上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党再生の<切り札>はハートのロイヤル・フラッシュ!

royalflush


今日、4月3日、与謝野馨前財務大臣が自民党に離党届を提出。大方の予想の通り、自民党はいよいよ<融解>しつつあるようです。蓋し、「沈没船=現下の自民党」から逃げたい輩は遠慮なく脱藩すればよい。土台、「権力」という求心力装置を失った以上、国粋馬鹿右翼からリベラル左派まで、社会主義的統制経済を志向する論者から新自由主義の信奉者まで、ある意味、多様さにおいては民主党と比べてもそう遜色のない自民党が<融解>していくことは、むしろ自然の流れと言うべきでしょうから。

けれども、①グローバル化の昂進著しい、かつ、②行政権の肥大化した福祉国家における、③大衆民主主義下の政治においては、国民の意志を統合する政治政党は、資源と所得の社会的に適正な配分と再配分を具現しつつ社会の統合を維持する上での必須の<社会的制度インフラ>であることも事実。

更に、政権交代をもたらし民主党政権を樹立せしめた先の<8・30>総選挙、そして、その2年前の<7・29>参議院選挙でさえ、自民党支持者と保守系民主党支持者を合算すれば、この国の有権者の圧倒的多数が所謂「保守派」である事実を鑑みるに、自民党が<融解>するのは必然としても、我々保守改革派の有権者・国民が保守政党の再構築と保守政権の再興を期待するのもまた当然であり、而して、()人材の豊富さ、()国家経営と国政運営、すなわち、政権担当能力から見て再生され再興されるべき保守政党と保守政権の中核は現下の自民党以外には見当たらないのも事実。以下、そのような現下の<自民党融解前夜>の情勢を報じた新聞報道です。

●<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味
自民党執行部への批判を強めていた与謝野馨元財務相と園田博之前幹事長代理が新党結成に向けて本格的に動き始めた。無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も現実味を帯び、3月の鳩山邦夫元総務相離党の際にはばらばらだった「新党」像がしだいに焦点を結びつつある。与謝野、平沼両氏とも今夏の参院選の標的を民主党と定め、自民党とは敵対しないとしているものの、挙党一致を目指して両院議員懇談会を開催中の自民党にとっては大きなダメージとなった。

与謝野氏は消費税率引き上げを含む税制抜本改革による財政再建が持論。平沼氏は自主憲法制定など保守の理念を前面に掲げる。両氏はもともと関係が近いとはいえ、政策面の方向性は必ずしも一致しない。

園田氏は幹事長代理を辞任した翌3月16日の毎日新聞のインタビューで、「平沼さんは『自分だけだとタカ派の印象が強すぎる。今の時代はタカ派もハト派もない』という気持ちのようだ」と語り、連携は可能との見方を示していた。

新党結成が自民党への打撃になり、結果的に民主党を利することは回避したいという考えでも両氏は共通する。新党結成を急ぐのは「遅くなるほど自民党への打撃が大きくなる」(与謝野氏側近)と懸念するためだ。ただ、両氏が連携しても同調者がどこまで広がるかは未知数だ。

もう一人、党内で動向が注目される舛添要一前厚生労働相は、小泉構造改革路線を支持する塩崎恭久元官房長官や菅義偉元総務相らに支えられる。消費増税に積極的な与謝野氏とは相いれないとの見方が根強い。

(毎日新聞:04月02日 21:34)
    


inadasan2



自民党<融解>は不可避。けれど、保守政党の再構築、而して、その再構築されるべき保守政党の中核は現在の自民党以外にはありえない。この一見相矛盾する現実から目を逸らさない場合、では、我々保守改革派はどのように行動すべきなのか。一体、日本はどこへ行こうとしているのか。そもそも、自民党はなぜにこのような状況に追い込まれたのか。自民党が苦境に陥った原因と自民党を取り巻く現下の状況に関する私の基本的な状況認識については下記拙稿をご参照いただくとして、本稿はこの「Japon, Quo vadis?」の問題意識から、「自民党解体→自民党再生→政権奪還」のための処方箋。その結論部分の走り書きです。

・自民党解体は<自民党>再生の道
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59365402.html


而して、その結論とは、

・保守政党による政権奪回の道は自民党の再生であり、
・自民党再生の道は自民党の解体である。而して、
・自民党再生の切り札は<Royal Flush Hearts>に他ならない


すなわち、

執行部を一新して、稲田朋美・小池百合子・丸川珠代等の諸氏に自民党と日本の保守政治の、畢竟、日本の将来を託すこと。重要なことは、単なるお神輿や選挙目当ての看板としてではなく、彼女達に党内の人事権を始めすべての党内権力を集中すること。

更に、森喜朗・福田康夫の両元首相、及び、青木幹雄元参議院会長の引退。安倍晋三・麻生太郎の両元首相を始め、町村信孝・額賀福志郎・谷垣禎一・古賀誠・伊吹文明・二階俊博・高村正彦等々の有力者は、率先して新執行部のための<球拾い>と<バッティングピッチャー>に専念すること。

これが、江戸幕末の如き、あるいは、鎌倉幕末の如き、(イ)能力的には遥かに倒幕勢力を幕府側が上回りながらも、(ロ)時代の流れの中で、「資源と所得の適正な再配分」、そして、国民意識の統合をなしえなくなった自民党を再生させる道であろうと私は考えます。 

  

自民党<融解>の原因は、複雑に絡み合った既得権的利害調整が政治のほとんどすべてを占めるに至った<しがらみ>であるとすれば、そのようなしがらみから相対的に距離を置いてきた、また、自民党の結党の理念をより率直に政治に反映させるモティベーションが高い、女性政治家を抜擢するに如くはない。と、そう私は考えるからです。

而して、鉄血宰相ビスマルクが喝破したように、(立憲主義の支配する近代国家においては)「政治とは予算」であり、その政治を動かす「権力とは人事権」に他ならない。ならば、我等がハートのロイヤル・フラッシュ(royal [straight] flush hearts)が、「党内の人事権」を適宜行使しながら、(a)下記の指針を堅持して、(b)国民に新生自民党の政策を分かりやすく語りかけることができたならば、そして、(c)組織の呈をなした組織に自民党を生まれかえらせるのであれば、「お雛様執行部=選挙目当ての執行部」などという為にする批判は早晩雲散霧消するものと私は考えます。尚、私の考える「保守主義」の内容については下記拙稿をご一読いただければ嬉しいです。

・保守主義の再定義(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59162263.html

・保守主義とは何か(1)~(6)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/56937831.html

・読まずにすませたい保守派のための<マルクス>要点便覧
 -あるいは、マルクスの可能性の残余(1)~(8)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/57528728.html


・構造改革の推進と地方再生の実現を同時に確実に具現すること
・戦後の権門体制、すなわち、「政官財+労組」と自民党のしがらみを断ち切ること

・冷戦構造下の欺瞞に満ちた惰眠から国民を覚醒させること、
 就中、集団的自衛権の解釈変更と憲法改正の断行
・アメリカとの同盟強化、特定アジアとは「政凍経冷」を目指すこと

・英米流の中庸を得た言葉の正確な意味での<保守主義>を具現すること
・皇室をその不可欠の一部とする日本の国柄を自覚的に復活強化し、世界の保守勢力との連携を強化すること


而して、「自民党解体→自民党再生→政権奪還」を期した、自民党の執行部として私が期待する「Team of royal flush hearts」は次の通り、




■KABUの希望する再生自民党の新執行部


inadasan6

総裁:稲田朋美
DOB:1959年2月20日
POB:福井県今立町(現:越前市)
EDU:早稲田大学法学部
OCC:弁護士
CID:衆議院議員(当選2回:財務金融委員会)     




koikesans.jpg

幹事長:小池百合子
DOB:1952年7月15日
POB:兵庫県芦屋市
EDU:カイロ大学社会学部
OCC:ニュースキャスター
CID:衆議院議員(当選6回:予算委員会)     




marukawasans.jpg

政調会長:丸川珠代
DOB:1971年1月19日
POB:兵庫県神戸市
EDU:東京大学経済学部
OCC:テレビ局社員
CID:衆議院議員(当選1回:厚生労働委員会)     




yamatanisans.jpg

総務会長:山谷えり子
DOB:1950年9月19日
POB:東京都武蔵野市
EDU:聖心女子大学文学部
OCC:ジャーナリスト
CID:参議院議員(当選1回:元衆議院議員(当選1回), 内閣委員会)    





sakuraisanbig.jpg

最高顧問:櫻井よしこ
DOB:1945年10月26日
POB:ベトナム・ハノイ
EDU:ハワイ大学マノア校史学部
OCC:ジャーナリスト
CID:N/A    







(2010年4月3日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 自民党
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。