてクリントン女史を攻撃したのだから。而して、繰り返し繰り返し月曜日の夜にTVで放映されたその瞬間がやってきた。人々の心を強く捉えた瞬間。すなわち、ある質問者が選挙戦の重圧にどのようにして耐えているのかを聞いたとき、クリントン女史が一瞬感極まったように見えた瞬間である。(中略)

★KABU註:Primary closed and Primary open
アメリカ大統領選挙の予備選挙では、Primary closed(閉鎖型予備選挙)とPrimary open(開放型予備選挙)の2種類がある。前者は、党の大統領候補を選ぶ予備選挙や党員集会において、事前にその政党に登録している人(登録済み党員:registered Democrats or registered Republicans)だけが投票できる制度であり、ほとんどの州はこの方式。他方、後者は党の大統領候補を選ぶ際に他の政党や「無所属の有権者」(independent voters)も投票できる仕組み。アイオワ州とニューハンプシャー州は数少ないPrimary openの州だったのです。



At the start of the campaign, Mrs. Clinton’s advisers had believed that Mr. Obama’s promise of a different kind of politics ― free of the sharp elbows and attacks of the past generation ― would handcuff him from running an effective campaign. As she leaves New Hampshire, the reverse appears to be true: it is the Clinton campaign that is handcuffed by the aura that surrounds Mr. Obama. Every time either Clinton or one of their surrogates attack Mr. Obama, they stand as reminders of the kind of politics that Mr. Obama has vowed to transcend.

New Hampshire was always remembered as a turning point for Mr. Clinton in his march to the nomination. But there are important differences between that contest and this one. Mr. Clinton was facing a fractured field that included no particularly strong candidates. In Mr. Obama, Mrs. Clinton is facing an opponent who is nearly as well-financed as she is and who at times this weekend seemed to be more of a movement than a candidate.

In Iowa and to a lesser extent here, he drew first independent and young voters to the polls; his political appeal is unusual.


選挙戦が始まったばかりの頃にはクリントン女史の【選挙】参謀達は、今までとは違う種類の政治を目指すというオバマ氏の公約、すなわち、他の候補に対するネガティブキャンペーンをしないこと、そして、過去の世代を攻撃する【=過去の政治からの脱却を目指す】という公約が効果的な選挙戦を戦う上でオバマ候補自身の足枷になるものと楽観していた。しかし、ニューハンプシャーの戦いを終えたクリントン女史が同州を去る段において、真実はその逆であることが明らかになってきた。すなわち、オバマ氏の醸し出すオーラに拘束されているのはクリントン女史の選挙戦の方なのだ。畢竟、クリントン女史またはその代理人の誰かがオバマ氏を攻撃する都度、彼等はオバマ氏がそれらを乗り越えると誓約し続けてきた類の政治を連想させるものとして立ち現れる寸法になっているのだから。

ニューハンプシャー州は民主党の大統領候補指名獲得の行軍においていつもクリントン氏にとって転換点になってきた。このことは忘れられることではない。しかし、これまでの指名レースと今回のそれとの間には幾つかの重要な違いがある。それは、クリントン氏は、大して強力な候補者がいない、かつ、各個撃破可能な対立候補陣を相手にしていたのに対して、クリントン女史はオバマ氏という資金力の点でも彼女に優るとも劣らない対立候補との一騎打ちに臨んでいるということだ。オバマ氏といえば、今週末には時に民主党の指名レースに出馬している単なる一人の候補者ではなく一個の社会現象になった感さえある。

アイオワ州において、そして、ニューハンプシャー州ではアイオワ州の場合より幾らか少なかったとはいえ、何と言ってもオバマ氏は無党派層および若い有権者を投票所に向かわせたのであり、彼の政治的な魅力は尋常ではない。


◆翻訳紹介の続きは、FC2版の同記事(↓)をご覧ください。
http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-329.html

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ大統領選
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube