「loopy」は「現実から遊離した人」とする著者の解題記事紹介

loopy5


先日、ワシントンポスト紙上で鳩山由紀夫氏を「loopy」と評した(実は、loopyと評したのはオバマ政権の高官ということですが)同紙専属コラムニストAl Kamen氏の「解題記事」を紹介します。「loopy鳩山」には個人的に今年の流行語大賞というか、民主党政権批判の<技能賞>を進呈したいくらいですが、アメリカにいる著者の目にこの「loopy騒動」がどう映ったかは、日米双方の相手方における自分の認識を考える上で参考になる。と、そう考えたからです。

ここに紹介する記事の出典はWashington Post紙の”Loopy takes Japan by storm”「loopyが日本を席捲」(April 28, 2010)です。尚、「loopy旋風」を巻き起こしたKamen氏の4月14日付のコラムの翻訳はウェブ上に数多ありますが、弊ブログの訳は下記拙稿をご参照ください。


・米国紙「鳩山首相が最大の敗者」-ワシントンポストさんまだまだ甘いんちゃう?
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59438817.html


loopy1


It seems Japan just can't let go of our April 14 column calling Prime Minister Yukio Hatoyama the "biggest loser" at the recent nuclear summit here because he asked for -- but did not get -- a one-on-one meeting with President Obama. We also described him as hapless and, in the view of Obama administration officials, "increasingly loopy."

The next day, a top aide to Hatoyama criticized the use of "loopy" as "somewhat impolite." In a just world, that might have ended the matter.


日本は、オバマ大統領に差しの会談を申し込んだものの断られた鳩山由紀夫首相を核安全首脳会議における「最大の敗者」と呼んだ4月14日の私達のコラムの呪縛から逃れられていないように見る。そこで私達は、鳩山氏のことを奇妙なと記述もしたし、オバマ政権のある高官の見解として「益々loopyになっている」とも評した。

コラムが発表された翌日、鳩山側近の最高幹部が「loopy」という語の使用は「些か失礼」ではないかと批判した。世間では、大体、その側近の批判が出ればこのような事態は収まるものだと思う。    


Alas, Hatoyama stunned members of the Japanese parliament, the Diet, last week when he said that the characterization may have been correct after all. "As The Washington Post says, I may certainly be a foolish prime minister," Hatoyama said, using a rather mild interpretation of the term.

Next thing you know, "loopy" is all the rage in the Japanese media, the new "in" term, even if its meaning is in doubt. An online poll reportedly found this when it asked: "'What do you think of the harsh criticism Prime Minister Hatoyama received from the American media during his American visit?"

A total of 84.7 percent of the respondents answered, "They took the words right out of my mouth."・・・


けれど、な、な、なんと! 鳩山氏は日本の議会、それは国会と呼ばれているのだけれど、日本の国会議員を失神させるような言葉を述べたのだ。すなわち、本質的には「loopy」という自分への評は正しいかもしれない、と。鳩山氏曰く、「ワシントンポスト紙が言うように、確かに私は馬鹿な総理大臣なの、鴨」と。もちろん、「馬鹿な」ではなく【「愚か」という】若干控えめな言葉を使ったにせよ鳩山氏はそう述べたのである。

そして、驚くべきことに気づいた時には、「loopy」は日本のメディアの寵児になってしまっていたのだ。而して、その「loopy」は新しい意味を「帯びさせられ」て、というか、むしろ、些か疑わしい意味を付与されてというべきかもしれないけれども。伝えられている所では、あるウェブ上のアンケート調査では、「訪米中の鳩山首相に投げつけられたアメリカのメディアからの辛辣な鳩山批判についてそう思うか」という質問に対する結果が、「loopy」がメディアの寵児になったことを雄弁に物語っている。

この質問に回答したアンケート参加者の84.7%が「アメリカのメディアの批判は正に我が意を得たり、みなまで言うなの類だ」と答えたのだから。(中略)    


loopy3



But confusion abounds as to what the word means.

We got a kind e-mail Saturday from Masayoshi Yamada, an emeritus professor of linguistics at the University of Shimane, who said the "Japanese mass media showed us two different translations" of the word.

"One translated it into the Japanese as meaning 'stupid,' " he wrote, "the other 'crazy.' " A dictionary of American slang, he added, "defines it as 'stupid, silly or eccentric,' " which left him and his students "just helpless when we wanted to decide what your 'loopy' usage precisely means."


しかし、この言葉の意味を巡っては多くの混乱が見られる

私達の手元に言語学が専門の山田政美島根大学名誉教授から丁寧なメールが届いた。山田先生はそこで「日本のマスメディアはこの言葉の意味について二種類の訳をしている」と述べておられる。

すなわち、「一つは日本語で言えば「馬鹿」であり、他の一つは「狂った」」である、と。また、山田先生は米語俗語辞典を紐解いても「馬鹿な、愚かな、とともに、常軌を逸した」という意味が書いてあり、而して、山田先生とその学生達が「loopyという語で貴殿が何を表したかったのかを正確に知ろうとしても途方に暮れるしかない」と書いて寄越されたのだ。   


hatoyamaloopy.jpg


Dear Professor Yamada:

Thank you for your inquiry. At the outset, we must emphasize that "loopy" is the exact polar opposite of "in the loop," which means plugged in or very well informed about things, especially the internal decision-making at the top levels of organizations.

That said, it seems all of these definitions being used -- from Hatoyama's somewhat charitable "foolish" (translated by some as "confused," as in fuzzy-headed, the way you might be from cold medicine or drugs or alcohol) to the very harsh "crazy" -- do not quite capture the meaning.

After discussion with several experts -- actually, reporter colleagues who sit within a 30-foot radius -- the consensus is that the term essentially refers to someone oddly detached from reality. ・・・

Now, that was loopy. Hope this helps.


山田教授殿

お問合せいただきありがとうございました。最初に申し上げるべきは、「loopy」という言葉の意味は「in the loop:必要なすべての情報を踏まえている」という表現の対極にあるということです。すなわち、「in the loop」とは、物事に関する情報ルートに接している、すなわち、十全なる情報を備えているということ、就中、組織内部でTopレベルが決断するに際して決断に必要な情報をすべて備えているということ。

「loopy」の意味が「in the loop」の対極であるとして、実際に用いられたloopyの様々な意味、すなわち、些か鳩山氏に対して手加減した「愚かな」(私なりに意訳すれば、「混乱している」とか、風邪薬やアルコールを飲んだ後のように「ぼーっとしている」)から、かなり際どい「狂った」に至るまでの様々な語義をもってしても「loopy」という言葉で私が表したかったことを尽してはいないように思います。

ということで、何人かの専門家と討議した結果、実際には、私の席から半径30フィート以内にいる記者仲間と話した結果なのですが、本質的にこの言葉は変に現実から遊離している人を表ししている、と。そういう結論に達しました。(中略)

これが「loopy」の意味。この回答が先生のお役に立てるようでしたら幸いです。   






(2010年5月7日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube