共産・志位委員長「明確な9条違反、米艦防護」に反対「日本はたとえ核撃たれても対話で解決せよ」


3c9d668c7986cfb2ca0d7320e9cbf55c.jpg



ブログ友の記事、資料として紹介します。
これ(↓)です。

・共産・志位委員長「明確な9条違反、米艦防護」に反対
 「日本はたとえ核撃たれても対話で解決すべき」
 http://ameblo.jp/tubasanotou/entry-12271122075.html
 
唖然。
茫然。
憮然。
 
わたしはおそらく普通の「左翼」のひとより、左翼思想に詳しいといっても、そううぬぼれではないひと、鴨。とおもいますが・・・。最近の、リベラル派の安保論議はもはやわたしの理解をこえています。

なにいっているのかたぶん本人たちもわかっていないと思う。 

>AKB総選挙と同時に衆議院の総選挙やってほしいくらいです。

 
・読まずにすませたい保守派のための<マルクス>要点便覧
 -あるいは、マルクスの可能性の残余(1)~(8)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11139986000.html 

・「左翼」の理解に見る保守派の貧困と脆弱(1)~(4)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11148165149.html

・天皇制と国民主権は矛盾するか
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11136660418.html

・「天皇制」という用語は使うべきではないという主張の無根拠性について(およびその続編)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/402e7208ca4e007f8b3941069ce176d4


・安全保障関連法案を巡る論評雑感--憲法学者の違憲表明の法哲学
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-12056564512.html 

・集団的自衛権を巡る憲法論と憲法基礎論(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65232559.html 

・国連憲章における安全保障制度の整理(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9a5d412e9b3d1021b91ede0978f0d241 

 ee9c16b572d847e11284771259083337.jpg


<註:「左翼」て何なの-教職員組合を例にとって>
日本に限定した場合、左翼さんは、おおよそ、

①キリスト教系の左派(→労農派→社会党→民進党)
②コミンテルン系の左派(→講座派(cf.岩波書店)→共産党)

が二大源流です。而して、①の極左が「向坂逸郎派」であり、その一部は現在でも日教組・自治労・JR労組等々に<籠城>してはります。他方、①の右寄りが旧民社党であり現在はこれが「連合」の中核で、だから、民進党の基盤です。

また、60年と70年の「安保」の際に、
既存の①②にあきたらない元気のよいお坊ちゃんとお嬢ちゃんたちが、順次、
③社青同(解放派等々)←社会党から
④どちらかといえば②から所謂「新左翼」各派
つまり、革共同(中核派・革マル派・第四インター)と共産同(≒所謂「全学連」各派のノンセクト諸派)の新左翼が生まれました。

で、この③④は日教組・自治労・JRに少なからずおられます。

ちなみに、②の系統は、教職員組合に関しては「総評」と「同盟」が合流して「連合」ができる際に、日教組からわかれて「全教」になり、現在に至っています。はい、それ、共産党系の「先生」たちです。
だから、たとえば、日教組といっても内部は一枚岩ではないのです。実際、日教組組織率が高い都道府県も、大分・広島・山梨・北海道のように本当に左翼の強いところもあれば、一応、「みんなはいろうね」て感じでその中では自民党支持者が主導権を握ってるとこ(県名は政治的に自主規制!)、あるいは、ノンポリが主流(笑)の三重県とかもう目も眩まんばかり。

他方、たとえば、鹿児島とか青森・秋田といった保守王国の保守派がもともとが強い県では、逆に、日教組自体は(身を守るために?)極左になる傾向もある--「右が強ければ左も過激!」になる--反面、そんな県の学校では最左翼の活動家の先生が、日の丸とか9条とかのイデオロギー的なイシュー以外では――たとえば、ご自分の娘さんの進学大学は県外は認めんとか!――福井とか神奈川にもってくれば「ばりばりの封建的な人物」だったりします(笑)

実際、ある日教組委員長さんは私の父の(福岡県大牟田市の公立中学校の)元同僚の知人さんでしたが、その方は、当時の幼い私の目から見ても「ばりばり/ガチ」の封建的な九州男児の方でしたから。

 ・『娘たちと話す左翼ってなに?』のあとがき書評
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3d05b6b0134206bf3ba1845e199e65da

・Only yesterday☆ある九州の元公立中学校校長の回想
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-12149129154.html



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube