米国誌タイムが見た等身大の「鳩山民主党政権」-<善意>の上に咲き乱れる奇天烈と危険性(中)

futenma.jpg


Hatoyama seems an unlikely choice to fix the mess. A politician for 27 years, he is as much a member of Japan's élite as the politicians he kicked out of office. The Hatoyamas are the bluest of bluebloods, with a long history in politics and big business. (His father served as Foreign Minister, while his mother's family founded tire giant Bridgestone.) The most unusual thing about him may be his wife Miyuki, who created an international stir by revealing she believed her soul was abducted by aliens and taken to Venus. Ironically, however, it is Hatoyama himself who is widely known as "the alien," the genesis of which has been credited to his often cryptic turns of phrase that leave Japanese guessing about his true opinions. ・・・


鳩山氏は現下の混乱を収拾できる指導者の器には見えない。政治家として27年のキャリアを持っているものの、彼は彼が率いる民主党が政権の座から放逐した旧来の政治家というよりも日本の上流階層の一員と言ったほうがいいだろう。政界と財界に長年に亘り重きをなしてきた鳩山家は上流階層の中でもとりわけ上流に位置しているのだから(実際、鳩山氏の実父は外務大臣経験者であり、他方、鳩山氏の母方は、タイヤメーカーの巨人、ブリジストン社の創業者一族なのだ)。けれども、鳩山氏に関して最も特異なことと言えば、彼の妻、幸夫人かもしれない。彼女は、宇宙人に魂を誘拐され金星に連れて行かれた、私はそう確信していると公言して諸外国でも一種奇妙な人物という風評を得ているからだ。而して、皮肉を言わせてもらえば、広く「宇宙人」として知られているのは鳩山氏自身である。鳩山氏が「宇宙人」と言われるに至った由来は、彼がしばしば口にする意味不明な言説からは彼の真意が那辺にあるかは日本人でさえ推測するしかないことなのだ。(中略)

   
UFO.jpg


Struggling for Approval
During last year's election campaign, this mystery man sold himself as a change agent. Hatoyama has pledged a complete overhaul of decades of policy held dear by the old regime. He has vowed to break the grip of the all-powerful bureaucracy and place greater policymaking authority in the hands of elected politicians to make the government more transparent and accountable. As a guiding principle in economic affairs, he has revived another concept from his grandfather — fraternity — which has translated into a menu of new initiatives aimed at building a more extensive welfare system. That, Hatoyama believes, will bolster consumer confidence and get Japanese, usually big-time savers, to spend more and revive economic growth. In the most recent budget, he has moved spending priorities away from the usual pork-barrel stimulus and toward social services like education. As he puts it, "We will be spending not on concrete but on people." In March, the Diet, Japan's parliament, passed legislation promised by Hatoyama to provide a $140 monthly subsidy to parents for each child of junior high school age or younger. With such measures, "the new administration will be able to lead the economy to a new growth path," he says.


世論の支持取り付けに苦闘する鳩山氏
昨年の選挙期間中、この謎めいた男は改革の先鋒と自身を位置づけ有権者に売り込んだ。旧政権によって、何十年もだらだらと不効率に(dear)運営されてきた政策を抜本的に見直すことを鳩山氏は世論に誓い、そして、この国を牛耳っている強力な官僚支配を打破するとともに、基本的には政策決定の権限を選挙で選ばれた政治家の手に取り戻すこと、もって、より透明性が高くより説明責任を果たせる政府を構築することを世論に誓約したのである。他方、経済政策に関しては「友愛」を指導原理として採用することを鳩山氏は宣言した。この「友愛」とは、鳩山氏が祖父から継承し再生させた【対米独立に加えて】もう一つのアイデアであり、それはより広範な社会福祉制度の構築を志向する一群の新しい経済施策に落とし込まれて現在に至っている。而して、これら一群の経済施策(that:a menu of new initiatives)によってすれば、経済に対する消費者の不安は解消され、通常は遊行に時間をあまり使わない日本人も生活必需品以外にも幾らか消費するようになり、もって、経済の成長も再起動するに違いないと、そう鳩山氏は確信しているのだ。そのような考えから、直近の予算案では予算配分の重点は、広い意味では選挙目当てと勘繰られても文句の言えない公共事業的な景気刺激対策から教育分野の如き社会的サービスに変更された。鳩山氏曰く、「コンクリートから人へ」これが民主党政権の予算方針である、と。3月、日本の議会(parliament)である国会(the Diet)は、鳩山氏が有権者・国民に約束していた法案を通過させた。それにより、中学生以下の子供を持つ家計に対して子供一人当たり月額140ドルの補助金が支給されることになる。これらの施策によって「新しい政権は経済を今までとは別の経路で成長軌道に乗せることができるはずだ」と鳩山氏は述べている。
   
【ドイツ法を継受した国の「議会―国会」は大体において「the Diet:der Tag」と言い、中世のフランス法の影響を受けた諸国では、よって、ノルマンコンクエストにより英国も「議会-国会」は「parliament」と呼びます。そして、歴史的特殊事情からアメリカ大陸諸国は南北とも一般に「congress」で「議会-国会」を表します。蓋し、アメリカ人であるこの記事の著者の方には、おそらく、the Dietという単語はそう親しいものではなかったか、少なくとも、著者が主要な読者として想定している一般のアメリカ人には「the Diet」は通じない可能性があると危惧されたの、鴨。と、そう私は考えています。

ちなみに、「the Diet」は中世ラテン語の diete に由来する言葉。そして、その diete は、普通名詞「dies:日」(day:der Tag)が抽象名詞化した言葉で「一日がかりの旅、仕事、執務、・・・」を意味していました。ドイツ語では、「議会-国会」を der Reichtag, der Bundestag(kingdom's Diet, Federal Diet)と呼んでいますが、これは、神聖ローマ帝国時代の諸侯・聖職者会議が 「diete:一日がかりの旅・仕事・執務」と呼ばれていたことに由来します。今の我が国では国会はおおよそ「1月~7月」の通常国会と「9月~11月」の臨時国会で併せて、約8ヵ月、240日ほどの仕事ですから「一日がかりの仕事」というよりはヘビーなはずですが、鳩山氏がそう働いているようには私には見えないですね。】
    

So far, however, Hatoyama has struggled to satisfy Japan's high hopes. The Prime Minister has often appeared a weak, ineffectual leader, unable to provide a clear direction on policy or control a three-party ruling coalition that is a grab bag of politicians with contradictory ideologies, from relative conservatives to outright socialists. ・・・"Whenever you try to get down to reforms you're bound to face difficulties," Hatoyama says, but he insists he has the support of the DPJ and is working cooperatively with his coalition partners.


現在の所、しかし、鳩山氏は日本人が彼に寄せる高い期待に応えることに呻吟している。この内閣総理大臣は、ひ弱で無能な指導者、而して、政策においても明確な方向性を打ち出せない、つまり、三つの政党が連立を組む連立政権を統括できていないと、そういう評がしばしば語られている。ちなみに、連立政権は三党のごった煮であり、その三党の政治家の中には、イデオロギーの観点からは鋭く対立する中道右派から筋金入りの社会主義者まで含まれているのだ。(中略)鳩山氏は「本腰を入れて改革を実践しようとすれば何時でも困難に遭遇するものだ」と述べ、而して、自分に対する民主党からの支持は盤石であり、また、連立政権を組む他の二党とも協調して仕事を進めているところだと鳩山氏自身は強弁しているのだけれども。


UFO2.jpg
    

Matters won't get any easier. Economists worry that Hatoyama's social-welfare programs will only increase the government debt ratio, which is already more than twice that of the U.S. His reforms are also likely to face stiff resistance from the still powerful elements of the establishment, especially the government bureaucracy, which won't readily surrender its influence. Just like so many other Japanese politicians, Hatoyama has already been tarred by an alleged scandal, this one concerning campaign finance.・・・ His Cabinet's approval rating has plummeted in the six months since he took office to a dismal 33%, and there is chatter in Tokyo that he may not last long in office.


蓋し、状況が好転する気配は見られない。経済学者は、鳩山政権の社会福祉プログラムは、その計画が狙う目的を達成することはなく、単に、財政赤字の比率を増やすだけではないかと危惧している。而して、日本の財政赤字は現在でも米国の2倍を越えているのだ。また、鳩山氏の改革は強力な既成の支配層、就中、政府の官僚機構からの頑強な抵抗に直面するのは必至の情勢である。この官僚機構が快く彼等の影響力を民主党政権に差し出すとは到底思われないから。他方、他の多くの日本の政治家と轍を一にして鳩山氏はすでに不正な政治資金にまつわる疑惑をかけられ汚名に塗れている。(中略)鳩山氏が就任してから半年の間、鳩山内閣の支持率は凋落の一途であり33%まで下落した。実際、日本の政界では鳩山氏の退陣もそう遠くはないのではないかという予想が囁かれているのだ。
   

futenmamap.jpg


The confusion within Hatoyama's government has complicated his relations with Washington. His administration "has yet to craft a clear vision of their strategy" on security issues, says Sheila Smith, senior fellow for Japan studies at the Council on Foreign Relations in Washington. "They're working it out as they go." Nowhere has that been more apparent than in Hatoyama's handling of the status of American bases on Okinawa. ・・・In 2006, the U.S. and Japan reached an agreement to move a Marine air base on Okinawa to a less populated part of the island and relocate 8,000 troops to Guam.


鳩山政権内部の支離滅裂振りもあり鳩山氏と米国政府との関係もまた紛糾状態が常態になっている。鳩山政権は安全保障の分野で「明確な戦略のビジョンを構築できないでいる」と、ワシントンにある米国外交問題評議会の日本担当シニアフェローSheila Smith女史は述べている。「鳩山氏を含め鳩山内閣の閣僚達は自分達のかってな思い込みを前提に安全保障政策に取り組もうとしている」とも。蓋し、沖縄にある米軍基地を巡る鳩山政権の対処は結局なんの結論も出せないというのが最もありそうなことだ【前段は否定語のnowhereに引きずられた倒置構文ではなく、thatを副詞と取ります。よって、本センテンスは、Nowhere has that been more apparent than (somewhere has that been) in Hatoyama's handling of the status of American bases on Okinawa.】(中略)2006年、日本とアメリカは、沖縄のある海兵隊基地を人口密集地から沖縄県内のより人口の少ない地域に移転させること、而して、8,000の兵士をグアムに移動させることで合意した。


That wasn't enough to satisfy Hatoyama. During the election campaign, he promised the Okinawans that the air base would be shifted off the island entirely, and since taking office he has effectively shelved the 2006 accord and reopened negotiations with the U.S. After months of waffling and breaking self-imposed deadlines, it's not clear exactly what Hatoyama will propose to Washington, but he told reporters in late March, "I personally should like to consider a path to relocate the air station outside Okinawa."


鳩山氏にとっては、しかし、その日米合意は満足できるものではなかった。昨年の選挙期間中、彼は、件の海兵隊航空基地を沖縄県から完全に移転させると沖縄県民に約束した。而して、総理大臣に就任以来、鳩山氏は、2006年の合意を実質的には棚上げにし、アメリカとの交渉を振り出しに戻してしまったのである。そして、数ヵ月に及び煮え切らない対応を繰り返し、また、自分で勝手に設定した期限を自ら破ったあげくに鳩山氏がどんな提案を米国政府にするつもりなのかは正確な所は明確ではない。しかし、3月末の記者会見で鳩山氏は、「個人的には、できるものなら問題の基地は沖縄県外に移転すべきではないかと考えている」と語った。
   
futenma101


■閑話休題-参考記事

Financial TimesのGideon Rachman氏は”Japan edges from America towards China”「アメリカから離れ支那ににじり寄る日本」(March 8, 2010)の中でこう鳩山氏を評しています。

If the Okinawa dispute was an isolated incident it might be taken as a bit of an accident. But Mr Hatoyama seems to have gone out of his way to confirm that things are changing. ・・・

So what is Mr Hatoyama up to? The uneasy suspicion in Tokyo is that even the prime minister himself may not really know. Mr Hatoyama, it is said, often proposes grand- sounding schemes – whether on climate change or Okinawa – without really thinking them through.

The prime minister’s vagueness means that it is probably overdoing it to suggest that Japan is definitively shifting away from its postwar special relationship with the US. But, nonetheless, over the long term the country clearly faces a crucial strategic choice.


沖縄の問題が単発の問題であるならばそれは単なる【政治的な】事故として取り扱われたかもしれない。しかし、鳩山氏は、日本を取り巻く国際政治のパラダイムが変化していることを確認すべく穏当な問題解決の線から一歩踏み出してしまったように見える。(中略)

では鳩山氏は事態をどうするつもりなのか。まことしやかに東京で囁かれていることは、自分が問題をどう解決するつもりか本当の所は鳩山氏自身分かっていないということだ。畢竟、鳩山氏は、気候変動問題にせよ沖縄の普天間基地の問題にせよ、それらの問題を十分に考えることなく大風呂敷を広げる癖がある、と。そう日本では語られている。

いずれにせよ、首相の言説の曖昧さから、日本が第二次世界大戦後の米国との特別な関係に決定的な変更を加えようとしていると推測することは深読みに過ぎるかもしれない。けれども、鳩山氏の曖昧で無責任で支離滅裂な言動にそう深い狙いがなかったとしても、中長期的には、アメリカを選ぶか支那を選ぶかの死活的に重要な戦略的選択を日本が迫られることは間違いあるまい。   


悪しき政治指導者を描写した次の名宰相チャーチルの言葉を反芻するとき、鳩山氏が、自己の言動に対する自己評価と他者評価の径庭が著しい、自己の責任を毫も認めず不成功の原因を状況と他者に転嫁する、すなわち、オバマ大統領に対して呟いた「トラストミー」に端的に露呈した如く、溢れんばかりの自愛に比べ他者への配慮に決定的に欠ける「無能=有害」な政治指導者であることは自明ではないでしょうか。而して、ウィンストン・チャーチル卿、1930年代の英国の宥和政策を非難して曰く、


They are decided only to be undecided, resolved to be irresolute,
adamant for drift, solid for fluidity, all-powerful to be impotent.


何も決定しないことを決定し、優柔不断でいることを決意し、成り行きまかせにするということでは断固としており、変心しやすいという点では頑固であり、全力を挙げて無能であろうとする。
  
 

<続く>






(2010年4月15日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube