「左翼」という言葉の理解に見る保守派の貧困と脆弱(下)




◆「左翼-リベラル」と保守主義

ヘラクレイトスが呟いた如く、万物は流転する。而して、左翼も、よって、「左翼」という言葉の語義も変化しています。実際、現在、「左翼」は「左翼=社会主義」であり、つまり、左翼とは「生産と分配の決定権と責任が個人ではなく「社会=集団」に帰属すべきだとする主張」という、プリミティブというか(そのコミュニティーメンバーが共同で収益可能な入会地等を利用する用益物権が広範に認められていた)プレ近代の社会主義にこそより当てはまる定義を連想する向きはそう多くないでしょう(逆に言えば、そのようなシンプルな「社会主義」は「全体主義」だけでなく「保守主義」ともそう矛盾するものではないと思います)。

畢竟、この項の結論を先取りして言えば、2010年の現在、保守派が対峙すべき<敵の正体>としての「左翼」の語義は、「左翼-リベラル」として重層的に構成せざるを得ないのではないかということ。そう私は考えています。

国家権力と資本主義を否定する左翼は、社会主義体制の崩壊を目撃して、資本主義の打倒が国家権力を手段としては到底不可能な現実に慄然とした一方、例えば、ネグリ&ハート『帝国』(2000年)に端的な如く、資本主義に引導を渡す役目を伝統や文化とは無縁な「普遍的で形式的な価値観」を紐帯とする共同体やネットワークに求めた。他方、(新自由主義を含むレッセフェール的なリバタリアニズムを鋭く批判する)リベラル派は、伝統や文化の多様性に価値を置きつつ、よって、国家権力や国家社会の諸個人に対する文化的介入を忌避しながらも、資本主義下の資源と所得の再配分領域では国家権力の積極的な活動を要求する勢力と規定できるかもしれません。

蓋し、ハーバマスが唱えた(その社会の固有で自生的な伝統や文化とは無縁な、「法治主義」や「適正手続としての法の支配」「法が支配する安定的な社会秩序」等々の形式的な憲法的価値を中核とする)「憲法愛国主義」による社会統合のアイデアは、正に、「左翼-リベラル」を縦断する世界観の社会思想的表現なの、鴨。畢竟、ケインズに対して「知的傲慢」や「理性の濫用」という非難を常套していた、保守主義の代表的論者とされるハイエクの主張が、人間理性への不信にあるとすれば、正に、それが左翼的世界観と対立すること、他方、あるタイプのリベラリズムとは協調の余地もなくはないだろうことは、伝統と文化、および、国家権力の役割を巡る上記の観点から推測できるのではないでしょうか。閑話休題。   

蓋し、「左翼-リベラル」と保守主義を巡るこのような概観が満更間違いではないとすれば、現下の「左翼」と「リベラリズム」の事物定義は次のようなものになると思います。

・「左翼」の事物定義

①人間理性と国家権力の万能感、および、社会改革理論の教条主義
②社会に内在する伝統的と文化的な多様性への無関心
③伝統的な「価値観=社会規範」を再生産する(保守政権の)国家権力の介入の忌避
④伝統的な「価値観=社会規範」を脱構築する(左翼政権の)国家権力の介入の容認
⑤形式的な価値を紐帯とする人為的な共同体やネットワークによる資本主義の消滅
⑥国家権力否定のための自己の国家権力の拡大強化
⑦伝統の帰属点であり伝統を紡ぎだす苗床としての国家社会への無関心   

・「リベラリズム」の事物定義

①人間理性の万能感もしくは性善説、国家権力に対する性悪説、および、社会改革理論への無関心
②社会に内在する伝統的と文化的な多様性の推奨
③伝統的な「価値観=社会規範」を再生産する(保守政権の)国家権力の介入の忌避
④伝統的な「価値観=社会規範」を脱構築する(左翼政権の)国家権力の介入の忌避
⑤資本主義の活動結果の矛盾の国家権力による解消
⑥国家権力の容認、資源と所得分配の手段としての国家権力の拡大強化
⑦伝統の帰属点であり伝統を紡ぎだす苗床としての国家社会への無関心    



而して、保守主義とは、(a)(人間理性と国家権力の万能感を否定し、よって、その人間理性が発見したと称する「普遍的な社会改革の理論」なるものへの不信を露にする)反教条主義的で(b)国家権力に多くを期待しない自己責任の原則を尊ぶ態度であり心性と言えるでしょう。ゆえに、保守主義は、(c)社会的紛争の解決においても可能な限り国家社会や国家権力の作るルールではなく、伝統と慣習に任せるべきだとする態度であり、よって、(次善の策として)国家社会や国家権力の作るルールには可能な限り伝統と慣習がインカーネートされるべきだとする心性とも言える。と、そう私は考えています。

(a)保守主義→反教条主義-漸進主義
(b)保守主義→国家権力からの脱依存-自己責任の原則の称賛
(c)保守主義→伝統と慣習の尊重


白黒はっきり言えば(冒頭に例示した、夫婦別姓法案の是非がその一つの典型事例なのですが)、保守主義は、①②③④「左翼-リベラル」とは異なり、それが自分たちの伝統であり文化であり慣習であると考えるものが、(地域コミュニティーではなく国家社会規模の社会においては次善の策として)国家権力の強制力を用いてでも社会において実現されるべきと考える強面の思想である反面で、彼等が当該の社会に自生する伝統と文化、ルールやマナーに敬意を表する限り、他の伝統と文化を呼吸する人々が彼等の伝統と文化を尊重することを容認、否、賞賛さえする寛容な社会思想でもある。畢竟、保守主義は、伝統や文化に価値を認めない左翼やそれらの価値を相対主義的に容認するにすぎないリベラル派とは鋭く対立することにならざるを得ないのだと思います。

ならば、⑦近代の「国民国家=民族国家」成立以降、<政治的神話としての民族>と<政治的神話としての国民>が自生的な伝統と文化が仕分けされ収納される枠組の単位として確立して以降、(ヘーゲルの謂う「絶対精神」などの観念の空中楼閣ではなく、伝統と文化の帰属点として社会学的に観察可能な機能を発揮している)国家社会に対して保守主義は積極的にその価値を認めることになる。他方、左翼は、(先のハーバマスの憲法愛国主義に顕著な如く)歴史的に特殊な内容をともなった自生的な伝統や文化が帰属する国家社会の価値を否認し、また、リベラル派もそのような国家社会単位の伝統と文化の(他の多様な諸価値や伝統と比べた場合の優越的な)価値を認めようとはしない。而して、保守主義とナショナリズムは戦友であり、それらと「左翼-リベラル」は不倶戴天の関係にあると言えるでしょう。尚、伝統と文化、そして、ナショナリズムを巡る私の基本的な理解については下記拙稿をご参照いただきたいと思います。

・「偏狭なるナショナリズム」なるものの唯一可能な批判根拠(1)~(6)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59953036.html


保守主義は、健全な保守主義が根づくアメリカ社会に明らかな如く、⑤⑥(個々の企業ではなくマクロ的に観察された場合)本質的に無計画で無制限な資本の自己増殖運動としてのグローバル化の昂進から自分達の生活と生存、伝統と文化を守る国家権力の機能に期待する半面、(例えば、過剰な累進課税制度や過剰な社会福祉政策の如き)自己責任の原則に容喙する国家権力の私的領域への介入を忌避する。土台、社会思想史的に見れば(保守主義やナショナリズムの素材としての伝統や文化は、例えば、日本の場合、文字通り、その起原は神代にまで遡り得るにせよ)保守主義とナショナリズムは、資本主義的な生態学的社会構造(自然を媒介として人と人とが取り結ぶ社会的諸関係の総体)と、伝統と文化に価値を置く、すなわち、家族と地域コミュニティーに価値を置く人々が上手に折り合いをつけた人類の智恵と言うべきものかもしれません。而して、資本主義に取り敢えず代わり得る生態学的社会構造が成立しない限り、(あらゆる社会改革の理論に猜疑の眼差しを向ける)保守主義は資本主義との「平和的共存」を選択するしかないの、鴨。と、そう私は考えています。

以下、「保守主義」の事物定義と(<8・30>のマニフェストとその後に民主党政権が成立させた法案・予算案を見る限りでの)民主党政権の社会思想を理解するための試案を整理しておきたいと思います。

・「保守主義」の事物定義

①人間理性と国家権力へ不信感、および、社会改革理論の教条主義への嫌悪感
②社会のスタンダードな文化と伝統の推奨
③伝統的な「価値観=社会規範」を再生産する(保守政権の)国家権力の介入の推奨
④伝統的な「価値観=社会規範」を脱構築する(左翼政権の)国家権力の介入の拒否
⑤資本主義との「平和的共存」
⑥グローバル化の波濤から伝統と文化を守護する国家権力への一定程度の期待
⑦伝統を紡ぎだす苗床としての国家社会への称賛   

・民主党政権の社会思想<試案>

①人間理性と国家権力の万能感、および、社会改革理論の教条主義(左翼)
②社会に内在する伝統的と文化的な多様性への無関心(左翼)
③伝統的な「価値観=社会規範」を再生産する(保守政権の)国家権力の介入の忌避(左翼-リベラル)
④伝統的な「価値観=社会規範」を脱構築する(左翼政権の)国家権力の介入の容認(左翼)
⑤資本主義の活動結果の矛盾の国家権力による解消(リベラル)
⑥国家権力の拡大強化(前代未聞!)
⑦伝統を紡ぎだす苗床としての国家社会への無関心(左翼)


蓋し、このように捉えるとき、民主党政権は「左翼」ですらない。それは、(将来的にせよ)国家権力の死滅を目指し、かつ、プロレタリア独裁の旗幟を鮮明にして、よって、経国済民の責任を自ら自身が担う覚悟がある左翼の矜持すらない、単なる無責任で「親方日の丸」的、かつ、その「日の丸=日本の国家権力」の基盤たる日本の国家社会の伝統と文化を軽視する、統合失調症的で権力志向の反日利益集団にすぎない、鴨。尚、支那の社会思想が、左翼とはかなり異質なものであることは最早論じるまでもないでしょう。而して、私は現下の支那の実定的な社会思想は、<帝国>としての中華主義とは似て非なる、漢民族のウルトラナショナリズムとしての「中華主義」であると考えていますが、このことに関しては上にURLを記した『「偏狭なるナショナリズム」なるものの唯一可能な批判根拠』をご参照ください。また、民主党政権と民主党政権の誕生をどう捉えるかについては下記拙稿をご参照いただければ嬉しいです。

・民主党政権の誕生は<明治維新>か<建武新政>か
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59444639.html

・政治主導の意味と限界
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59888125.html

・「事業仕分け」は善で「天下り」と「箱物」は悪か
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59556356.html

・自民党<非勝利>の構図-保守主義とナショナリズムの交錯と乖離(上)(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59722931.html

・海馬之玄関は自民党現執行部支持に舵をきります
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59982629.html


left4.jpg



◆「左翼」の陥穽

先に一瞥した如く、「左翼=教条主義」批判は現在でも有効としても、かっての左翼批判の定番定跡、「左翼=全体主義」批判は現在では通用しないのでしょうか。「真正」の二文字を掲げる保守派による左翼理解の貧困と脆弱を照射する前哨としてこの点を吟味します。

畢竟、2010年の現在、左翼は全体主義に向けた死に至る病から治癒したのか。私は、しかし、(例えば、ハイエクやハンナ・アーレントが指摘した)この批判軸は、左翼が中央集権型の計画経済や生産手段の国有化を放棄した現在でも、マルクス主義の世界観をもう一段掘り下げるとき、今尚、有効な左翼批判の水脈に到達すると考えます。

このブログでも前に記したことですが、「左翼→全体主義」の必然性を巡る議論を再録しておきます。蓋し、その水脈との接点は、社会思想史上のマルクス主義のデビュー作と言ってよい『共産党宣言』(1848年)自体に既に組み込まれているのではないか。同書の次の記述を読み返す度に私はそう感じています。

これらの(資本主義体制から社会主義体制に移行するための10個程の施策、すなわち、「土地所有制度の廃止」「強度の累進課税」「相続制度の廃止」「通信輸送手段の国家への集中」「すべての人に対する労働の平等な義務化」「教育セクターの活動と産業セクターの活動との結合」等々の、代表的な施策の)発展の進行にともない、階級の区分は消滅し、すべての生産活動が全国レベルで結合された広範な協同体の手の中に集中されてくると、公的権力はその「政治的-権力的」な性格を失うだろう。

・・・而して、諸階級の存在と階級間の対立を内包した古いブルジョア社会に代わって、我々は協同体、すなわち、各人の自由な発展がすべての人の自由な発展の条件となっているような協同体を持つことになるに違いない。

(KABU訳『共産党宣言』第2章末尾, 岩波文庫版,p.69)    


学説史的には、「限界効用」のアイデアを契機に再構築された新古典派(総合の)経済学にマルクス主義経済学は粉砕されたのだけれど、論理的には、マルクスの経済理論は、それが、「労働価値説」という<釣り針>と一緒に英国の古典派経済学を飲み込んだ段階で、要は、その初手の段階から<北斗の拳>だった。而して、社会思想としての左翼の不可能性、左翼が必然的に全体主義、すなわち、強権的な政治システムに逢着せざるを得ない経緯は、上に引用した『共産党宣言』のテクストに既に明らかだったのではないか。蓋し、経済理論のみならずマルクスの社会思想もその初手から<北斗の拳>だったの、鴨。

すなわち、「各人の自由な発展がすべての人の自由な発展の条件となっているような協同体が、しかも、全国レベルで結合された広範な協同体がすべての生産活動をその手の中に集中する」ことと「公的権力はその「政治的-権力的」な性格を失う」ことは矛盾するだろうということです。簡単な話。例えば、「私はそのような協同体には加わりたくない/協同体の意向に従いたくない」という、ヤクザや起業家、出家志望者や分離独立運動家、あるいは、過度な怠け者や過度な働き者はこの協同体の中でどう扱われるのか。

而して、「権力=他者の行動を、実力と公の権威の結合によって左右できる地位や勢力」と定義すれば、左翼の論者が語るように、「権力=支配階級が被支配階級を抑圧する社会的仕組み」であり、よって、「階級がなくなれば階級間対立もなくなり権力も国家も死滅する」という自己論理内完結型の目論見とは異なり、「各人の自由な発展がすべての人の自由な発展の条件となっているような協同体」においても、それら異分子を協同体の意志に従わしめる<権力>は残らざるを得ないだろうということ。蓋し、ソヴィエト・ロシアとは、正に、そのような<権力>が猛威を振るった社会ではなかったのでしょうか。   

けれども、ここで、「社会主義の高次の段階たる共産主義社会では、各人の意向と協同体の意向が異なることはあり得ない」という左翼の論者からの、前提と結論が同語反復的な言い訳が来る、鴨。実際、「共産主義社会ではヤクザはどういう存在なんでしょうか」という質問に対して、有名なマルクス主義の哲学者・廣松渉氏は「共産主義社会にヤクザなんかいるのですかね」と答えられたそうですから(笑)

(*・・)_☆⌒○ ←「言い訳サーブリターン、返し♪」

蓋し、世界同時革命や革命の輸出は考えないとしても、また、天変地異や戦争により協同体が機能不全に陥る事態は無視するとしても、一国規模の人間集団でどのようにしてすべてのメンバーが満足する生産と消費の内容をタイムリーに確定できると言うのか。各人が「自分の希望や状態=自由な発展の目標や成果」と判断するための情報に不足も非対称性も生じないとなぜ言い切れるのか、あるいは、情報を理解する各人の能力差をどう止揚するというのか。

これらテクニカルな問題に加えて、「その希望や状態が自分も含めすべての協同体メンバーの自由な発展であるか否かを、誰がどのような根拠で測定し確定できるというのか」という本質的な問題をこの言い訳は孕んでおり、よって、言い訳は成立しないのです。尚、後者の本質的な問題に関しては取りあえず下記拙稿とその続編をご参照ください。 

・風景が<伝統>に分節される構図(及びこの続編)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59836133.html

畢竟、ハイエクは『集権的経済計画』(1935年)や『隷属への道』(1944年)そして『自由の条件』(1960年)等々で、「設計主義的合理主義」でしかない社会主義は必ず「強制と計画-計画の強制と強制的な計画」が蔓延る官僚支配の権威主義的社会をもたらすと正確に予想しました。而して、上の『共産党宣言』に内包されている最もプリミティブなジレンマを鑑みれば、「左翼=全体主義」批判は、計画経済と生産手段の国有化を放棄する方向に左翼が変容しているとしても、

それが、①個人に憑依する伝統の価値を軽視して、個人を本質的には「没個性的存在=アトム」として捉え、②政策の決定は、諸政策を巡る賛否の「アトムの量の多寡」に従い行なわれるべきであり、③「アトムの多数派=民意」に従った国家権力は「男を女にし女を男にする以外=物理的に不可能なこと以外」すべてのことができるという世界観を撤回しない限り、(要は、アトムの要望や希望は測定可能であり、かつ、互換性があり共約可能という前提に立った、「プロクルステスの寝台」の如き人間観と政策決定モデルを彼等が放棄しない限り)左翼に当てはまる批判であろうと思います。



◆「真正保守主義」なるものの暴走と失速

英国の法哲学者H.L.Aハートに従えば、法体系は現実の行為規範たる第一次ルールと第一次ルールを認定・改変する第二次ルールの結合体です。ならば、保守派が現下の日本の社会で再構築を期すべき社会規範には(それが法であるか道徳であるかは別にして)、ある歴史的に特殊な伝統と慣習を尊重することを定める第一次ルールに加えて、「何が伝統」かを決める第二次ルールとしての「コミュニケーションの討議のルール」等が含まれることになるでしょう。

畢竟、(そうでなければ、自己の主張の正しさを自己が認定する、「プレーイングマネージャー」ならぬ「プレーイングレフリー」にならざるを得ないがゆえに)この観点を欠落した真正保守主義などは、原理的に左翼と同様の教条主義に陥る危険性を帯びているのではないでしょうか。

ここで、保守主義の第二次ルールの核としての(社会学的に「観察-記述」可能な)「国民の法的確信」の存在形態、および、「法の支配」の原理の意味内容に関しては下記拙稿をご参照いただきたいのですが、

・憲法における「法の支配」の意味と意義
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59879748.html

・憲法とは何か? 古事記と藤原京と憲法 (上)~(下)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59308240.html

例えば、「法の支配」の原理とは、(イ)英国社会(あるいは、英国法を継受した、原則、フランス法を継受しているルイジアナ州を除くアメリカ社会)に伝統的なコモンローが存在するという確信と、(ロ)コモンローの具体的内容は専門の裁判所たる裁判官のみが発見できる(要は、コモンロー裁判所がコモンローとして認定したルールがコモンローである)という確信に基礎づけられたものです。而して、(ハ)法解釈学的に見た場合、あるいは、法制史的に見た場合、(国会主権主義が確立する名誉革命(1689年)以前の英国においてさえ)具体的な内容を持つ普遍的なコモンローの豊饒なる体系が存在していたとは言えず、法規範の内容は社会の変遷とともに常に変化してきたことも自明の理なのです。   

ならば、「法の支配」の原理をリファーしつつ、これらの(イ)(ロ)(ハ)を欠く主張、例えば、(イ)現在の日本において、(ロ)有権解釈の権限を掌中にしている裁判所を介在させることなく、私人たるある論者が「コモンロー」と自分で認定した、(ハ)具体的な内容をともなったルールが法的効力を帯びるはずだなどの妄論を述べる「真正保守主義者」などの暴走する心性と思考パターンは、(左翼と同様「没個性的存在」としての均一な人間観を前提とする)独善的な教条主義であり「自分=第二次ルールの認定権者=権力」の万能感を醸し出しているという点で「左翼」のそれとそうあまり変わらないのではないか。蓋し、「真正保守主義」と「左翼」はシャム双生児の関係にある。そう言っても満更間違いではないと思います。

畢竟、このような左翼的な真正保守主義の論者が理解する「左翼」のイメージが、現実の左翼とは似ても似つかない、論者の想像上の産物にすぎなくなることは寧ろ当然のことでしょう。ならば、左翼理解において失速しているこれら真正保守主義なるものは、その保守主義自体の理解に関しても破綻しているのではないのか。蓋し、(ソシュールの記号論を持ち出すまでもなく)あらゆる記号の意味は他のすべての記号との差異性によって形成されるのと同様、ある社会思想の「定義=主張内容」もまた他の全ての社会思想との差異性によってより明確になるでしょう。ならば、「左翼」との対比で保守主義の内容はより明確になるはずであり、その「左翼」の理解が誤謬に満ちたものであれば自己規定も貧困で脆弱なものになることは避けられないだろうからです。

而して、(α)彼等の「左翼」理解が、例えば、支那の(左翼とは中立的な)「偏狭なナショナリズム」としての「中華主義」という認識を曇らせ、あるいは、左翼的ですらない民主党政権の夫婦別姓法案の批判を不的確にすることと通底している以上、または、(β)保守主義をあたかも「魔界からコモンローを口寄せする巫女の技術」の如くに世間に誤解させる可能性がなくもない以上、知識において貧困で論理において脆弱な、「真正」の二文字を背負ったこのような保守派の左翼理解は正しく修正されるべきである。と、そう私は考えています。

尚、本稿を貫徹する私の社会思想の体系に関しては下記拙稿の記事案内をご参照ください。

・社会思想の<海馬之玄関ワールド>観光ガイド
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/59971352.html






(2010年10月26日:yahoo版にアップロード)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
戦後民主主義を批判する営為の一環として、ブログランキングに
参加しています。結構、真面目に取り組んでいます。よろしければ、
下記リンク先【FC2ランキング】及び【人気blogランキングへ】
にクリックを二つお願いいたします。

fc2rankbanner
(↑)【FC2ランキング】

img35475
(↑)【人気blogランキングへ】
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スポンサーサイト

テーマ : 保守主義
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
検索 de 記事リスト
最新の記事
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube