プリンスホテルGJ☆日教組集会の会場使用拒否&高裁仮処分の無視を表明

princemap


●都内ホテル「教研集会、お帰りいただく」…高裁判断を無視
2日後に開催が迫った「日本教職員組合」(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)で、全体集会の会場として予定されていた「グランドプリンスホテル新高輪」(東京都港区)は31日、読売新聞の取材に、2月1日からの会場設営には応じられないとの方針を明らかにした。

会場使用の契約を交わした半年後に、同ホテルから一方的に契約解除を通告された日教組では、1日午前には同ホテルで準備作業を始めたいとしており、ホテル側との間で前代未聞の混乱が起きることも予想されている。

2月2~4日に都内で開催される教研集会のうち、2日の全体集会が予定されているのは、国内最大級の宴会場で2000人以上を収容できる同ホテルの「飛天」。日教組は、ホテル側と昨年5月に本契約を結び、7月には、会場費の半額にあたる1155万円を支払っていた。

ところが同11月になって、ホテル側が契約の解除を通告。これに対し、日教組が同年12月、東京地裁に契約解除の無効を求める仮処分を申請したことから、会場問題は法廷闘争に持ち込まれ、東京高裁は今月30日、日教組の会場使用を認め、ホテル側の抗告を棄却した。この中で、東京高裁は「(ホテル側が)日教組や警察当局と十分に打ち合わせをすることで混乱は防止出来る」と指摘している。

過去56回の教研集会で、都内で開催されたのは計7回。2000人以上もの参加者を収容できる施設は限られるため、これまでは東京体育館や日本武道館などの公共施設が使用されていたが、今回は、これらの施設の予約が埋まっていたことから、日教組はイベント会社を通じて、同ホテルを会場に選んだという。

全国各地で毎年開催される教研集会を巡っては、会場周辺で、右翼団体が街宣活動を行うため、警察による厳重な警備体制が敷かれている。ホテル側の説明によると、今回突如、契約解除を通告したのは、「周辺に迷惑がかかると判断した」ため。契約後に前回の開催地の大分県別府市に社員を派遣するなどして調査した結果、100台以上の街宣車が出ることや警備、道路封鎖、検問などで1000人以上の警察官が出動することが判明したという。

教研集会を巡っては、会場側が使用を拒否したことにより、過去にも4回、裁判に持ち込まれ、いずれも日教組の主張が認められて全体集会は開催されている。しかし、同ホテル側は、あくまで会場を貸さない方針で、「日教組の方々が来ても、お帰りいただくしかない」(広報担当者)と話している。(読売新聞電子版:1月31日14時48分)



プリンスホテル Good Job!

裁判で負けたって、会場をロックアウトして全従業員には、その期間有給休暇を与えればいいのです。で、経営陣はその間雲隠れ。所詮、(懲罰的損害賠償制度の利用が普通のアメリカの民事訴訟とは違い)賠償金などは日本ではしれている。国民の支援がある限りこれもありでしょう。というか「正解」だと思います。


九州の某県の教育委員を父が務めていた関係で、その実務にはいささか私も知見があるのですが、「教員の福利施設」(共済組合系にせよ、別にせよ)は日教組や全教の組合活動の目的には使えない規則になっていたと思います。そして、日教組の教育研究集会は、<腐った鯛>の日教組の活動の中でも「腐っても鯛」的な、今でもそれなりに権威ある集まり。参加者も全国から来ますし、左右の教育研究者やマスメディアの取材も(動員ではなく)そこそこ来ますから、広いだけでなく全国から皆が来やすい所で開きたいというのは<腐った鯛>の本音でしょう。

昨年大分で開催されたときには「教育基本法改正」を受けた大事な集会だから行きたいのだが、別府は遠いぞ! 別府に行くと言ったら保護者から遊びに行くと誤解されるぞ! と、親しい盛岡や八戸の日教組幹部はぼやいてましたから。


仮処分は、(本当に、「同ホテルの宴会場をイベント会社を通じて申し込む際、日教組の集会であり、例年警察に警備を依頼していることを告げ」ていて、しかも、使用目的が「日教組の教研集会」とホテル側に伝わっていたのなら)、裁判で争い最終的に日教組側が勝ったとしてもその損害の回復が不可能である限りホテル側が負けるのはむしろ当然。蓋し、裁判所が(おそらく)仮処分を認めるのは、裁判所が「世間知らず」や「大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義を信奉する勢力に牛耳られている」から(だけ)ではなく、民事訴訟の仕組みと争点となっている債務のタイプから言ってしかたがないことなのです。そして、正直、プリンスホテルが高裁の仮処分判断の無視を選択する可能性は低いだろうなとも。

この紛争を報じたニュースに最初に接した1週間前(下記1月23日付け産経新聞報道参照)私はそう考えていました。

●日教組教研集会、プリンスホテルが使用拒否も
日本教職員組合が、教育研究集会(2月2~4日)の会場として予約していたグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)から契約を解除され、会場を使用させるよう求めた仮処分が東京地裁から認められていたことが23日、明らかになった。

日教組によると、昨年3月、同ホテルの宴会場をイベント会社を通じて申し込む際、日教組の集会であり、例年警察に警備を依頼していることを告げたという。ところが、11月になって、同ホテルから解約の通知が届いた。同ホテルは「周辺に住宅や病院などがあり、集会が行われた場合、静かな環境が守られない恐れがあり断った」としている。

これに対して日教組が12月、会場使用を求めた仮処分を東京地裁が決定した。同ホテルは異議を申し立てたが、今年1月には同地裁がホテル側の申し立てを却下した。宴会場は教研集会の全体集会に使う予定で、日教組では、他に会場を手配していないという。同ホテルは近日中に東京高裁へ抗告するとしている。(産経新聞電子版:2008.1.23 21:15)



けれどね、契約内容が「あるサービス」を提供する、つまり、役務提供タイプの債務の場合、裁判や仮処分で負けようが、金銭賠償を承知でそれを無視すれば日教組側も執行する裁判所もどうすることもできはしない。これは任侠系の組織だけでなく普通のビジネスでもしばしば使われる手段。

つまり、「仮処分の無視」などは、そのメリットとデメリットを比較考量した上でその選択を行う通常のビジネス判断であり、制裁が課せられるという点では「法律的には許されない」と言えますが、その制裁を甘んじて受けるのなら「仮処分」はそれを実現する効果はないという点では、必ずしも、「法律的には許されない」とは言えないのです。

ポイントは、そんなパワープレーをやった場合の世間からの「約束破り!」という指弾と、「今度はうちもいきなり契約解除されるんちゃうやろか」という不安を潜在的顧客に抱かせかねないこと、これらと仮処分に従うこととのビジネス上のデメリットの比較考量。而して、仮処分を無視しても世間の拍手喝采を浴びこそすれホテル側には賠償以外の損はないのが本件であれば、ここは仮処分無視が正解、と。上に引用した、最初にこの紛争を報じたニュースに接した1週間前私はそう考えていたわけです。


プリンスホテルが高裁の仮処分判断の無視を選択する可能性は低いだろう。けれど、プリンスホテルが仮処分の訴訟を争った意味自体もけして小さくはない。

畢竟、世の中の紛争処理の回路は何も裁判だけではない。任侠系の方々の存在や活躍は別にして、(仮処分も本訴も)裁判で負けてもこのような事態が世間やホテル業界全体に広く知られることで、来年以降、どこのホテルも旅館もイベント施設も日教組には部屋を貸さない状態に追い込む。そして、世論はそれを支持し拍手喝采を送るというのは、我々保守改革派にとって、ホテル側が日教組への会場使用を認めたとしても、それは1年遅れるけれど前進だよと。

而して、日教組を勝たせる仮処分は、逆に、「ちゃんと使用者と使用目的を書類で出させとかな日教組が相手でも解除はできへんのやな。これからは念には念をいれなあかん」という教訓をホテル業界全体に示す効果はあった。私はそう考えたわけです。でもね、でね、本音としては「仮処分無視」の戦術をプリンスホテルにはとって欲しいなとも1週間前に思っていました。


そして予想通り、30日に出された高裁の判断はプリンスホテル側の主張を退けるものだった。けれども、なんと、「「教研集会、お帰りいただく」…高裁判断を無視」の今日のニュース! 予想通りの高裁の判断と予想以上のプリンスホテル側の決断。正に、プリンスホテル Good Jobです! 




(2008年1月31日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 教育問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

舞浜お出かけ情報局

舞浜周辺ホテルや舞浜にある施設の情報を紹介しています。特にディズニーの情報は満載です。

民事再生について

民事再生の総合情報サイトを見つけました。

コメントの投稿

非公開コメント

右翼については「右翼の正体」(http://www.geocities.jp/uyoku33/ )を読めば分かります。
右翼団体の実体は左翼です。右翼団体の目的は愛国者を名乗りながら、故意に犯罪を繰り返すことで日本のイメージを落とすことです。

今回プリンスホテルが会場使用の拒否をしたのは「仲間内(左翼同士)で罵り合ってるだけ」ということを知っているからでしょう。
警察がいなくても日教組と右翼団体は暴力沙汰にはならないです。
そんなことに警察が一般市民を警備するのは税金の無駄です。プリンスホテルの判断は正しいです。

動画は左翼同士の自作自演のものです。他にも色々アップされています。
・【動画】 右翼を逮捕者したら在日朝鮮人でした
http://jp.youtube.com/watch?v=IaIjHDMpABA&NR=1
・右翼と朝鮮総連による自作自演 ...逮捕された水谷容疑者(41)は朝鮮総連祭りの賛同人
http://jp.youtube.com/watch?v=gpezyeRnM2A&feature=related

プリンスホテルの信念をつらぬく企業姿勢には共感出来る。久々に胸のすく思いだ。日本の男気を見た思いがする。

赤い色は不要!

日教組は真っ赤な色をしているのは周知のこと。
思想的に赤い色は日本には不要と思います。
この件について朝日新聞の日教組擁護の記事を読むとなんとよくもこんな屁理屈並べているなあと
感心します。どうかそんな屁理屈に負けないようプリンスホテルだけでなく日本全体がんばってほしいです。
プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube