民主党の狂気と純情☆鳩山New York Times寄稿論稿紹介(参)




The financial crisis has suggested to many that the era of U.S. unilateralism may come to an end. It has also raised doubts about the permanence of the dollar as the key global currency.

I also feel that as a result of the failure of the Iraq war and the financial crisis, the era of U.S.-led globalism is coming to an end and that we are moving toward an era of multipolarity. But at present no one country is ready to replace the United States as the dominant country. Nor is there a currency ready to replace the dollar as the world’s key currency. Although the influence of the U.S. is declining, it will remain the world’s leading military and economic power for the next two to three decades.

Current developments show clearly that China will become one of the world’s leading economic nations while also continuing to expand its military power. The size of China’s economy will surpass that of Japan in the not-too-distant future.


今般の世界金融危機によってアメリカによる一極支配時代の終焉が近いことを悟った人々は少なくありません。而して、それはまた、基軸通貨としてのドルの時代が永遠に続くという認識にも修正を迫るものだったのではないでしょうか。

蓋し、イラク戦争の失敗と金融危機の結果、アメリカ主導のグローバリズムの時代もまた終焉を迎えつつあること、而して、我々が多極化の時代に向かっていることもまた私は感じざるを得ないのです。現在の時点においては、しかし、覇権国家としてアメリカに一国で代わる用意のできている国はただの一つもない。また、ドルに代わる基軸通貨として機能する用意ができている通貨も存在しないのであります。ならば、アメリカの影響力は逓減しているものの、次の20年か30年の間、世界の軍事と経済においてアメリカは指導的な位置にあり続けるに違いない。

現下の発展を鑑みるに、支那が世界の指導的な経済大国になるであろうこと、他方、支那がその軍事力をも拡大し続けるであろうことも自明でしょう。実際、支那経済の規模は、極めて近い将来に日本のそれを上回ることは確実なのですから。


How should Japan maintain its political and economic independence and protect its national interest when caught between the United States, which is fighting to retain its position as the world’s dominant power, and China, which is seeking ways to become dominant?

This is a question of concern not only to Japan but also to the small and medium-sized nations in Asia. They want the military power of the U.S. to function effectively for the stability of the region but want to restrain U.S. political and economic excesses. They also want to reduce the military threat posed by our neighbor China while ensuring that China’s expanding economy develops in an orderly fashion. These are major factors accelerating regional integration.


世界の覇権国家としての現在の地位を保つべく鋭意努力しているアメリカと、世界の支配的な国家になる道を模索している支那との間にあって、日本はいかにしてその政治的と経済的な独立を保ち国益を確保していくべきなのか?

これこそ日本のみならず、アジアの中小規模の国が解答を迫られている問題である。日本を含むアジアの中小の国は、アメリカの軍事力とそれがこの地域の安定のために効率的に機能することを望んでいるものの、他方、政治と経済の両面でアメリカの過剰な影響力を制限することもまた望んでいる。日本を含むアジアの中小の国はまた、隣人たる支那の軍事的脅威が低減することを望んでいるが、一方、拡大を続ける支那経済が秩序だったあり方でその発展を続けることの保証をも望んでいる。これらのことが地域的統合を加速させる主要な要因である。と、そう私は考えているのです。


Today, as the supranational political and economic philosophies of Marxism and globalism have, for better or for worse, stagnated, nationalism is once again starting to have a major influence in various countries.

As we seek to build new structures for international cooperation, we must overcome excessive nationalism and go down a path toward rule-based economic cooperation and security.

Unlike Europe, the countries of this region differ in size, development stage and political system, so economic integration cannot be achieved over the short term. However, we should nonetheless aspire to move toward regional currency integration as a natural extension of the rapid economic growth begun by Japan, followed by South Korea, Taiwan and Hong Kong, and then achieved by the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and China. We must spare no effort to build the permanent security frameworks essential to underpinning currency integration.


今日、その衰退の是非は問わず、マルキシズムとグローバリズムという超国家的な「政治哲学-経済的哲学」が衰退し、また、かってそれらが有した神通力を失うにともない、ナショナリズムが様々な国で再び大きな影響力を持ち始めています。

而して、我々が国際協調のための新しい機構枠組みを作ろうとする場合には、行き過ぎたナショナリズムを乗り越えルールに則って懸案が処理されるタイプの経済協力と安全保障を実現するようにしなければならないのだと思います。

欧州とは異なり、この地域の国々は、その国の規模にせよ、あるいは、経済発展段階や政治のシステムにせよ大きく異なっている。ならば、東アジア地域の経済的な統合が短期間で達成されることは極めて困難であるに違いない。それにもかかわらず、しかし、日本を嚆矢とし、而して、韓国・台湾・香港がそれに続き、更にその後、東南アジア諸国連合(ASEANN)諸国と支那が達成した急速なる経済発展の延長線上にある自然な流れとして、我々は地域通貨の統合に踏み切る動きを志すべきなのです。蓋し、我々は、そのような通貨統合の不可欠な土台である永続的な安全保障の枠組みを構築する努力を惜しんではならないのです。


Establishing a common Asian currency will likely take more than 10 years. For such a single currency to bring about political integration will surely take longer still.

ASEAN, Japan, China (including Hong Kong), South Korea and Taiwan now account for one quarter of the world’s gross domestic product. The economic power of the East Asian region and the interdependent relationships within the region have grown wider and deeper. So the structures required for the formation of a regional economic bloc are already in place.


アジアの共通通貨の設立には、おそらく10年以上の歳月を要するのかもしれません。そのような単一通貨の創設に比べても、【東アジア地域の】政治的統合を達成するには一層長い時間がかかることもまた確実でしょう。

けれども、ASEAN諸国、日本、(香港を含む)支那、韓国そして台湾は、現在では世界の国内総生産【GDP】の四分の一を占めるに至っている。東アジア地域の経済力とこの地域における相互依存の関係はより広くより深くなってきているのです。ならば、地域経済ブロックの形成に必要な枠組みはすでに実質的に機能しているのですから。


<続く>






(2009年8月29日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



スポンサーサイト

テーマ : 衆議院選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube