<アーカイブ>上田桃子プロは女子ゴルフ界のエリカ様?(上) 

erikamomoko4
【Beautiful Beast and Brilliant Champion】


以下は2年半くらい前、そう2007年11月15日に姉妹ブログgoo版の「英語と書評 de 海馬之玄関」にアップロードしたものの転載です。今回、思う所もありそのまま転記することにしました。要は、「昭和末娘」と呼ばれた沢口靖子さんの後、ひょっとしたら日本で最後の<お姫様女優>になれる資質をもった素材も、「努力することこそ人生の真善美である」あるいは「自分が今こうしてあるのもご先祖様と周囲の皆様のお蔭」という認識を欠くのならばかくも短期間に無惨な姿をさらすものか。そういう、祇園精舎の鐘の声を最近聞いたように感じたから。と、後は850日前の<私>に語らせましょう。





もう10日前のことになりますが、KABUが応援している上田桃子プロが、全米女子プロ公式戦を兼ねたミズノクラシックで優勝。今期4勝目で上田プロ自身初の賞金女王に一歩近づきました。今日、11月15日現在、女子プロトーナメントツアーも残すところ後2試合(大王製紙エリエールレディスオープン:11月16日~18日, LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ:11月22日~25日)。上田さんはKABU&寛子さんと同じ九州出身ですが、広い意味の同郷というそれだけでなく、今回の桃子姫の優勝を私は大変嬉しく思いました。なぜか。

これまた、かなり旧聞に属しますが、上田桃子プロのオフィシャルブログが「炎上」したそうです。TBS系「情熱大陸」の10月7日の放送で、「同級生とかで、バレーとかバスケとかをしてる子がもう、不思議でしょうがなかったと言うか、先がないスポーツを何でできるんだろうと思って」という上田さんのコメントが発端になり、「他のスポーツを解りもしないのに語らないでほしい」「見てただただ腹が立つ。ゴルフだって稼げる一部の人間だけじゃないか」「思ったことを何でもずばずば言えばいいというものではありません。【2007年度のツアーも最終盤に入った段階で賞金ランキングで貴方はTopに立っているのだから】昨年までの上田プロとは立場が違うということを認識しましょう」などといった批判的なコメントが多数寄せられたとのこと。この「ブログ炎上事件」以来、週刊誌等は桃子姫を「女子ゴルフ界のエリカ様」と揶揄する記事の on parade 。

「女子ゴルフ界ではないエリカ様」とは、そう、ご自分が主演した映画の舞台挨拶の際に「別っーに」と「不機嫌モード炸裂」させて世間から「おいお前、その小娘、お前何様」の顰蹙とバッシングの十字砲火を浴びた末に涙の謝罪会見に追い込まれた、あの<美獣>沢尻エリカ嬢のことです。上田プロの公式ブログのタイトルが「桃尻桃子の「待ってろ世界!」」ということもあり、後ほど記すように本来「月とスッポン」の両者を非常識な言動で世間を騒がせた21歳という共通項で括り、「沢尻&桃尻」とパラレルに扱う記事が続出したのです。


erikamomoko5


そんな、世間の「女子ゴルフ界のエリカ様」批判から1ヵ月。我らがおてもやん桃子姫は上で紹介したように、日本の女子プロトーナメントの中でも最も格上の大会の一つ、ミズノクラッシックの優勝で見事に世間の誹謗中傷を自力で捩じ伏せた。流石、肥後女! 凄いぞ桃子姫♪

さて、ここで話はまた10月7日の「情熱大陸」に戻ります。「先がないスポーツ」発言によるブログ「炎上」を受け、翌10月8日、上田プロは速攻で件の発言の真意を説明しました。その大意は、件の発言はゴルフ以外のスポーツに情熱をもって取り組んでいる人を嘲笑したものではないということです。そして、インタヴューで話した「先がないスポーツ」 という批判の中心となった言葉の意味についても「だって、プロっていうものがないじゃないですか? なのにどうしてそこまで頑張れるのかなっと思って」と、これ以上ないほど正直かつ率直に自分の真意を説明した。また、その同じ10月8日の公式ブログ記事では、上田プロが、小学校4年生でゴルフを始め、バレーやバスケも学校でよくやってたことや、今では「冗談抜きで私スポーツ界の中で一番バレーをよく観るんですよ」とバレーボール好きをアピールしたのです。

こうして、ブログ炎上に結びついた桃子姫のTVインタヴューコメントの内容を調べてみると、同じ21歳の<非常識な言動>として取り上げられたものの、<美獣>エリカ嬢の「別っーに」発言が、TPOにそぐわないだけでなく、TPOから切り離してその発言だけを見た場合にも無内容かつ礼儀知らずのものであったのに対して、(TV局が編集したインタヴューがゆえにTPOは元来問題にならない上に)問題にされた桃子姫のコメントは実は内容的になんら問題がないことは明らかだ、そう私には思われてきたのです。

否、桃子姫のコメントは現在の日本の若者に切に求められているあるタイプの資質を彼女が濃密に備えていることを示しているとさえ思える。それは何か? あるタイプの資質と何か? それは冗談抜きに「おてもやん性」であり「肥後もっこす性」ではないか。今現在、私はそう考えるに至ったのですが、それを説明する前に桃子姫と<美獣>エリカ嬢のプロフィールを比較しておきましょう。


◆おてもやん桃子姫
D.O.B. :June 15, 1986
Home Town:熊本県熊本市
School graduated from:東海大学付属第二高等学校卒業
Size: hight -161cm, weight -54kg, blood type-A
Ranking:2006年賞金ランキング13位ー0勝
   2007年賞金ランキング01位-4勝(2007年11月15日現在)

◆<美獣>沢尻エリカ嬢
D.O.B. :April 8, 1986
Home Town:東京都
School graduated from:日出女子学園高等学校中退
Size: hight -160cm, weight -N/A kg, blood type-A
    


上田桃子プロの発言は何も間違ってはいない。私はそう思っています。上田プロが「お金が稼げるかどうか」という基準で、任意のスポーツを「先があるスポーツ」か「先がないスポーツ」かに2分したことは誰からも批判される筋合いわないということです。実際、「情熱大陸」の録画を何度見返しても、上田さんが「先がないスポーツ」を馬鹿にしているなどということはない。上田さんの語る「先がないスポーツ」とは「将来、人気が低迷し競技者人口も減少するようなスポーツ」という意味ではなく、「競技者がそれに職業として携われるスポーツ」という意味であり、これは「馬鹿にする」などの価値判断ではなく、「スポーツの職業としての可能性」という純粋な「事実認識」の問題に他なりません。

加えて、放送されたインタヴューの中で上田さんは、このような「スポーツの職業としての可能性」という純粋な「事実認識」を前提にした上で、あくまで、「私なら先がないスポーツではそんなに頑張れないよ」と正直に告白しただけではないでしょうか。つまり、上田さんは「先がないスポーツなんかやめれば」と他人に言っているわけではない。上田桃子プロのコメントをこう捉えるとき、「スポーツの職業としての可能性」と「どんなスポーツなら自分は頑張れるか」を巡る認識を披露したことの何を批判されなければならないというのでしょうか。何も批判されることはないに決まっています。





上田プロの言う、バレーボールやバスケットボールが(日本の女子において)「先がないスポーツ」という事実認識が間違いならそれを指摘すればよい。けれども、上田プロの事実認識が満更間違いでない場合、上田プロが「私なら先のないスポーツではそんなに頑張れないな」と吐露することを他人がとやかく批判することなどできはしないのです。それとも、ゴルフやテニスの賞金女王は、競馬の賞金獲得 Top 騎手は、あるいは、プロ野球やサッカーの億円プレーヤーは、その影響力を考えて「自分がどんなスポーツなら頑張れるのか/どんなスポーツなら頑張れないのか」を言ってはいけないとでもいうのでしょうか。

もし、そんな主張をする論者がいれば、その主張はそれこそ憲法の表現の自由と思想信条の自由を理解しない議論でしょうし、加えて、それは若い才能がどんな認識と覚悟でもって厳しい競争世界であるスポーツ界に飛び込んだかの本音を知りたいと思う多くの若者の知る権利を封じる権威主義的な言説と言われるべきではないでしょうか。

桃子姫の言う「先がないスポーツ」関係者が、「ゴルフの賞金女王は、「自分がどんなスポーツなら頑張れるのか/どんなスポーツなら頑張れないのか」などを公言して欲しくない」という願望を持たれることを私は否定も批判もしません。けれども、その願望は他者を拘束する権限も他者に反省を促すような内容も持ち合わせていないことは明確でしょう。この点が、自分が主演した映画の舞台挨拶という、いわば(それがグレーゾーンであるにせよ、おそらく)「主演女優」のタスクの範囲内かその極めて近傍の活動において、「別っーに」を連発したあの<美獣>のケースとは決定的に違う。私はそう考えるのです。


erikamomoko2



<続く>






(2010年3月18日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 教育問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube