小泉首相★秋例大祭に靖国神社参拝

yashukuni1



小泉純一郎首相は本日(平成17年10月17日)靖国神社に参拝した。当然のことである。否、「昇殿も記帳」もせず玉串料も「お賽銭」で済ませたというのは不見識とさえ思う。読売新聞・電子版によれば「小泉首相は17日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。首相は就任以来、年1回の参拝を事実上の公約としており、今回が5回目となる。首相は、内閣の最重要課題である郵政民営化関連法が14日に成立したことなどを踏まえ、17日からの靖国神社の秋季例大祭に合わせて、参拝に踏み切ったとみられる。首相は参拝の際、昇殿せず、記帳もしないなど、外交的な配慮を見せた」ということらしい。

「昇殿せず、記帳もしない」ことが何で「外交的な配慮」になるのか、あるいは、確立した国際法規も国際政治の慣行も守ろうとしない中韓朝という特定アジア諸国に対してそもそも「外交的な配慮」など必要だったのかは置いておくとしても(また、時の政治指導者が国のために散華された英霊の御霊に感謝の誠を捧げるべく九段の社に参拝したことは当然のことではあるとしても)、小泉首相以前の数人の摂政(=内閣総理大臣) が特定アジア諸国に阿り諂って参拝さえ行わなかった体たらくに比べれば、蓋し、平凡の非凡の営為と評されるべきかもしれない。当然はであるが、素晴らしい決断と行動でした、と。

今回の参拝の価値は、しかし、独り我が神州の内部に留まらないかもしれない。それは、世界標準の国際関係のルールとは異質な中華思想に絡め取られ自家中毒を起こしつつあるかにも見える中韓朝を、世界の諸国民と共存可能で持続可能な国際関係に移行せしめる契機になるかもしれない。私はそう期待している。

畢竟、日本は今後も隣国たる中韓朝との対話の扉は開けておくべきであろう。しかし、今までとは異なり、相手の耳の痛いことでもきちんと根拠をつけた上で自己の主張を日本は発信すべきである。これら特定アジア諸国との持続可能で世界全体の国際関係と整合的な友好関係はそのようなタフな主張と思想のやりとりの中でしか構築できないだろうからである。

これに対して、朝日新聞はその電子版の記事「小泉首相、靖国神社を参拝 アジア外交への影響必至」でこう述べていた。「小泉首相は17日午前10時すぎ、東京・九段の靖国神社を参拝した。(中略)同神社にA級戦犯がまつられていることや、憲法の政教分離原則の観点から首相の靖国参拝については内外に批判がある。とくに太平洋戦争終戦60年の今年は中国、韓国両首脳が強い懸念を繰り返し表明しており、アジア外交に影響が出ることは必至だ」、と。この特定アジア諸国の走狗は更にこう続ける。

「今年5月の国会答弁で参拝に前向きな姿勢を示して中国政府が反発。直後に呉儀(ウー・イー)副首相が、予定されていた小泉首相との会談を中止する事態に発展した。今回は簡略化した参拝方式となったが、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されている問題には変わりなく、理解を得るのは難しそうだ」

「首相の靖国参拝による日中関係の悪化を懸念する声は、4月の反日デモ以降、与党内にも広がった。6月、河野洋平衆院議長が海部、宮沢、村山、橋本、森の歴代首相5氏と意見交換して「首相の靖国参拝には慎重にも慎重を重ねるべきだ」との認識で一致。公明党も首相に参拝の自粛を要求していた」、
と。

yasukuni4



流石は朝日新聞だ。これこそドライアイスと並んで「火のない所に煙を立てる」ことを特技とする朝日新聞の面目躍如の記事である。一体、首相の靖国神社参拝が特定アジア諸国と日本との関係を冷え込ませている原因の一つではあるとしても、その関係悪化の責任は独り日本側にだけあるなどとは言えないだろう。

国際関係においては、どの国も他の国に対して何らかしかの不愉快さや不満を抱えている;もし、ある二国間に不満も紛争もないとすればそれはその両国が実質的に統合されているということなのだ。だからこそ紛争の存在や国民が互いに抱く不愉快さにも関わらず、国際関係においてはどの国にも確立した法規と慣行を遵守することが求められている。ならば、確立した国際法規と慣行とをほとんど完全に遵守してきた日本が、これらのルール上の責務(の基本中の基本たる在外公館の安全確保の義務)を果そうとしない中国や、完全に解決済の日韓の戦後処理の取り決めを無視するが如き韓国に文句を言われる筋合いは豪もない。

蓋し、自らが抱える相手への不愉快さを互いに率直に発信しつつ、確立した国際法規と国際慣行とによって紛争の解決をはかるコミュニケーションの作法こそ、持続可能で共存可能な国際関係を構築するためのとりあえずは唯一の道である。そして、この紛争解決の作法こそ<中華思想の自家中毒状態>にある中韓朝という特定アジア諸国に今最も欠けているものではなかろうか。

自らを反省するに、特定アジア諸国と日本との歪な関係:国際法上とっくに解決済みの「戦争責任/戦後責任」がしばしば亡霊のようにたち現れる関係:歴史教科書の検定や採択、あるいは、首相の靖国神社参拝という内政問題に容喙を許すような関係が今日まで継続してきたについては、(小泉政権を含む)今までの日本の政治指導者と日本の外交当局の「事なかれ主義」と「商いのために国の大義を売るような心性」が大きい。即ち、今日の特定アジア諸国の不埒な言動の原因の少なくとも半分は日本側にあると私は考える。蓋し、根拠をつけた上できちんと論理的に日本の主張を発信し続けるという、平凡だが大切な外交の積み重ねを日本外交は怠ってきたということだろう。

けれども、『論語』に曰く、「過ちて改むるに憚ることなかれ」、と。「君子重からざれば則ち威あらず。学べば則ち固ならず。忠信を主とし、己に如かざる者を友とする無かれ、過ちては則ち改むるに憚ることなかれ」、「過ちて改めざる、これを過ちという、と。また西洋の箴言に曰く、” It is never too late to mend.” 、と。


過ちて改むるに憚ることなかれ

It is never too late to mend.



畢竟、日本外交も、特定アジア諸国に対する今までの間違った行いを改むるに憚るべきではないのではなかろうか。而して再度言う。今日の小泉首相の靖国参拝を日本は特定アジア諸国と日本との歪んだ関係を改善する契機にすべきである、と。私はそう確信している。

yasukuni3



◆資料・自家参考文献紹介:
平成17年の3月からのこの半年余り、「首相の靖国神社参拝を我々日本人はどうとらえるべきか」、また「特定アジア諸国との友好関係はどうすれば構築できるのか」というテーマについて私も幾らか考察してきた。小泉首相が靖国神社に参拝された今日の良き日にこれらのリストを提示して同志読者諸賢の参考に呈したいと思う(FC2ブログに収録するにあたり一部の記事を差し替えています)。

【特定アジアと首相の靖国神社参拝】
・中韓との友好関係構築の特効薬としての首相靖国参拝
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/1608539.html

・中韓の「反日」動向は世界標準の規格外
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/1532113.html

・日中首脳会談 そう深刻になりなさんな朝日新聞 (上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/2063516.html

・靖国参拝が正常化させつつある日中関係を「不毛」と嘆く倒錯した朝日新聞社説
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/3455015.html


【国内政治の争点としての首相の靖国神社参拝】
・首相靖国参拝を文芸評論的言辞で揶揄する巧言令色鮮矣仁の朝日新聞社説
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-168.html

・前提が逆立ちしている靖国参拝反対論
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/3517075.html

・靖国参拝 朝日新聞の遺族と読者への回答を検討する
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-169.html

・首相の靖国神社参拝の「違憲判決」について考える
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-45.html

・斉藤小百合「二つの靖国参拝違憲訴訟」
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-46.html

【靖国神社とは何か】
・古賀誠氏に問う。「A級戦犯のために参拝しているのではない」は世間と世界では通用しない理屈か、と
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-167.html

・『靖国問題』に見る高橋哲哉の妄想の構図
 http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000/E/E59.html


首相靖国神社参拝の思想的意義/特定アジア諸国と之間に友好関係を構築する方途。これらを考える上で、「安全保障の問題」と「愛国心の問題」:これらは「国家と国民の関係をどうとらえるか」という問題に収斂するだろうが:安全保障論と国家論は避けては通れないだろう。これらについての私の基本的な考えについては取りあえず下記の旧稿を参照いただければ嬉しい。特に、最後の論稿は4年前のものではあるが(現在の所)これらに関する私の考えを最も網羅しているものである。

・国を愛することは恋愛ではなく人としての嗜みである
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-17.html

・愛国心教育などは愛されるに値する国になってから言いなさい?
 http://kabu2kaiba.blog119.fc2.com/blog-entry-9.html

・朝日新聞批判/2001年夏  靖国と歴史教科書
 http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000/E/E20.htm



(2005年10月17日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。「ならば、力を貸そうではないか」という方は
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックをお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 靖国参拝
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube