和書限定-法哲学の入門書紹介 でも、少し古いよ(笑)

socrates


法哲学とは何を考える学問領域か? この古くて新しい質問に平明簡潔に応えたのが、矢崎光圀『法哲学』(筑摩書房・1975年12月)である。特に、第1章第5節「法哲学の五つの仕事」は日本の法哲学界の共有財産と呼ばれる知見がコンパクトにまとめられている。私の恩師の一人で、英国の分析法学の紹介者として高名な八木鉄男先生のご縁で矢崎先生とは何度かシンポジュームとかでご一緒させていただいたけれど、はっきり言って矢崎先生は、驚異的な語学のセンスの持ち主であるだけでなく「頭がいい」という言葉はこの人のためにあるという印象の方だった。同じ著者の『法哲学』(青林書院・2000年1月)は法理論よりも法現象、理論の帰結よりも理論が構築されるプロセスに焦点を当てたもので初心者にはこちらが解りやすいかもしれない。


法学を学び始めた頃、誰もが感じる快感は、世の中の現象(もちろん、社会的な現象に限られるが、)を法的に理解する/法的に説明することができる快楽である。「今PCに向っているが、これも電力会社との電気供給の契約が履行されているのだ」とかの他愛もない類の知見でも、何かの切り口で世の中を統一的に再構築する経験の乏しい学部生には感動もんである。しかし、何かの学的領域が成立しているということは、その学的領域のパラダイムと学的領域特有の言語で世界を再構築できるということに他ならない。簡単な話だ。経済学者は経済学的に世界を眺め、法学者は法学的に世界を眺めるということ。そして、法学や経済学とはそのようにして眺められた世界のことである(否、そのような特殊な眺めを可能にする認知の枠組みとその認知枠を形成する独特の言語こそが法学や経済学なのである)。

蓋し、法学特有のパラダイムと法学特有の言語の性質と構造を吟味することが法哲学の主要な分野の一つである。この分野に関しては日本の法哲学を代表するテキストが、碧海純一『新版法哲学概論』(弘文堂)。初版は1959年1月、新版が1968年2月、全訂第1版が1973年2月、そして、全訂第2版は1989年に出版されている。現在の全訂第2版補正版は2000年12月の出版(この版は小林公さんと森村進さんとの共著である)。分析哲学に収斂した論理実証主義とカール・ポパーの批判的合理主義に根ざす本書の筆致は日本の法哲学に一時代を築いた。概念実在論的なヘーゲルやマルクスを斬り捨てる論理は美しいほど暴力的である。これでも本書の初版が持っていた「偶像破壊的」な持ち味は版が改まるに従い大人しくなったらしい。私はこの著書を批判的に読む立場にあるが、公平に見て、文章の解りやすさという点では類書中最良のものの一つだと思う。尚、「哲学を否定するがごとき碧海法哲学」への伝統的な法哲学的見地からの批判としては竹下賢編『実践地平の法理論』(昭和堂・1984年9月)および竹下賢『法 その存在と効力』(ミネルヴァ書房・1985年10月)の他、法哲学の領域における私のもう一人の恩師、加藤新平先生の『法哲学概論』(有斐閣・1976年2月)の第2章「法哲学の学問的性格」、デユーウェル『法意識と実存的決断』(理想社・1975年6月)を参照していただきたい。

国旗・国歌の強制は憲法違反だ。こんな戯言を目にするとき、これらの主張を述べられる論者にとっては憲法の内容など自明の事柄なのだろうなあ、羨ましいなと私は感じてきた。でもね。でも、憲法とか法律とかそんなに明確なものかね? 条文や判例から法の意味内容を掬い取るためには<解釈>という思考が必ず伴なわなければならないのではないか。しかも、上に引用した長谷部さんの言葉を借りれば、「専門の法律家による解釈」というプロセスでね。では、法とは何か? 法の意味内容は何を見れば(どのような作業を行なえば)発見できる/創造できるのか? この前者の問題を扱う法哲学の分野が法概念論、後者の課題を担当する分野が法学方法論。

法概念論について最も滋味豊かなテキストは、先程も紹介した加藤新平『法哲学概論』(有斐閣・1976年2月)である。本書は著者ご自身「教科書というより論文集」と言われていたようにテキストとしての出来栄えは正直良くない。教科書としての使い勝手も悪い。否、最悪だ。しかし、加藤法哲学のアンソロジーとしては芳醇かつ凄みのある作品だと思う。特に、第4章「法の概念」。この章だけで141頁。法の概念と密接に関連する第3章「自然法と実定法」を併せると270頁。実に本書の60%を占める大論文である。本書は決して読みやすくはないが損はしない著書である。

八木鉄男『分析法学の研究』(成文堂・1977年7月。但し、本書の主要部分を成す第1篇『分析法学の潮流』は1962年に出版されたもの)、同『分析法学と現代』(成文堂・1989年7月)、尾高朝雄『法の究極に在るもの』(有斐閣・1955年3月)、カール・シュミット『憲法論』(みすず書房・1974年5月。尚、本書には尾吹善人さんの訳、『憲法理論』(創文社・1972年)もあり、両訳書とも名人芸と言える)、H.L.A ハート『法の概念』(みすず書房・1976年2月)。これらは法概念論の必読文献だと思う。但し、最後者は訳文の文章は解りやすいが(何故なら、語学の名人・矢崎光圀先生の監訳である)、ハート自身のバックボーンたる分析哲学についての理解がないと内容の理解には限界があると思う。下手をしたら、「ハートの言う第1次ルールと第2次ルールの差異は、結局、憲法と法律との違いだ」、「いやいやそれはケルゼンの語る根本規範と憲法以下の実定法に対応している」とかの出鱈目な理解で終わる可能性が少なくないだろう。その点で、今更、分析哲学を勉強する余裕も義理もない方が『法の概念』を読まれる場合には(法哲学者の著書ではないが、)、橋爪大三郎『言語ゲームと社会理論』(勁草書房・1985年8月)の第1章と第2章の併読をお勧めする。尚、「道徳は法か」とか「ヤクザ社会の常識は法か」、「違憲のイラク派遣の命令を自衛隊員は拒否することができるか」等々の法律談義の定番の論点。それらの論点と地続きの法概念論のテーマ、専門用語で言えば「悪法論」に関しては、八木鉄男『悪法論と法実証主義』(同志社法学第98号所収)か、井上茂・矢崎光圀・田中成明編『講義法哲学』(青林書院新社・1982年1月)所収の八木鉄男「悪法論」を参照していただきたい。


法の意味内容はどのようにして発見/創造できるか? 法学方法論の教えは、オカルト的や心霊術的な天才の技を除けば、大きく二通りしかないと私は思う。即ち、(イ)法体系-法秩序からのアプローチと、(ロ)ある価値体系からのアプローチである。前者は、その意味内容を求めようとしている条文や判例の主意が属している法体系全体からそのパーツである当該の法規範の意味を復元するアプローチであり、後者は万人が(ここが問題なのだが、)、納得するある法的-社会的価値から当該の法規範の意味内容を確定するアプローチである。

これら二つのアプローチ方法とも完全なものではない。前者の弱点は法体系-法秩序の範囲や意味自体が往々にして不明確であることであり、後者の弱点はある法的-社会的価値の意味内容が不明確であるだけでなくその「万人に対する正当性」を論理的には誰も担保できないことにある。法規範の意味内容(例えば、憲法の意味も教育基本法の意味も)そんなに自明なものではない。

前者の(イ)体系的なアプローチ方法を知る絶好の著書は井上茂『法哲学』(岩波書店・1981年6月)、同『現代法』(日本放送出版協会・1970年4月)、同『法規範の分析』(有斐閣・1967年12月)、同『法秩序の構造』(岩波書店・1973年4月)。そして、翻訳が凄まじく難渋ではあるが、ハンス・ケルゼン『純粋法学』(岩波書店・1935年4月)、『一般国家学』(岩波書店・1936年11月、1971年1月)は体系的な法学方法論の原型を作ったケルゼンの著作でありやはり一読をお勧めしたい。『一般国家学』をケルゼン自身が(しかも、母語たるドイツ語ではなく亡命の地の言葉英語で、)、書き直した"General Theory of Law and State"の翻訳もでている。尾吹善人訳の『法と国家の一般理論』(木鐸社・1991年9月)。

偉そうな物言いではなく、私は旧版のドイツ語原書も翻訳も英語の新版原書も読んでいるのでそう感動はしなかったが、尾吹さんの訳は可能な限りリーダーフレンドリーネスに配慮された好訳だと思う。私は、井上茂先生の<法体系論>に極めて強い親近感を覚えてきた。20年近く前、私が主催したある講演会の準備ミーティングで、何の弾みか、井上先生が自ら「法体系や法の秩序というのは、憲法を奥行きにして軽犯罪法とかが、法体系全体として社会に押し出すんですよ」と言いながら、お臍の少し上あたりの中空に両腕とご自分のお腹とで三角形を作られ、その三角形を身体ごと13センチほど前方に「押し出」して井上法哲学のエッセンスを説明して下さったのを昨日のように覚えている。

法学方法論のもう一つのアプローチ方法たる(ロ)法的-社会的価値から法規範の意味内容を確定する方法を知るには、実は、法概念論の領域を越えて、所謂法価値論についての基本的な知識が不可欠である。そりゃー、そーでしょう。法がどんな価値を実現しようとしているのかを知らず、どんな価値や理念が法規範に昇華してきたかを知らないで、価値と法規範の関係を理解することなどできないだろうから。而して、下記に紹介する書籍は、①法価値論、即ち、法的な価値のメニューと法思想の歴史、ならびに、法的な価値と法規範の協働関係を検討する作業をカバーするものと、②法学方法論プロパーに思考の焦点を集中しているものの両者を含む。

先ず、①法価値論・法思想史をカバーするもの。八木鉄男『法哲学史』(世界思想社・1968年6月)、加藤新平『新版法思想史』(勁草書房・1952年5月)、伊藤正巳『近代法の常識』(有信堂・初版・1960年10月、第三版・1992年10月)、および、井上茂『自然法の機能』(勁草書房・1961年9月)。また、法哲学の標準的なテキストではあるが、学説史に目配りしつつ妥当な法解釈をいかにして実現するかの点に意を注いだテキスト群として、尾高朝雄『改訂法哲学概論』(学生社・1953年5月)、団藤重光『法学の基礎』(有斐閣・1996年2月、但し、本書の前身『法学入門』(筑摩書房)は1973年に出版された)、矢崎光圀&八木鉄男『法哲学入門』(青林書院新社・1978年7月)、および、碧海純一『合理主義の復権 反時代的考察』(木鐸社・1973年10月)及び碧海純一編『法学における理論と実践』(学陽書房・1975年10月)と原秀男『価値相対主義法哲学の研究』(勁草書房・1968年4月)、小林直樹『憲法の構成原理』(東京大学出版会・1961年3月)。

そして、②法学方法論の領域にフォーカスする法哲学の基本書として是非ともお薦めしたい著書。ラートブルフ『法哲学』(東京大学出版会・1961年2月)、田中成明『法理学講義』(有斐閣・1994年12月。本書の前身の『現代法理論』(有斐閣)は1984年10月に出版)、および、小林直樹『法理学 上巻』(岩波書店・1960年2月)。最前者、ラートブルフ『法哲学』は大御所=田中耕太郎先生の達意の訳も与して力あって、21世紀初頭の現在でも最高水準の法哲学の入門書だと私は思う。他の二書も、実は、本質的に曖昧で不確かな法規範からいかにすれば安定的で現実的・妥当な法規範の意味内容を導き出せるかについてのヒントが散りばめられている。宝の山だ。尚、ここで紹介した書籍を全部読むのは少し大変だな、という向きにはラートブルフ『法哲学』と田中成明『法理学講義』、そして、碧海純一『法と社会 新しい法学入門』(中公新書・1967年2月)ならびに伊藤正巳『近代法の常識』の4冊を取り合えず読まれればよいと思います。

以上、和書に限定した上で大体15年くらい前のBook Guide Book 的記事になった。確かに、この15年から20年あまりの法哲学の発展には目覚しい物がある。特に、井上達夫氏や長谷部恭男氏の業績は「たかだかブログとはいえ、天下国家を論じようと思うほどの論者」は是非フォローしておくべきものであり、而して、厚生経済学とエコシステム論、ゲーム理論と現代日常言語学派の法哲学への影響はもまた(可能なら英語やドイツ語等の原書で)押さえておきたいものではある。けれども、おそらく後15年から20年後でも、ここに紹介した書籍をきちんと踏まえることは「法を巡る諸問題」を根源から考えようと欲する方には必須であることもまた私は疑わない。而して、これが、少し古いBook Guide Articleをエントリーした所以である。 (2005年2月20日:yahoo版にアップロード)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、
ブログランキングに参加しています。
「ならば、力を貸そうではないか」という方は
下記リンク先(↓)にクリックをお願います。

人気blogランキングへ
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube