『新々英文解釈研究』

gakuto
【Students' Departure to the Front】


◆『新々英文解釈研究』
:山崎貞・研究社出版、第9訂版・1979年9月(品切)


戦前からの名著。なんと、初版は大正元年(1912年)秋の出版;ということは90年以上にわたって読者受験生の支持を集めてきた、伝説の参考書です。学習参考書の世界では、さしずめ英文解釈のジャンルの<不沈空母>とも呼ぶべきものでしょう。 

旧制高校受験生をメインターゲットとして出版された本書は、大東亜戦争後も大学受験生はもとより大学院受験生、そして、英文読解力のアップを目指す社会人にも広く受け入れられてきた文字通りのベスト&ロングセラーです。その事情は平成を迎えても変わらず、実際、21世紀の最初のアメリカ留学生になられた、ある大学院留学予備校での私の昔の生徒さんにも本書の威光は及んでおり、「体力的にも精神的にも厳しいアメリカの大学院をキックアウトもせずに卒業できたのは、読解でも英文作成についても高校時代にやった『新々英文解釈研究』のお蔭だ」と語られる方は平成の御世になっても少なくありません。

私自身、高校生の時、本書の第8訂版を手にした時からの愛読者ですが、正直、最初は収録されている例文のあまりの難易度の高さに歯がたたず、途中から「奇数番号の問題」だけ一つおきにやることにしました。それでも九州の田舎の高校生の私には当時それが精一杯。それから数年、大学院入試準備のために本書の第9訂版を買い求め大学4回生のひと夏をかけて本書にリベンジできた感動は今でもクッキリ覚えています


本書の素晴らしさは、収録されている英語頻出構文&語法の豊富さと例文のボリューム、特に、例文問題の品質の素晴らしさだと思います。例文問題数850と解説項目数115(小項目数は208)の収録陣容は、現在、(英語を頑張っているタイプの?)大学受験生に最も支持されている類書:『英語の構文150 Second Edition』(岡田伸夫監修・美誠社、2003年12月)や『英語重要構文400』(永田達三・ナガセ、1999年11月)、『新・英文法頻出問題演習 (Part1)&(Part2)』(伊藤 和夫編・駿台受験シリーズ、2001年1月)や『エキスパート最新英語構文124』(金谷憲監修・文英堂、1999年1月)等々と比べてもそう際立って多いというわけではない。けれども、収録されている英文のボリュームと個々の例文の<風格>は、他のベストセラー学習参考書と比べても次元が違います。そう、物が違う!

それほど『新々英文解釈研究』の例文は他の類書を圧倒している。要は、個々の例文がすべて暗誦したい衝動にかられる名文であるだけでなく、個々の学習項目で解説される構文や語法が当該項目内の各例文の中にピッタリ収まっている。換言しますと、「他の表現では書き手の言いたいことがこうピッタリとは言えないよな」という正にそんな例文に学習項目として取り上げられた構文や語法がコンシステントに配置されている。それくらい『新々英文解釈研究』の英文の選定は行き届いている。うっとり、です。逆に、今の私の仕事柄、収録している例文の原著者やその相続人から著作権侵害で訴えられることはないのだろうか、と余計な心配をしてしまうほど見事な出来栄えです。

『新々英文解釈研究』のもう一つの醍醐味は、大正初年以来、日本のリーダー達が本書で英語を学んできたことにある。そう、おそらく岸信介・池田勇人・佐藤栄作・福田赳夫・中曽根康弘、等々の歴代の首相達も、青雲の志を胸に秘めている頃に本書で英語を勉強していたかもしれない。吉田茂や近衛文麿などのお坊ちゃまは外国人の家庭教師から英語を学んだかもしれませんが、庶民出のリーダーの多くは本書にタックルした可能性が高いと思います。

それは、体制側のビッグネームだけではありません。マルクス主義経済学の闘将として有名なあの先生も憲法の大御所で人権派の巨頭のあの先生も、あるいは、世界を舞台に活躍したあの高名な画伯も教育者の女史も本書で英語を勉強したに違いない。何人かの先生からは直接私はそれを聞きましたが、そんなことを想像しながら本書の例文を読み進んでいくと、現代の日本を作った先人に対する理解も深まるような気がします。つまり、本書は英語の例文や構文を通してですが(ですから、かなり特殊で小さな画像を通して、しかも、写真で言えばあくまでも「陰画」の形ではありますが、)日本の近現代史を担った若者の精神を追体験できる貴重な一書である。そう思います。うみゅー、なんでこんな実用的にも優れた書籍が実質絶版になるのでしょうかね?  

実質絶版になったのも、しかし、不思議ではないです。広い意味の英語教育業界にいる一人として私には、「なぜ『新々英文解釈研究』が版元品切れになるのか」など痛いほどよくわかります。簡単な話です。売れないから。はい終わり。はい終わりではあるのですが、大げさな物言いではなく、本書が日本の若い英語学習者の支持をマーケットで失ったことと日本のあんまりかんばしくもなく愉快でもない社会の現状とは関連している気がします。その心は?

その心は、ゆとり教育によって日本人の学力が崩壊して以降、大学入試のテスト問題は問題自体が本当に簡単になったか、(受験者のレヴェルの一般的低下によって)少なくとも実質的に難易度が低下した。そんな現在の大学入試に対応するために、本書のような本格的参考書にタックルする必要も必然性もなくなって久しいのです。このことが第一。そして、もっと広く考えれば、本格的で骨太の思想内容が充満した英文の意味を素早く厳密につかみ取る能力なんかよりも、文字にせよ音声にせよ英語で伝えられる大量の情報を条件反射的に処理できる英語力の方をこの国では現在求めているとしか思えない。これが第二。この記事を書いていて改めてそう思いました。皆さんはいかがお考えですか。




(2005年6月11日:goo版「英語と書評 de 海馬之玄関」にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[祝!復刊]新々英文解釈研究

まだ当ブログ初期のころ、こちらのエントリ で、高校生の頃に親しんでいた英文解釈の

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube