朝日新聞社説「胡主席来日―ギョーザの影をはらえ」批判

chinafreedesubai



●2008年03月14日(金曜日)付社説
●胡主席来日―ギョーザの影をはらえ

中国の胡錦濤国家主席が5月のゴールデンウイーク明けに来日する。日中両国政府は、その方向で日程の最終調整を急いでいる。中国元首の来日は、98年の江沢民主席以来だ。10年ぶりの訪問を心から歓迎したいと思う。

しかし、ギョーザ中毒事件が主席の訪日に暗い影を投げかけている。

日本から見ると、中毒事件をめぐる中国側のこれまでの対応には不満に感じる点が少なくない。「互いに連携して捜査を」と合意しあっていたのに、中国の捜査当局が記者会見を開き、強い姿勢で「中国で農薬が混入した可能性はきわめて低い」と発表した。

日本は逆に「国内で混入した可能性は低い」とみていたから、「中国はこのまま捜査から手を引いてしまうのか」と懸念する声が広がったのも無理はない。
外交当局同士は、この問題と訪日を絡めたくないと考えているようだ。確かに、この事件だけで両国の関係全体が損なわれることは避けなければなるまい。
中国は経済的にも軍事的にも急速に台頭しつつある。そんな隣国と日本がどう向き合っていくのか。国際社会の様々な問題を解決するため、両国間でどんな協力ができるのか。ようやく軌道に乗り始めた首脳同士の意見交換は極めて大切だからだ。

といって「日中関係とギョーザは別」と割り切ることもできない。なぜなら、ことは食の安全にかかわるからである。日本国民の関心はたいへん高い。なのに、中国当局はあいまいなまま幕を引こうとしているのではないか。日本側は中国側の誠意を疑っているのだ。

大事なことは、解決の道筋を見いだそうとする双方の努力だ。そうした明確な姿勢があれば、たとえすぐに問題が解決しなくとも両国の関係は前進する。
しかし、それが見られなければ、せっかくの首脳交流もむなしいものに映るだろう。

中国にしてみれば、捜査が先行した日本が先に、中国での混入をうかがわせるような見解を示したことで、メンツをつぶされたと感じたのかもしれない。だが、万一それで捜査を投げ出すようなことがあっては、中国にとってもマイナスが大きすぎる。

現在の日中関係には東アジアにおける主導権争いの側面もある。ちょっとしたことがナショナリズムに火を付ける。下手をすれば、日本の中にある反中感情を刺激して小泉元首相の靖国参拝のときのような負のスパイラルに陥りかねない。

幸い中国側は捜査員らを再度、日本に派遣する意向を示している。できるだけ早く両国の捜査担当者が顔を合わせて会議を開くことだ。捜査協力の進め方や検証のための実験方法などを率直に話し合い、打開の道を探ってもらいたい。

せっかく立て直した日中関係だ。主席来日を念頭に、中国にも冷静で真剣な捜査を求めたい。


【KABU短評】


勝手に朝日新聞が想定した前提の下で書かれた教条主義的な社説。本文1093字も使いながら朝日新聞がいいたいことはおそらく次の7点であり、それは403字もあれば要約できると思いました。
(1)支那の元首として10年ぶりに胡錦濤氏が来日される。

(2)ところが、支那製毒餃子事件は支那と日本の警察当局の言い分が真っ向から対立している。

(3)支那は経済的にも軍事的にも急速に台頭しつつある日本の隣国。

(4)日本と支那の関係は東アジアにおける主導権争いの側面もあり、餃子事件の処理を過てば、日本の中にある反支那感情を刺激して小泉元首相の靖国参拝のときのような負のスパイラルに陥りかねない。

(5)大事なことは、解決の道筋を見いだそうとする日本と支那双方の努力だ。そうした明確な姿勢があれば、たとえすぐに問題が解決しなくとも両国の関係は前進する。

(6)幸い中国側は捜査員らを再度、日本に派遣する意向を示している。できるだけ早く両国の捜査担当者が顔を合わせて会議を開き、捜査協力の進め方や検証のための実験方法などを率直に話し合い、打開の道を探ってもらいたい。

(7)せっかく立て直した日中関係だ。主席来日を念頭に、中国にも冷静で真剣な捜査を求めたい。



つまり、朝日新聞の社説子は403字で書ける主張を2.71倍もの原稿用紙の升目を埋めて延々と論じたというわけです。洋の東西を問わず、新聞の紙面は限られたスペースにより豊富な情報を盛り込もうと記者も校正係も知恵を絞るのが普通でしょう。例えば、「President shot!」(大統領狙撃される!)等々、英語圏の新聞の見出しでは、普通、冠詞やbe動詞は省略されますが、この英字新聞独特の英語のスタイルも限られた紙面により豊富な情報を正確に盛り込まねばならない新聞記事の宿命から来ているのだと私は思います。蓋し、「燃料の一滴は血の一滴」「酒の一滴は血の一滴」、而して、「原稿用紙の一升は新聞記者の血の一滴」。しかるに、403字で伝えられる記事に1093字を贅沢に投入。これ正に、朝日新聞社説子の大出血サーヴィスではないでしょうか。

では、なぜ朝日新聞はこのような出血大サーヴィスをしたのか。もちろん、この社説を書いた論説委員の心中や論説委員会での議論など想像するしかない。よって、ここでは朝日新聞の社説子の狙いや心裡を記事から逆算することにします。

蓋し、この社説の内容として先程抽出した7個の要素は実際の事実と符合しているでしょうか。最初の3項目は事実といってよいと思います。「支那の元首が10年ぶりに来日する」「支那製毒餃子事件では日支当局が真っ向から対立している」「支那は経済的にも軍事的にも急速に台頭しつつある日本の隣国」は正しいだろうということです。注意すべきは、この社説は全文字数の77%近い839字をこの(おそらく誰も異を唱えないだろう)最初の3項目の説明に充てていること。

他方、残りの四項目に対してはかなりの異議が提出されるのではないか。そう私には思われるのですが、この社説は全文字数の23%、たったの254字しかその説明に割いていない。普通は逆じゃあないかい。普通は、異論の少ない論点はサラリと流し、ここが議論の勝敗を分ける天王山ともいうべき論点に可能な限りの文字数を投入するものでしょう。文字数と制限時間の違いはあるものの、これは囲碁や将棋の制限時間の使い方でも普通はそうなる。例えば、将棋では序盤研究の進んだここ20年くらい、プロ棋士同士の対局では定跡と事前の研究が物を言う序盤は淡白に進み、ここが勝負所という序盤から中盤と中盤から終盤の入り口で持ち時間のほとんど四分の三が使われるのが一般的になってますから。

蓋し、異論反論オブジェクションが予想される後半の四項目について朝日新聞が詳述を避けたのは主張の根拠を呈示しなかったということであり、それは反論を封じる姑息な態度と評されても文句は言えないのではないか。少なくとも、日本内外の学部・大学院入試対策の小論文(Essay Writing)指導において、「全論点の明示→異論の少ない論点は軽く流し→重要な論点こそ根拠を挙げて詳述せよ」と日頃、受講生諸君にも小論文を担当していただいている先生方にも指導している私から見ればそう思える。而して、「小論文答案」としてこの社説を見るならばそう高いスコアはあげられない。

上でも書いたように、しかし、朝日新聞が「反論を封じるために異論が予想される論点についての根拠の提示と詳述を避けた」というのは私の想像にすぎません。ならば、これ以上の詮索はあまり生産的ではない。よって、以下、後半の四項目について異論が生じる余地があることを示唆して私の推測を補強しておきたいと思います。


第4項目「日支関係は東アジアにおける主導権争いの側面もある」→「餃子事件の処理を過てば、日本の中にある反支那感情を刺激しかねず」→「そうなれば、日支関係は小泉元首相の靖国参拝のときのような負のスパイラルに陥りかねない」・・・

・・・「日支関係は東アジアにおける主導権争いの側面もある」「餃子事件の処理を過てば、日本の中にある反支那感情を刺激しかねず」には異論は少ないでしょうが、「そうなれば、日支関係は小泉元首相の靖国参拝のときのような負のスパイラルに陥りかねない」というのは朝日新聞の勝手な思い込みにすぎないと思います。その「小泉政権下の負のスパイラル」の時期に日本と支那との経済関係はその微分係数的な勢いにおいて最盛期を経験したのであり、逆に「負のスパイラル」なるものから脱して以降のこの2年間は、支那のカントリーリスクに鑑み、かつ、支那が最早廉価な労働力市場でもその10億を超える人口に見合う魅力的な市場でもないことを学習した日本企業は脱支那の動きを加速しているのですから。

また、「負のスパイラル」なるものから脱した日本と支那の政治の関係を想起するに、東シナ海油田問題を見るまでもなく「負のスパイラル時代」と比べて、日本にとって何かよいことがあったとは到底思えない。


第5項目「大事なことは、解決の道筋を見いだそうとする日本と支那双方の努力だ」→「そうした明確な姿勢があれば、たとえすぐに問題が解決しなくとも両国の関係は前進する」・・・

・・・小論文の答案としては「ゼロ点」の文章。具体的な作業内容を欠いた「双方の努力」「明確な姿勢」「両国関係の前進」などの文学的表現は論理的な議論においては無意味ということ。つまり、ここで朝日新聞の社説子は、意味不明がゆえに誰もそれを実行できず、また、実行の度合いを検証もできないタスクを日本と支那の両当局に求めているにすぎない。畢竟、それは、支那側がこの餃子事件に関する真相究明を放棄した場合の避難路を設けるレトリック以外の何ものでもないのではないでしょうか。


第6項目「両国の捜査担当者が顔を合わせて会議を開き、捜査協力の進め方や検証のための実験方法などを率直に話し合い、打開の道を探ってもらいたい」・・・

・・・この毒餃子事件に関して日本と支那は対等ではない。なぜなら、日本側は具体的な根拠を挙げているのに対して支那側の発表は文字通り「言葉だけ」なのだから。ならば、日本側は支那側の対応に対しては是々非々で臨むしかないでしょう。


第7項目「せっかく立て直した日中関係だ。主席来日を念頭に、中国にも冷静で真剣な捜査を求めたい」・・・

・・・最早、支那製毒餃子事件はその解決に支那側が協力するかどうかだけが問題であり、支那が協力しないのなら日本国民としては自分と家族の健康を守るためにChina Free をいよいよ推進励行するだけのこと。

また、胡氏を歓迎すべきかどうかは、支那製毒餃子問題の帰趨にかかわらずより広範な支那と日本の関係から判断されるべきことでしょう。蓋し、支那による東シナ海の油田盗掘や汚染物質の東アジアの生態系への垂れ流しの実態、あるいは、チベットや東トルキスタンでの人権抑圧、更には、日本と日本の生命線たる台湾に向けられた夥しい核ミサイルのことを鑑みれば、胡錦濤氏を日本国民が迎える態度は少なくとも「冷たい」とは言わないが、熱烈歓迎からはほど遠い「なま暖かい」ものにならざるをえないのではないか、と。


これらの項目に関して私はそう考えています。尚、「支那製毒餃子問題」に関する朝日新聞の主張については下記拙稿をご参照いただければ嬉しいです。


朝日新聞社説「ギョーザ事件―冷静に対立を解きほぐせ」批判
 


(2008年3月14日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube