尖閣問題-共産党にも劣る民主党政権は<張子の虎>以下か?

catandtool


まず、昨日、2010年9月20日、敬老の日のしんぶん赤旗の記事抜粋。

◎日本の領有は正当-尖閣諸島 問題解決の方向を考える

沖縄の尖閣(せんかく)諸島周辺で今月、中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し、漁船の船長が逮捕されたことに対し、尖閣諸島の領有権を主張する中国側の抗議が続いています。日本共産党は、同諸島が日本に帰属するとの見解を1972年に発表しています。それをふまえ、問題解決の方向を考えます。

・歴史・国際法から明確
尖閣諸島(中国語名は釣魚島)は、古くからその存在について日本にも中国にも知られていましたが、いずれの国の住民も定住したことのない無人島でした。1895年1月に日本領に編入され、今日にいたっています。1884年に日本人の古賀辰四郎が、尖閣諸島をはじめて探検し、翌85年に日本政府に対して同島の貸与願いを申請していました。日本政府は、沖縄県などを通じてたびたび現地調査をおこなったうえで1895年1月14日の閣議決定によって日本領に編入しました。

歴史的には、この措置が尖閣諸島にたいする最初の領有行為であり、それ以来、日本の実効支配がつづいています。所有者のいない無主(むしゅ)の地にたいしては国際法上、最初に占有した「先占(せんせん)」にもとづく取得および実効支配が認められています。

日本の領有にたいし、1970年代にいたる75年間、外国から異議がとなえられたことは一度もありません。日本の領有は、「主権の継続的で平和的な発現」という「先占」の要件に十分に合致しており、国際法上も正当なものです。

中国側の領有権主張は70年代から中国、台湾が尖閣諸島の領有権を主張しはじめたのは1970年代に入ってからです。1969年に公刊された国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の報告書で、尖閣諸島周辺の海底に石油・天然ガスが大量に存在する可能性が指摘されたことが背景にあります。台湾が70年に入って尖閣諸島の領有権を主張しはじめ、中国政府も71年12月30日の外交部声明で領有権を主張するにいたりました。

たしかに、尖閣諸島は明代・清代などの中国の文献に記述が見られますが、それは、当時、中国から琉球に向かう航路の目標としてこれらの島が知られていたことを示しているだけであり、中国側の文献にも中国の住民が歴史的に尖閣諸島に居住したことを示す記録はありません。中国が領海法に尖閣諸島を中国領と書き込んだのは1992年のことでした。それまでは、中国で発行された地図でも、尖閣諸島は中国側が「領海」とする区域の外に記載されていました。

(しんぶん赤旗2010年9月20日の紙面より)    


 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-09-20/2010092001_03_1.html



catandcat



◆海馬之玄関ブログの感想


日本共産党でさえこう言うてはるんやで、

なら、民主党政権、尖閣問題、どないすんねん!

それと、自民党も、アリバイ的にもごもごもごもご、

「尖閣諸島は日本の固有の領土、尖閣諸島周辺には領土問題は存在しない、中国政府の今般の一連の対応は遺憾」等々、言うとるだけやのうて、ちゃんと、その正しい主張を内外に発信して、支那をディベートに引きずり込まんでどないすんねん!   


民主党も自民党も、ネコの共産党にも劣る、

張子の虎か、ちゅーねん!


要は、

尖閣諸島の問題もそうやねんどな、外交問題は、就中、特定アジアとの問題は、ディベートで解決せな埒はあかんということや思うんですよ。而して、欧米でも特定アジアでも(要は、日本以外では?)

「ディベートで解決」ちゅーことはやね、

①「武力や実力行使ではなく理性的な言論で解決」


という意味だけやのうて、ていうか、
そんな①のニュアンスと違うて、

②ロジックと広報戦略を武器にした<喧嘩>で解決するという意味なんやで、と。   


今般の尖閣問題では、このことを、日本国民が学習するえー機会に自民党はせなあかんのとちゃうやろか。と、そう私は思うんです。

畢竟、この須臾の間、日本国民の眼前で繰り広げられてきた外交安全保障分野での無為無策、支離滅裂&偽装牛肉・・・的の状態を想起すれば、民主党政権の実害は憂慮すべきではある。確かにそれはそうなんやけど、他方、コトナカレ主義の<性善説>が(要は、なんか支那や韓国が怒りはって、問題が生じたんは日本外交の失敗やとか、例えば、「小泉首相の靖国神社参拝」は日本外交の例外的な大失敗やったんやでとかの認識が)あたかも世界の常識であるかの如く伝えてきた、これまでの朝日新聞を始めとする日本のメディアの非常識な虚偽が、この尖閣諸島問題を契機に露呈しつつあるのは、せめてもの朗報や言うべき「鴨南蛮」やなかった、言うべきなんかもしれへんな。と、そう私は考えてます。


その点、「流石、筋論で矜持を示した虎ネコ、じゃなかった、共産党」というべき、鴨。

ということで、ほんま頼むで。

張子の虎、じゃなかった、民主党と自民党。




hosino-aki629ss.jpg



尚、尖閣問題がもう一つ炙り出した日本の問題、沖縄問題について。

そして、更にもう一つ、

近代の「国民国家」成立以降、現下の、①グローバル化の昂進著しい中の、②大衆民主主義下の、③行政権が肥大した福祉国家では、就中、政権を目指す「包括政党」においては、()各政党の政策が漸次接近して変わりばえしなくこと、()ナショナリズムが左右を問わず(日本共産党から維新政党新風に至るまで)政党の政策の標準装備の枠組みになる経緯    


これらについては下記拙稿をご参照いただければ嬉しいです。

・「沖縄は中国領?」☆さよか、なら、「さよなら沖縄♪」かな?
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59900150.html

・自民党<非勝利>の構図-保守主義とナショナリズムの交錯と乖離(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59722931.html

・政党政治が機能するための共通の前提
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59892102.html


б(≧◇≦)ノ ・・・打倒、民主党!
б(≧◇≦)ノ ・・・共に闘わん!!





(2010年9月21日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube