安倍総理、公明党の党首も兼ねるって?ちと、働きすぎじゃないかい♪


 

確かに、ビクトリア女王は「インド皇帝」も兼ねていたし、かの悲劇のおっちょこちょい女王にして女王エリザベスの憎めない宿敵、従姉妹メァリ・スチュワート女王のその忘れ形見、ジェームズ1世も、スコットランド国王とイングランド国王を兼ねてはいたのだけれど・・・。


自民党総裁だけでなく公明党の党首も兼ねるのですか、安倍総理? 健康面も熟慮したうえでのことでしょうが、ちと、働きすぎじゃないかい、安倍総理? 違うのかな。下のほうの写真の優しさそうな男性は公明党の山口代表に似ている気もするのだが、小さくてよくわからん。





福岡の公明党は、あの悪夢の民主党政権ができたとき、「自民党との連携を清算するかね」という意見もなくはなかったらしい党中枢筋に対して、「今まであげーん、一緒に苦労して戦ってきたとに、そん友人が困っとっとば見捨ってか?」「こげんかときこそ支えんでどげんすっか!!」「そげんかリベラル派のごたる人非人な仏罰のあたっぞ」とかなんとかで、公明党内の「世論」を牽引して、もって、世界的にもまれではないが、けっして多くはない「連立野党」体制実現の動因のひとつになったところ。

些か、「春秋」の筆法になるのだけれど、要は、福岡は「第二次安倍政権」の発祥の地の一つとさえいえる。それ、一旦、京で破れた足利尊氏公が、1336年、民主党政権が2009年にできるまでの、わが国で史上最悪・最低の後醍醐政権(鳩山由紀夫と菅直人を足して2でわって5分の4掛けたようなやつのファンタジックな政権?)に対する反転攻勢をかける端緒になった「多々良浜の戦いの古戦場」(福岡市東区の流通センターのあたり、だっけ?)に比すべきもの。すなわち、福岡公明党は「平成の少弐氏≡現代の宗像氏」。己をむなしゅうして、もって、国を正道に戻した勲一等の功労者。

而して、その潔さと値打ちは、例えば、「政権交代必至」と見るや、選挙告示直前(!?!)、麻生総理に後足で砂かけ離党して、今はもうない、なんだっけ、みんなのなんちゃらの党に鞍替えした。そして、あろうことか、今は民主党(党名ロンダリングで「民進党」)に流れ着き、衆議院福岡3区から再出馬しようとしているらしい、元の小泉チルドレンの「山内康一」なんかの「仏罰」もんの小賢しさ見苦しさとは極性のもの。





いずれにせよ、安倍内閣、安倍・麻生の両総理を支持する、谷垣幹事長を信頼し、稲田首相に占領憲法の粉砕を期待するコアな自民党支持者は、福岡の公明党の恩を忘れはしない。まして、この候補者の方は麻生総理のお膝元、飯塚のご出身。つまり、文字通り「宗派」は違え、「麻生ヶ庄≡麻生公国」出身の娘、身内。

あったことないし、わたしが、人事院枠の留学研修にたずさわらなくなってからのコロンビア大学院留学ということで、ほんとのところの英語のスキルも知らないのだけれど・・・。福岡の、ゆえあって、「自民党には投票できないが、まさか、あの民主党あらため民進党には絶対に入れるわけがない!」という向きには(よかよか、ここは自民党支持者のブログばってんくさ、同じ保守派市民ちいうたっちゃくさ、各自めいめい、自分の考えもあろう好みもあっとがあたりまえたい♪)、この公明党の元外交官の候補者の方は、当選可能性をにらんだうえでも、おおさか維新の候補者の方と並んで有力選択肢、鴨。

実際、福岡にはあの反日リベラルの古賀誠の影響もまだ少し残っているから、(党の綱領に明記されているのだから、また、選挙マニフェストにも掲げられるのだから、改憲に率先して汗をかくべき)自民党の候補者が「憲法改正に消極的」なようなら、まだしも、党として一丸となって(同じ改憲に消極的にせよ、)憲法改正の議論にも逃げずに向き合ってくれそうな公明党の、そんな公明党の若くて馬力のある明るく聡明そうなこのお嬢さんが(「王位継承は無理無理、絶対に無理!」の状況を結局は異母姉女王・ブラッディ・メァリの慈愛もあって戴冠した如く、)「福岡のエリザベス」になるほうが、憲法改正に向けてもいいの、鴨。遅くなるようでそれが確実だし、何よりそれが改憲の本道、鴨。と、そう私は思います。


なんせ、「イングランド国王にしてスコットランド国王、ハイランドの族長の中の族長ロイヤルスチュワート」安倍党首ご自身が彼女を応援する、と言おんなさっとじゃけん、のも(微苦笑)。





先日、帰省の折に久留米の石橋美術館に『風景画の誕生』展を見に行った帰り、
散歩していて、この「安倍党首」のポスターを筑後川沿いの街角で目にして、ふとそうかんじました。

(* ̄∇ ̄*)


占領憲法の改正または占領憲法の破棄
に向けて、共に闘わん!



・自民党に入党しませんかーー支持政党の選び方に関する覚書
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11764121326.html
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube