FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア連邦裁判所が日本の調査捕鯨船に操業停止命令☆これは最早「文化帝国主義」などではなく「帝国主義」そのものである

whaler
Japanese Whaler photoed by Mr. Y. Wada


●日本の捕鯨は違法=領有権主張の南極海で-豪裁判所
【シドニー15日時事】オーストラリアが領有権を主張する南極海の一部で日本の調査捕鯨会社「共同船舶」(本社東京)がミンククジラなどを不法に捕獲したとして、環境保護団体ヒューマン・ソサエティー・インターナショナル(HSI)が提訴していた問題で、豪連邦裁判所は15日、この訴えを認め、調査捕鯨を停止するよう命じる判決を下した。

ただ、南極海の領有権は豪州など一部の国が主張しているものの、国際的には認められておらず、判決にも強制力はない。(時事通信:1月15日18時0分) 




●日本の調査捕鯨船に豪連邦裁判所が操業停止命令

【シドニー=新居益】オーストラリア連邦裁判所は15日、同国が国内法に基づいて南極海の一部に設定している「クジラ保護区」で、日本の調査捕鯨船がクジラを殺傷しているのは違法だと訴えた豪動物保護団体の主張を認め、日本船に操業停止命令を出した。

日本政府は判決を拒否し、捕鯨を継続する方針だ。南極大陸の一部に領有権を主張する豪州は沿岸海域に排他的経済水域を設定。同水域を「クジラ保護区」と定め、クジラの殺傷を禁止している。(読売新聞電子版:1月15日23時44分)



●南極海で反捕鯨活動家2人拘束=日本船への乗り込みで-水産庁
水産庁に15日入った連絡によると、南極海を航行中の日本の捕鯨船団が同日、「反捕鯨」を掲げる米環境保護団体「シーシェパード」の活動家2人を拘束した。船団の一角を占める標本採取船「第二勇新丸」に2人が無断で乗り込み、妨害・破壊活動を展開する恐れがあったため、乗組員が取り押さえたという。日本の捕鯨船団が反捕鯨派を船内で拘束するのは初めて。
 日本の捕鯨船団は昨年11月、南極海での調査捕鯨に向け、下関港(山口県下関市)を出港。今年4月中旬までに、クロミンククジラ850頭前後、ナガスクジラとザトウクジラをそれぞれ約50頭捕獲し、生態を調べる予定だった。(時事通信:1月16日1時0分)



「台湾は支那の固有の領土であるから、現在、支那政府とは無関係に行われている台湾の行政活動は違法でありその活動は即刻停止されるべきである」と支那の裁判所が判決を下したら・・・。

「マルビナス諸島(=フォークランド諸島)はアルゼンチンの固有の領土であるから、英国企業が同諸島で行っている開発行為はアルゼンチンの環境開発諸法規に反し違法であり、英国企業は即座にその環境開発を停止せよ」という判決をアルゼンチンの裁判所が下したら・・・。

「南極大陸は、(どこの国にも領有権を認めない)南極条約の発効以前から南アフリカ(チリ)の固有の領土であるから、現在行われている各国の南極観測拠点での活動はすべて違法である。よって、例えば、日本は昭和基地での活動を直ちに停止すること」という南アフリカ(チリ)の裁判所の判決が下ったら・・・。

「北方領土は日本の固有の領土である。よって、現在、択捉・国後・歯舞・色丹で行われているロシアの漁業活動およびロシアの日本漁船の規制は違法である。而して、ロシアは速やかにロシア漁船の活動と日本漁船への規制を停止せよ」と日本の札幌地方裁判所が命じたら・・・。

これらは笑えない笑い話でしょう。すなわち、各国の国民や政府は本当はこのような裁判を行いたいくらいなのかもしれない。けれども、それが世界では(残念ながらか)「笑い話」として文字通り一笑に付されることを骨の髄まで知っているからそんな裁判を起こしもしないし起こさせもしない。また、個人が義憤にかられてそのような訴訟を提訴したとしても、普通、「外交にかかわる事項は中央政府の行政権の専管事項であり司法の判断には馴染まない」という決定が下されるのが一般的です。

私は、他方、豪州の国内法上、南極海のある特定の水域がオーストラリアの領土であり、また、同じく豪州の国内法上、同水域がクジラの殺傷が禁止されている「クジラ保護区」であれば、オーストラリアの裁判所が同水域で調査捕鯨を行っている日本船舶に対して操業の停止命令を出したことは法論理的には満更間違いではないと思います。まして、外交を専管するオーストラリアの中央政府自体が日本船舶の調査捕鯨を違法と判断している節がある以上、オーストラリアの裁判所には他に判決の下しようがなかったのかもしれない。そう同情しています。

なぜ「同情」なのか。簡単です。それは、そのような判決には効力がないから。効力のない判決を下したからには、「雉も鳴かずば撃たれまい」よろしく、オーストラリアの南極海に関する領有権が国際法的には到底認められないものであることがオーストラリアの内外で白日の下の晒されることになるから。また、被告側が従うはずもないそのような判決を下せば、(司法の紛争処理能力の限界が露呈して)オーストラリアの司法の権威を損なうことになるからです。

そのような事態に陥ることを十分に予想するからこそ、支那の裁判所が台湾の行政活動の停止を求める判決を下すことはないし、アルゼンチンの裁判所が英国企業にマルビナス諸島(=フォークランド諸島)での環境開発を停止せよとはいわない。

そのような事態に陥ることを肌で知っているからこそ、南アフリカやチリの裁判所が日本に対して昭和基地の活動停止を命ずる判決を下すことは多分ないし、(義憤に耐えないことですが)わが札幌地裁がロシアの漁船と国境警備隊に対してその活動を停止せよという判決を下すはずもないのです。


しかし、オーストラリア政府と裁判所はルビコンを渡った。彼等は、彼等が主張する南極海の領有権なるものが国際法的には到底認められないものであることが同国の内外で白日の下の晒されることになることを百も承知で、また、オーストラリアの司法の権威が劣化するリスクをとって、世界から笑われる判決を下した。これが事実なのです。

而して、私はこの「日本の調査捕鯨の停止を命じる」判決とこの判決の論理を規定したと思われる「外交を専管するオーストラリア政府の対日認識」に関してはこう断定せざるをえない。すなわち、これは最早「文化帝国主義」などではなく「帝国主義」そのものである、と。畢竟、資源と市場を求めて排他的な領土(領海)支配を目指す傾向を<帝国主義>と呼ぶならば、この判決こそ正に言葉の正確な意味での<帝国主義>そのものでしょう、と。そして、環境保護団体ヒューマン・ソサエティー・インターナショナル(HSI)やテロリスト集団グリーンピース等が<文化帝国主義>であるだけでなく<帝国主義>の尖兵であることもこの判決で自明のものになったのだと思います。

蓋し、21世紀に海洋国家としてその国際関係の再構築を目指す日本はこのようなオーストラリアの<帝国主義>を断じて容認することはできないし、この件に関して彼等との間で妥協はありえない。畢竟、鯨は鯨だけの問題に非ず、たかが鯨されど鯨。鯨問題は、食糧安保・国家主権・日本の文化を日本人が自分で守れるかどうかの問題なのだ。この笑うべきだが笑えない判決に接して私はそう確信しました。

尚、捕鯨問題と「オーストラリア=文化帝国主義かつ人種差別主義」であること、そして、グリーンピースが「テロリスト集団」であることに関しては下記拙稿を参照いただければ嬉しいと思います。


オーストラリアの反捕鯨論は自国における人種差別と動物虐待から
 内外の批判を逸らすためにする日本への責任転嫁である

 
オーストラリア政府が日本の調査捕鯨阻止に軍を派遣 

鯨と日本の再生
 
菜食主義と反捕鯨論と戦後民主主義は優雅で傲慢な欺瞞である
 
反捕鯨論の文化帝国主義的で傲慢な謬論を逐条撃破する
 
書評☆星川淳『日本人はなぜ世界で一番クジラを殺すのか』
 
グリーンピースが提出した人権侵害救済申立書
 
中国製の地球儀は買うたらあかん、和民には行ったらあかんねん!
 


(2008年1月16日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 捕鯨・反捕鯨問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

調査捕鯨船

NAMAAN - 調査捕鯨船調査捕鯨船といえば… 調査捕鯨船に関する話題… 調査捕鯨船に侵入、米活動家2人拘束 南極海航行中 (朝日新聞) オーストラリア連邦裁判所が日本の調査捕鯨船に操業停止命令これは最早 ...【シドニー=新居益】オーストラリア連邦裁判所は15日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。