日本のイメージを毀損し続ける朝日新聞の害毒--英語版では「従軍慰安婦」を温存する朝日的の姑息

cdbcbb0833d0b3fc6f102566ffdf2711.png

朝日新聞は、2014年の夏、そう、一昨年の盛夏から初秋にかけて所謂「従軍慰安婦」なるものについての同社の誤報を認めました。それは、「謝罪」はあくまでも拒むものであり、かつ、ちょうど秋雨前線が日本列島にかかる中、<弁明>を五月雨式に逐次追加するどこまでもどこまでも限りなく未練たっぷりのものだった。けれども、結局、朝日新聞は自社の誤報とそれを長年放置してきた落ち度は認めた。このこともあり、この誤報告白から20カ月余を経た現在、以下のことが日本の有権者・国民の共通認識となったと思います。

(a)従軍慰安婦なるものの不存在
(b)慰安婦とは公娼であったこと
(c)日本は戦争責任/戦後責任を完全に果たしていること
(d)河野談話は戦争責任とは位相を異にしていること


蓋し、(a)「従軍慰安婦」の不存在:--戦犯事件として終戦直後に処理されていた、インドネシア等におけるオランダ関連の幾つかの事例とは別のものである--①組織的、かつ、②強制的に、③日本軍により④性奴隷にされた⑤日本人以外の女性、という「従軍慰安婦」などはこの世に存在したことはない、ならば、(b)「慰安婦」とは当時は--そして、現在でも、ドイツ・オランダ等々、所謂「民主主義を信奉する先進国なるもの」を含め世界の圧倒的多数の国々で--合法的な存在である「公娼」に他ならなかったこと。

(c)いずれにせよ、--すなわち(a)(b)とは無関係に--日本は、サンフランシスコ平和条約、および、日韓条約・日蘭条約を最後にする数多の2国間条約に基づきドイツとは違い、1960年代には--実は、「ドイツ国家」としての、かつ、「ユダヤの人々以外の諸国民・諸民族」に対する戦争責任を(冷戦構造崩壊に至るまでは、特に)、ほぼスルーしてきた不誠実なドイツとは違い--、国際法の歴史において類例のないほど完全に日本国は戦争責任/戦後責任を処理していること。(d)よって、所謂「河野談話」なるものは、あくまでも、女性の権利を巡る現在の基準から反芻した結果、畢竟、人道的な見地から出された慰めの言葉であり、それは、間違っても、法的と道義的とを問わずあらゆる意味で「日本の戦争責任」と関係するものではないこと。これら、(a)~(d)がようよう国民の共通認識になったのだと思います。めでたし、めでたし。

・桜散りて慰安婦問題の終了をあらためて実感--やはり、「慰安婦問題は朝日新聞問題」だった--
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/40f15ca831e9edb3a9eb8ebd755ea349



「慰安婦問題」についてだけでも、一昨年からの事態の推移を、よって、日本社会の共通認識の構造的な転換を反芻するとき、NYTやWPST、ガ-ディアンやルモンド等々の海外のリベラルメディア、および、それらのレベラル派の巣窟というか阿片窟に屯するリベラル派インテリさんの達の寄合所「国際人権理事会傘下の人種差別撤廃委員会」や「国境なき記者団」は--それらが出す記事や声明は、朝日新聞や毎日新聞の主張をもとに脆弱な根拠に基づき思い込みで書かれた、<黄金の反日壁パス>による、文字通り「縦のものを横にした文字列」にすぎない。例えば、安倍談話(2015年8月14日)を報じたニューヨークタイムズの記事、J.SOBLEAUG記者の「Shinzo Abe Echoes Japan’s Past World War II Apologies but Adds None:安倍談話は第二次大戦に関するこれまでの日本政府の謝罪を棒読みしただけの不誠実なものだった」(Aug. 14, 2015)。談話の4カ月前に出された--よって、それは反日リベラルの左翼(リベサヨ)の立ち位置から「安倍談話」を牽制したものとも言え、ある意味、談話以前のものであるがゆえに、逆に、反日-親支那に立つNYTの本音がより明確な--同紙社説「Shinzo Abe and Japan’s History:安倍晋三と日本の歴史認識」(APRIL 20, 2015)。加之、NYTや英国のガ-ディアンとともに反日-親支那系の代表的メディア、ワシントンポストの記事「Japan’s leader stops short of WWII apology:日本の首相が行った第二次大戦に関する謝罪は謝罪のようなものでしかなかった」(Aug. 14, 2015)などは今から読めば気の毒なくらい痛々しい。そう、これら海外のリベラルマフィアは、--下世話に言う「屋根に登って梯子を外された」恰好になっている。それ、最早、痛々しい限りの情景、鴨。そう、それ--自らが造った表象に自分の認識も行動も規定されるという、あのー-「トーテムポール」の呪いの類、鴨。



内容的には「痛々しい限り」ではあるけれども、しかし、アメリカや英国のほとんどの読者にはそれらの「文字列」群はそうは受け取られないだろう。なぜか、それは上記(a)~(d)の認識が彼の地の読者に欠落していることはもちろんですが、その貧しくも乏しい認識の背景は更に寒々しいものだから。すなわち、米英のほとんどの読者には、実は、所謂「従軍慰安婦」なるもののにせよ所謂「南京大虐殺」にせよほどんとまったく関心のないイシューだからです。というか、日本を含む東アジアの出来事への関心など、中東や東欧や南米の事態へのそれと比べれば、「月とスッポン」とまでは言わないけれど、誇張抜きに、そう、「我が家の一人娘の大学入試の結果への関心と、近所のコンビニのあえば会釈ぐらいはするかもしれないスタッフさんの小学3年生の娘さんの駅前のピアノ教室の来月の月例発表会での出来映えに対する関心」くらいの差は少なくともあると思います。

何を言いたいのか、それは、関心が乏しいがゆえに読まれること少ないからこそ、逆に、これらの記事をたまたま目にしたアメリカ人や英国人のほとんどすべてはこの記事に書かれていることを事実、少なくとも事実の一面くらいは報じたものと受け取るに違いないということ。これ「痛々しい限り」などではなく「苦々しい限り」のこと。而して、多分、この1年程の間に米英で書かれた--就中、リベラル派のインテリさんでもない、健全な普通のアメリカの人々の--ネット上の言説が、その事実認識の水準を見るとき1年前と比べてほとんど変化がない状況を鑑みるにつけ、「苦々しい限り」というこの想定は満更間違いではないと思うのです。

(ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。


まして、朝日新聞はこの20カ月の間も姑息に反日を続けているらしい。詳しくは『正論』(2016年5月号)所収の山岡鉄秀さんの殊勲作「姑息! 朝日が英語で続ける慰安婦「強制」プロパガンダ」(pp.210-215)をご覧いただきたいのですが、朝日新聞は、現在でも、日本文の紙面にないフレーズをその記事の英語版に書き続けているらしいのです。それは喧嘩上等じゃなかった反日常套の定型句。こんな感じです(下線はKABUによるもの)。

>2016年1月6日
Comfort women is a euphemism for women who were forced to provide sex to Imperial Japanese troops before and during World WarⅡ. Many of the women came from the Korean Peninsula.・・・such women who were forced to provide sex to wartime Japanese soldiers.

>2016年1月27日
"Comfort women," as they are euphemistically called, were forced to provide sex for Japanese soldiers before and during World WarⅡ. Many of them were from the Korean Peninsula, which was under Japanese colonial rule until the end of the war.


>2016年2月2日
Comfort women refer to those who were forced to provide sex for Japanese troops before and during World WarⅡ. Many of them were from the Korean Peninsula, which was under Japanese colonial rule from 1910 to 1945.

>2016年2月5日
Comfort women, a euphemism for women who were forced to provide sex to members of the imperial Japanese military before and during World WarⅡ.

>2016年2月8日
Comfort women is a euphemism for women who were forced to provide sex for Japanese troops before and during World WarⅡ. Many were from the Korean Peninsula, which was under Japanese colonial rule from 1910 to 1945.


(ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。


このフレーズと次の--「痛々しさ」が確定する前の数年前の--NYTやWPSTの記事比べてみてください。はい、朝日新聞の説明は、「痛々しさ」を容認するもの。これ、内弁慶ならぬ外弁慶の開き直りかしら?


▽Another Attempt to deny Japan's History
(New York Times Editorial, January 2, 2013)
He【Mr. Abe】has signaled that he might seek to revise Japan's apologies for its World WarⅡ aggression, including one for using Koreans and other women as sex slaves.
安倍首相は、第二次世界大戦を巡ってこれまで出されてきた日本の謝罪を見直す意向を示唆している。而して、その謝罪には韓国・朝鮮その他の女性を性奴隷として運用してたことに対する謝罪も含まれているのだ。

In 1993, Japan finally acknowledged that the Japanese military had raped and enslaved thousands of Asian and European women in army brothels・・・.
1993年になってようやくのことだけれども、日本は、日本軍がアジアおよぶヨーロッパの数千名に裳及ぶ女性達を陸軍の売春宿で陵辱し、奴隷状態に置いていたことを認めた。

▽Women Forced into World WarⅡ Brothels Served necessary Role, Osaka Mayor Says
(New York Times, May 13, 2013)
・・・so-called comfort women who served Japanese soldiers in military brothels・・・
慰安婦と呼ばれている女性、すなわち、軍の買春宿で日本軍の兵士達を相手にさせられていた女性達のことだけれども・・・

▽On anniversary of Japanese surrender, issue of war history remains touchy
(Washington Post, August 15, 2013)
Conservatives in Japan, Abe among them, tend to view that era as a high point of Japanese glory and ambition — all while rationalizing the army’s systematic use of sex slaves.
他方、安倍首相を含む日本の保守層は、この期間こそ日本の栄光と大志が勇躍雄飛した日本人が誇るべき最も重要な時代だったと看做す傾向がある--而して、日本の保守層は、日本軍による性奴隷の組織的運用を断固として正当化し続けているのだけれども。・・・

Osaka Mayor Toru Hashimoto, known for his nationalist views, said in May that the sex slaves — euphemistically called “comfort women” — who were forcibly recruited by Japanese occupation troops in China, Korea, the Philippines and other Asian nations were a “necessary” part of war.
その民族主義的な世界観で知られている大阪市長の橋下氏は、5月に、性奴隷は戦争の局面においては必要だったと述べたのだ。ちなみに、婉曲に「従軍慰安婦」と呼ばれている性奴隷は、支那、韓国・北朝鮮、フィリッピンその他の日本が占領していたアジア諸国から日本の占領軍によって強制的に(forcibly)集められたものである。


(ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。



ほんま、「びっくりぽんやわ」です。しかし、もちろん、同じ記事とはいっても、作り手側なら英語版には英語版なりの読者層を誰しも想定するだろうから、朝日新聞が、英語版には--英語版の読者は東アジアの近現代史に詳しい方々ばかりではないだろうから--補足説明的な情報を加えること自体は寧ろ当然だと思います。上に書いたことの繰り返しですが、朝日新聞の英語版の読者の方で「東アジアの近現代史に詳しい方々」に出会うなど、渋谷で処女の女子高校生に遭遇するよりも難しいとは言いませんが、間違いなく、石原都政前(~1999年)の都立高校でTOEIC900点以上を持っている英語科教員を見つけるくらいには難しかったと思いますから。

而して、問題はこの<常套句>の内容。殊勲打の山岡鉄秀さんは優しいから、大凡、朝日新聞に聞けば「were forced」は、物理的・制度的な「狭義の強制」ではなくて、究極、謂わば「時代が悪かった」「社会が悪かった」的な、そんな社会的経済的な要因を含む「広義の強制」の意味なのですとか言うのだろうが、しかし、この常套句が英語版だけに付け加えられているのは「反日プロパガンダ」としか言いようがないのではなかろうか、とか述べられていたと思う。しかし、英語屋さんとしてはそんな優しい理解はできません。簡単です。

第一に--他動詞の「force」は動作動詞である、というか非完結型動詞(Non-conclusive verb)ではないのだから--「be forced」が「be forced to provide sex」に、加之、「provide sex」が「provide sex for/to +[その女性と敵対的もしくは疎遠で、かつ、その女性の行動を彼女の意志にかかわらず左右できる体勢でスタンバッている、その女性よりも遥かに強大な組織体]を表す名詞類」と連続した場合、「be forced」には狭義の強制以外の意味はないからです。「デートに5分遅れただけやのに、彼氏にセブンイレブンで肉まん買わさせられたがな、ほんま強制はあかんで~♪」と「be forced to provide sex for/to +疎遠かつ強面でスタンバッている組織体」は意味論的に全く別の範疇だということ。


第二に、「~についての婉曲表現:a euphemism for」「婉曲的に言えばぁー:euphemistically called」「~の語義で使っている:refer to」のフレーズが「be forced to provide sex」と同一センテンスで用いられた場合、読者はそこに「PC:politically correct」もしくは「18禁:X-rated; adults only, or 18 and older」的な情報を読み取る。PCが実定法的な社会規範として間主観的に成立しているアメリカ社会では100%そうなる--ならば、「疎遠かつ強面でスタンバッている組織体」が「慰安婦:Comfort women」に「性サービスの提供:to provide sex」を「強制:to force」したという事態は、被害者女性への政治的倫理的配慮から(PC)/18歳未満には刺激が(性的のみならず暴力的という点で)強すぎるから(X-rated)、ダイレクトには書いていないけれど、それは、狭義の強制によって--同語反復ですが、「無理やりに」--女性達を性奴隷状態に置いていたこだろうという誤解に読者は見事に整然と誘導されること。

これネットウヨの被害妄想的の考えすぎ? いえいえ、これ、ネガとポジの法則。「書きたいけどPCの観点を鑑み生の現実は書いていません」と明確に書いてある以上、読者は「be forced to provide sex for/to +疎遠かつ強面でスタンバッている組織体」という単語列から100%この誤解に誘導されます。


第三に、「ここの述語動詞、受動態だからぁー、まして、動作主体を表す「by+名詞」が書いていないからぁ-、誰が強制したかわからないようになってるし、だから、うちら的には「日本軍が強制したのですよー!」なんて朝日新聞は主張しているわけではありません」などの言い訳も成り立たない。

これに加えて、朝日新聞が「be forced to provide sex」にすなわち「広義の強制」なるものを読み込ませたいなら、語修飾かコンテクストでか、そのいずれかで--日韓併合以前よりは格段に改善したとはいえ、当時の朝鮮半島の庶民の貧しくすさんだ暮らしぶりや、端的に、実の親から売られる少女も少なくなかった状況なりを--補足しない限り「広義の強制」など誰一人思いつきもしないということ。そして、読者は--補足情報がないのだから、同様に--、逆に、動作主体を表す「by+名詞類」が書かれていない以上、その強制の主体は「provide sex for/to」の直後にくる名詞類--もしくは、例えば、「セブンイレブン←セブンアイホールディングス」「山健組←神戸山口組」「全教←日本共産党」「朝日新聞←支那政府」の如き、論理的か、もしくは、意味論的にその名詞類を支配する権能のある親分筋の名詞類--としか考えません。


最後に、けれども最も枝葉末梢のことではなく、これでも、もし、朝日新聞が「それでも地球は廻っている」じゃなかった「ネットウヨの皆さんが--政治学研究者の三浦瑠麗さんによれば、「日本国民・有権者の7割は保守派」ということだからして、遠慮なく書かせていただくけれど、「国民の圧倒的多数派の保守系市民の皆さんが」--どう思われようとどう感じられようとも、<作者>である朝日新聞自体が「be forced」は「広義の強制」と言ってるのですから、この英語版の常套句は反日的なものでもないし、姑息なものでもありません」と言うとしたら、それは--おいおい、80年代半ばに麻疹のように流行ったあのポストモダンの「テクスト理論」でさえ今ではもう行方不明状態というのに、それ以前の牧歌的な吉本隆明ばりの<作者独裁君主説>を持ち出すなよ、と、仮想問答ながら、そして他人事ながら心配になります--、「犬」という字を朝日新聞では「太」の意味で使ってるんです。それのどこがおかしいというのですかというのとあまり変わらないコミュニケーション論的に破綻した物言いである。このことをリベサヨは自覚すべきだと思います。




畢竟、朝日新聞は可及的すみやかに現在の常套句を撤回するか書き換えるべきではありますまいか。いずれにせよ、「公娼としての慰安婦」ということならばその構成員の最大派閥は日本本土出身であった事実、加之、なにより、「1910年~1945年の間朝鮮半島は日本の植民地支配下にあった:be under Japanese colonial rule from 1910 to 1945」という--読者をミスリィーディング(misreading)に粛々と確実にミスリィード(to mislead)するだろう--歴史的事実の間違いは修正しないといけないでしょうから。と、そう私は考えます。でもって、書き換えるならこんな感じかな、これならまあいい、鴨でしょうかね。

▼Supplementary Explanation of so-called "Comfort women" by KABU
Comfort women is a euphemism for women who were professional prostitutes working at a just brothel or in a licensed prostitution system, while the licensed or government-approved prostitution system is not prohibited under both the international law and even many a Western country's law in those days as well as now, in Asia-Pacific regions under Japanese occupation before and during World WarⅡ. Many of them were from Japan, and many of others from Korean Peninsula, which was, from the point of view of the international law then existing, fundamentally an integral part of the territory of Japan from 1910 to 1945.


蓋し、ならば、朝日新聞の害毒は現在進行形ということ。ならば、我々、日本国民・日本市民の圧倒的多数派である保守系市民は、朝日新聞にこそ社をあげて、これらの海外のリベラルメディアの報道に対する反論を行わしめるべきではないでしょうか。でも、

б(≧◇≦)ノ ・・・暴力はだめですよ~!

念の為、

б(≧◇≦)ノ ・・・暴力の予告も駄目ですよ~!

更に念の為、

б(≧◇≦)ノ ・・・「うちの若い者は、あたしの言うこと聞くおとなしいもんばかりやのうて、
         わても困っとるんですわ」てなのも、駄目ですよ~!


それら「敵=反日リベラル:リベサヨ」の思う壺ですから。畢竟、蟷螂の斧にせよ、逆に、
反撃の方法、すなわち、市民が朝日新聞に対してやれることはいくらでもあると思います。

<関連記事>
・英語教材として読む安倍談話(英文全文)【前口上】【本編1~13】【余滴】
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f169c76ce342703e5816dc9ce8b9e0f1

・第二次安倍政権を米英はどう理解してきたか、その<現実>を体得するための自家版リスト(改訂)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5d7f39e2bd8b0aa925c02dc9b5a77b12 






スポンサーサイト

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube