ポストコロニアル「韓国併合」研究――女性韓国エリート研究員が米国で知らされた事実


20170629074838049.jpg 


▼女性韓国エリート研究員が米国で知らされた事実

(転記元URL)

 YouTubeからの引用です。
私は、アメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉そ、今なお忘れることができません。
『日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている問題を今更どうして研究するのか?』
米国のラトガー大学のローデン教授は、私が博士論文の主題について研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。
 
『文明のシステムを、日本の植民地は朝鮮半島に導入したではないか?スペインやアメリカは、日本のように本国と同じような教育システムを植民地に導入しなかった。当時の朝鮮半島の人々は文明のシステムを独自で導入するのに失敗した。日本の植民地なしで、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか?』
 
私はこの発言に怒りがこみ上げ懸命に反論しようとしたが、頭の中が真っ白になり感情だけが高ぶったのを覚えています。
そんな論文を書いたら、韓国に戻れなくなる!」と不安が一瞬よぎりました。
 
論文の相談をした別の経済学の教授は、
植民地化された国家の中で韓国と台湾ほど発展した国家はない。アメリカやイギリスの植民地で、台湾や韓国ほど発展した国があるか?』とまで言うのです。
 
私の不満そうな顔を見たローデン教授は次のようにも問いかけました。『日本の植民地支配を非難する韓国人の留学生が、自分の父は東京帝国大学出身であると自慢げに話した。これは、暗黙のうちに日本が導入した文明システムを評価していることになる。本来なら東京帝国大学を出た父親を非難すべきではないか?』
 
こう言われてみると、確かに東京帝国大学はもとより、京都大学、早稲田大学、慶應義塾大学を卒業したことを誇りにする韓国人は少なくないのです。

 引用元:
 
そんな論文を書いたら、韓国に戻れなくなる!
 
この発言が韓国の反日思想教育の深さ、深刻さをうかがわせます。
事実知ってもそれを書くことをゆるされない社会、それが韓国です。
 
いつか日韓の真実の歴史を書く勇気ある学者が出てくるかもしれないなどと期待してはいけません。勇気ある学者はすでに何人もおります。でもほとんどの方は韓国政府、韓国社会に潰されてしまうのです。
 
現在は帰化をして日本人になっている拓殖大学の呉善花教授もそういう勇気ある韓国人の学者でした。東京外語大学で学び日韓の真実の歴史を知ってその論文、著書など出版したところ、「反韓的」との烙印を押され韓国は彼女の入国(帰国)を拒否したのです。
 
日本では絶対に有り得ないことです。反日韓国人教授も、反日中国人も反日新聞社も自由すぎるほど活躍させるのが日本という平和な日本なのです。さらに、韓国在住中に韓国の捏造反日歴史を刷り込まれて帰国した超親韓ジャーナリスト青木某とかいう人も反政府報道活動を自由にしていますねえ。
日本ほど報道の自由の国はありません。
 
日本との歴史について真実を言うことも書くこともできない言論の自由のない韓国なのですが、ところが国境なき記者団」に言わせる「韓国の言論の自由は日本よりも上」なのだそうです。
(NHKを始めとする日本のメディアが盛んにありがたがっている「国境なき記者団」とはこの程度のいい加減な怪しい団体なのです。)
 
この韓国の女性研究者のショックなど大したことはありません。
百田尚樹さんが書いた「いまこそ、韓国に謝ろう」という本は彼女がショック死するかもしれないほどの日韓併合の事実が次々と出て来ます。
 
描かれている事実は、実は、韓国併合について多少なりとも知っている人々にはよく知られていることも多いのですが、著名人の百田尚樹さんが著したということが画期的と言いますかとても重要なのです。
 
日韓併合についての事実に興味のなかった日本人に是非読んでもらいたい本ですよね。
 
百田さん、土下座して韓国に謝り倒しています。
 
勝手に、近代医療を持ち込んで平均寿命を延ばしてすまんかった。
勝手に、学校をあちこちに建てて識字率を上げてすまんかった。
勝手に、丈夫な橋を半島のあちこちに架けてすまんかった。
勝手に、禿げ山に植林をしまくってすまんかった。
勝手に、頑丈で大きなダムを作ってすまんかった。
勝手に、要所に便利な駅舎を作ってすまんかった。
勝手に、半島のインフラ整備をしてすまんかった。
 
riroron評価1:
事実を克明に書かれてしまうと
韓国には反論の余地がなくなり可哀想!
 
riroron評価2:
「反日」で国をまとめている韓国にとって
非常に残酷な本!
 
 (以上、転記終了)

イメージ 2


文化帝国主義のリベラル派、糾弾❗
文化帝国主義のリベラル派、粉粉❗
文化帝国主義のリベラル派、殲滅❗

保守派の皆様、今後ともよろしくお願いいたします。 
 
連帯を求めて孤立を恐れず、力及ばずして倒れることを辞さないが、
力尽くさずして挫けることを拒否する。共に闘わん!
万国の保守派よ団結せよ~! 

Together we the conservatives will stand!
We also make Japan great again with Trump!
 
共に闘わん~!


【関連記事】
・国連は「主体」ではなく「舞台」です
:国連人権委員会の正体 国連は日本を非難しないと出世しない組織 (追補あり)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/281ecc781b65365010ebbc819dc71016
 
・濫用される「国際社会」という用語についての断想

・言論の自由を市民の手に取り戻せ
:日本の(リベラル)ジャーナリズムは不要、否、有害だ!
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/c7d0b8a081d2c153a9331218334039f6
 
・<追補>ナショナリズムの祝祭としてのオリンピック
 ーー東京2020を朗らかに迎えるために
 
 
イメージ 4





 
・定義集-「歴史」
 
・平和主義とは何か--戦前の日本は 「軍国主義」だったのか?--
 
・戦後責任論の崩壊とナショナリズム批判の失速
 
・日本社会の「右傾化」を嘆き憤るリベラル派の怠慢と傲岸
 --マーケットが変化したのなら商品の方を変えなさい
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5dda58e6b05976d6658553df6d20742f

 
イメージ 3


 【資料記事】
・橋下「慰安婦発言」批判の海外報道紹介--歪んだ論理の磁場の確認と
 その消磁化の契機として(1)~(9)
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ca7d2069ecc186e18b3e237f852f4c0

・安倍総理の歴史認識を批判する海外報道紹介(1)~(12)+後記(上)(下)
  http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f62334487b7927827bed69dd74021987
 
・英語教材として読む安倍談話(英文全文)-【前口上―本編―余滴】

 
イメージ 5


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube