e595.jpg


https://en.wikisource.org/wiki/Daddy-Long-Legs

 (※本テクストは原作者の著作権は切れています)

 

DADDY-LONG-LEGS


"BLUE WEDNESDAY"

 

The first Wednesday in every month was a Perfectly Awful Day—a day to be awaited with dread, endured with courage and forgotten with haste. Every floor must be spotless, every chair dustless, and every bed without a wrinkle. Ninety-seven squirming little orphans must be scrubbed and combed and buttoned into freshly starched ginghams; and all ninety-seven reminded of their manners, and told to say, "Yes, sir," "No, sir," whenever a Trustee spoke. 

It was a distressing time; and poor Jerusha Abbott, being the oldest orphan, had to bear the brunt of it. But this particular first Wednesday, like its predecessors, finally dragged itself to a close. Jerusha escaped from the pantry where she had been making sandwiches for the asylum's guests, and turned upstairs to accomplish her regular work. Her special care was room F, where eleven little tots, from four to seven, occupied eleven little cots set in a row. Jerusha assembled her charges, straightened their rumpled frocks, wiped their noses, and started them in an orderly and willing line towards the dining-room to engage themselves for a blessed half hour with bread and milk and prune pudding. 

Then she dropped down on the window seat and leaned throbbing temples against the cool glass. She had been on her feet since five that morning, doing everybody's bidding, scolded and hurried by a nervous matron. Mrs. Lippett, behind the scenes, did not always maintain that calm and pompous dignity with which she faced an audience of Trustees and lady visitors. Jerusha gazed out across a broad stretch of frozen lawn, beyond the tall iron paling that marked the confines of the asylum, down undulating ridges sprinkled with country estates, to the spires of the village rising from the midst of bare trees.

 

yj.jpg  

The day was ended—quite successfully, so far as she knew. The Trustees and the visiting committee had made their rounds, and read their reports, and drunk their tea, and now were hurrying home to their own cheerful firesides, to forget their bothersome little charges for another month. Jerusha leaned forward watching with curiosity—and a touch of wistfulness—the stream of carriages and automobiles that rolled out of the asylum gates. In imagination she followed first one equipage then another to the big houses dotted along the hillside. She pictured herself in a fur coat and a velvet hat trimmed with feathers leaning back in the seat and nonchalantly murmuring "Home" to the driver. But on the door-sill of her home the picture grew blurred. 

Jerusha had an imagination—an imagination, Mrs. Lippett told her, that would get her into trouble if she didn't take care—but keen as it was, it could not carry her beyond the front porch of the houses she would enter. Poor, eager, adventurous little Jerusha, in all her seventeen years, had never stepped inside an ordinary house; she could not picture the daily routine of those other human beings who carried on their lives undiscommoded by orphans.

Je-ru-sha Ab-bott
You are wan-ted
In the of-fice,
And I think you'd
Better hurry up!

Tommy Dillon  who had joined the choir, came singing up the stairs and down the corridor, his chant growing louder as he approached room F. Jerusha wrenched herself from the window and refaced the troubles of life.

"Who wants me?" she cut into Tommy's chant with a note of sharp anxiety.

Mrs. Lippett in the office,
And I think she's mad.
Ah-a-men!

Tommy piously intoned, but his accent was not entirely malicious. Even the most hardened little orphan felt sympathy for an erring sister who was summoned to the office to face an annoyed matron; and Tommy liked Jerusha even if she did sometimes jerk him by the arm and nearly scrub his nose off.

 

1039617.jpg  

Jerusha went without comment, but with two parallel lines on her brow. What could have gone wrong, she wondered. Were the sandwiches not thin enough? Were there shells in the nut cakes? Had a lady visitor seen the hole in Susie Hawthorn's stocking? Had—O horrors!—one of the cherubic little babes in her own room F "sassed" a Trustee?

The long lower hall had not been lighted, and as she came downstairs, a last Trustee stood, on the point of departure, in the open door that led to the porte-cochère. Jerusha caught only a fleeting impression of the man—and the impression consisted entirely of tallness. He was waving his arm towards an automobile waiting in the curved drive. As it sprang into motion and approached, head on for an instant, the glaring headlights threw his shadow sharply against the wall inside. The shadow pictured grotesquely elongated legs and arms that ran along the floor and up the wall of the corridor. It looked, for all the world, like a huge, wavering daddy-long-legs.

Jerusha's anxious frown gave place to quick laughter. She was by nature a sunny soul, and had always snatched the tiniest excuse to be amused. If one could derive any sort of entertainment out of the oppressive fact of a Trustee, it was something unexpected to the good. She advanced to the office quite cheered by the tiny episode, and presented a smiling face to Mrs. Lippett. To her surprise the matron was also, if not exactly smiling, at least appreciably affable; she wore an expression almost as pleasant as the one she donned for visitors. 

"Sit down, Jerusha, I have something to say to you."

Jerusha dropped into the nearest chair and waited with a touch of breathlessness. An automobile flashed past the window; Mrs. Lippett glanced after it. 

"Did you notice the gentleman who has just gone?"

"I saw his back."

"He is one of our most affluential Trustees, and has given large sums of money towards the asylum's support. I am not at liberty to mention his name; he expressly stipulated that he was to remain unknown."

Jerusha's eyes widened slightly; she was not accustomed to being summoned to the office to discuss the eccentricities of Trustees with the matron.

 925052436s.jpg

"This gentleman has taken an interest in several of our boys. You remember Charles Benton and Henry Freize? They were both sent through college by Mr.—er—this Trustee, and both have repaid with hard work and success the money that was so generously expended. Other payment the gentleman does not wish. Heretofore his philanthropies have been directed solely towards the boys; I have never been able to interest him in the slightest degree in any of the girls in the institution, no matter how deserving. He does not, I may tell you, care for girls."

"No, ma'am," Jerusha murmured, since some reply seemed to be expected at this point. 

"To-day at the regular meeting, the question of your future was brought up."

Mrs. Lippett allowed a moment of silence to fall, then resumed in a slow, placid manner extremely trying to her hearer's suddenly tightened nerves. 

"Usually, as you know, the children are not kept after they are sixteen, but an exception was made in your case. You had finished our school at fourteen, and having done so well in your studies—not always, I must say, in your conduct—it was determined to let you go on in the village high school. Now you are finishing that, and of course the asylum cannot be responsible any longer for your support. As it is, you have had two years more than most."

Mrs. Lippett overlooked the fact that Jerusha had worked hard for her board during those two years, that the convenience of the asylum had come first and her education second; that on days like the present she was kept at home to scrub. 

"As I say, the question of your future was brought up and your record was discussed—thoroughly discussed."

Mrs. Lippett brought accusing eyes to bear upon the prisoner in the dock, and the prisoner looked guilty because it seemed to be expected—not because she could remember any strikingly black pages in her record. 

"Of course the usual disposition of one in your place would be to put you in a position where you could begin to work, but you have done well in school in certain branches; it seems that your work in English has even been brilliant. Miss Pritchard who is on our visiting committee is also on the school board; she has been talking with your rhetoric teacher, and made a speech in your favour. She also read aloud an essay that you had written entitled, 'Blue Wednesday.'"

Jerusha's guilty expression this time was not assumed. 

"It seemed to me that you showed little gratitude in holding up to ridicule the institution that has done so much for you. Had you not managed to be funny I doubt if you would have been forgiven. But fortunately for you, Mr. ——, that is, the gentleman who has just gone—appears to have an immoderate sense of humor. On the strength of that impertinent paper, he has offered to send you to college."

"To college?" Jerusha's eyes grew big.

Mrs. Lippett nodded.

 

51NJXH4183L__SX353_BO1,204,203,200_  

"He waited to discuss the terms with me. They are unusual. The gentleman, I may say, is erratic. He believes that you have originality, and he is planning to educate you to become a writer."

"A writer?" Jerusha's mind was numbed. She could only repeat Mrs. Lippett's words.

"That is his wish. Whether anything will come of it, the future will show. He is giving you a very liberal allowance, almost, for a girl who has never had any experience in taking care of money, too liberal. But he planned the matter in detail, and I did not feel free to make any suggestions. You are to remain here through the summer, and Miss Pritchard has kindly offered to superintend your outfit. Your board and tuition will be paid directly to the college, and you will receive in addition during the four years you are there, an allowance of thirty-five dollars a month. This will enable you to enter on the same standing as the other students. The money will be sent to you by the gentleman's private secretary once a month, and in return, you will write a letter of acknowledgment once a month. That is—you are not to thank him for the money; he doesn't care to have that mentioned, but you are to write a letter telling of the progress in your studies and the details of your daily life. Just such a letter as you would write to your parents if they were living.

"These letters will be addressed to Mr. John Smith and will be sent in care of the secretary. The gentleman's name is not John Smith, but he prefers to remain unknown. To you he will never be anything but John Smith. His reason in requiring the letters is that he thinks nothing so fosters facility in literary expression as letter-writing. Since you have no family with whom to correspond, he desires you to write in this way; also, he wishes to keep track of your progress. He will never answer your letters, nor in the slightest particular take any notice of them. He detests letter-writing, and does not wish you to become a burden. If any point should ever arise where an answer would seem to be imperative—such as in the event of your being expelled, which I trust will not occur—you may correspond with Mr. Griggs, his secretary. These monthly letters are absolutely obligatory on your part; they are the only payment that Mr. Smith requires, so you must be as punctilious in sending them as though it were a bill that you were paying. I hope that they will always be respectful in tone and will reflect credit on your training. You must remember that you are writing to a Trustee of the John Grier Home."

Jerusha's eyes longingly sought the door. Her head was in a whirl of excitement, and she wished only to escape from Mrs. Lippett's platitudes, and think. She rose and took a tentative step backwards. Mrs. Lippett detained her with a gesture; it was an oratorical opportunity not to be slighted.

"I trust that you are properly grateful for this very rare good fortune that has befallen you? Not many girls in your position ever have such an opportunity to rise in the world. You must always remember—"

"I—yes, ma'am, thank you. I think, if that's all, I must go and sew a patch on Freddie Perkins's trousers."

The door closed behind her, and Mrs. Lippett watched it with dropped jaw, her peroration in mid-air.

 

99fd21c9fa88b414fe534cff1b88ddb0.jpg

Jerusha Abbott

 

<海馬之玄関関連記事:『あしながおじさん』に刻まれているアメリカ憲法の神髄と変遷>

19世紀末から20世紀初葉のアメリカ社会を舞台にしている、ウェブスターの『おちゃめなパティ大学に行く:When Patty Went to College』(1903), 『おちゃめなパティ:Just Patty』(1911), 『あしながおじさん:Daddy-Long-Legs』(1912), 『続・あしながおじさん:Dear Enemy』(1915)等の作品は、その全作品に(その後、1920年に発効した合衆国憲法修正19条が保障する)女性参政権付与に対する賛意、あるいは、犯罪者に遺伝的や資質的な犯罪を起こす傾向を認める当時流行の近代学派の刑罰理論への賛意が記してあります。


加之、(裁判所に提出されたその被上告人側の準備書面が、後に「Brandeis Brief」として有名になるのですが、「連邦や州は、正当な立法目的と妥当な立法事実があれば、社会的規制や経済的規制を行い個人の財産権や契約の自由を制限できるのかどうか」という、当時のアメリカで最大級の憲法問題の各論と位置づけられる)女性労働者の健康維持を立法目的とする、洗濯業者に雇用された婦人の労働時間を1日10時間に制限するオレゴン州の州法が連邦憲法のデュープロセス条項(修正5条および14条)が保障する「個人間の契約の自由」の不当な制限であるかどうかが争われた「Muller v. Oregon, 208 U.S. 412 (1908)」を俎上に載せている(cf. Just Patty, chapter 3)等々、『あしながおじさん』を含むウェブスター女史の作品は、当時のアメリカでは政治小説とまでは言わないけれど間違いなく作者の政治的主張を露わにした<憲法>をも射程に入れた社会派の小説だったのだと思います。



・温故知新:「あしながおじさん」を貫くアメリカ保守主義の精神
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/dc30651b55d86bc227fc7a651a74dfca

・「あしながおじさん」を貫く保守主義の人間観
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/fec9cef04c2df7543851e834dc5a2a41

・海馬之玄関ブログはより形式主義的な保守主義の再構築を期めざします
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/95af6165e9056f2eceb4ed7470f63c8d






9547f8ee4d0bbbd8ff2ab7bf93421644.jpg

飯豊青皇女/Sallie McBride

 



恒例になりました。もちろん、「恒例」ではいかんのだけれども、しかし、それが<現実>であるのも事実。而して、今年も参加します。

・わたしの竹島ですが、何か? https://www.youtube.com/watch?v=dcjwpz-6d2s#t=13


◆「固有の領土」の両義性と「竹島の帰属」の一義性
白黒はっきり言えば、現在の国際法には「固有の領土:proper territory」という概念はありません。現状の国境線の尊重がこのイシューを巡る国際法が掲げる唯一の価値だから。

土台、「主権国家」「民族国家」、否、「民族」という概念自体が極めて歴史的なものであり、畢竟、一般に「主権国家」と「主権国家間の関係としての国際法秩序」を確立したとされるウェストファリアー条約体制(1648年)の後も1世紀余り、近世と近代の渾然融合は続いたのであって18世紀半ばまでは「主権国家」も「民族」も地球上に存在してはいなかった。ならば、「日本の固有の領土」や「韓民族の固有の領土」なるものがこの世に存在し得ないこともまた当然でしょう。

実際、我が国においては、幕末・明治初葉までは「国家」とは統治の主体たる大名家中と統治の客体たる領地・領民を指す、ローカルガバメントに関する言葉(a certain word that had been linked to something local-governmental)でした。更に、ゲルナーが喝破した如く、現在、我々が「日本的なもの」「日本古来のもの」(something Japanese, something we think has its origin to ancient days of Japan)と感じているものの少なからずは、「皇国史観」然り、「家父長制的な家族関係」然り、明治維新を契機に人為的に作り上げられた表象にすぎないこと。これまた否定できない事実なのです。而して、「終身雇用制」や「年功序列制」に至っては(「農地改革」とともに)国家社会主義を目指した所謂「1940年体制」の産物であり、戦後改革の中でこれらが日本の伝統的なものと錯覚されたのは心理学で言う所の「記憶の自己改竄」に他なりません。
    
民族を生み出すのはナショナリズムであって、他の仕方を通じてではない。確かに、ナショナリズムは、以前から存在し歴史的に継承されてきた文化あるいは文化財の果実を利用するが、しかし、ナショナリズムはそれらをきわめて選択的に利用し、しかも、多くの場合それらを根本的に変造してしまう。死語が復活され、伝統が捏造され、ほとんど虚構にすぎない大昔の純朴さが復元される。(中略)

ナショナリズムがその保護と復活とを要求する文化は、しばしば、ナショナリズム自らの手による作り物であるか、あるいは、原型を留めないほどに修正されている。それにもかかわらず。ナショナリズムの原理それ自体は、われわれが共有する今日の条件にきわめて深く根ざしている。それは、偶発的なものでは決してないのであって、それ故簡単には拒めないであろう。

【出典:アーネスト・ゲルナー『民族とナショナリズム』(1983年)
 引用は同書(岩波書店・2000年12月)pp.95-96】
    


では、日本の伝統などは存在しないのか? 否、です。伝統とは、よって、保守主義とは伝統の恒常的な再構築の営みに他ならず、「日本的なもの」「日本古来のもの」は厳然として存在している。ただ、それら個々の表現形が普遍性を必ずしも持たないだけのこと。つまり、伝統とは外化され物象化され物神性を帯びた事物ではなく、伝統を再構築する人々の意識と規範と行為に憑依する(ポパーの言う意味での「世界Ⅲ」としての)何ものかに他ならない。

では、竹島は日本の固有の領土ではないのか? 否、です。確かに、「固有:proper」を「神代の昔から普遍的にそう決まっていること」と捉えて、「固有の領土」もまた上で述べたような、それこそ、伊弉諾・伊邪那岐の二柱の神々の頃から天照大神、神武天皇を経て今上陛下に至る、皇孫統べる豊葦原之瑞穂国の領土であるという意味に解するのならば(a territory as one of indigenous Japanese territories)、それは日本の領土とは必ずしも言えない。否、それは誰の領土でもない。

けれども、「固有:proper」を「そう解しそう取り扱われるのが妥当」という意味に捉えて、よって、「固有の領土」をも「日本の国家主権が排他的に及ぶべき不可譲の日本の領土」(an integral part of Japan's sovereign territory)と「機能主義的-法学的」に解するのならば、「歴史的-国際法的」に見て100%、竹島は日本の領土である。その経緯はロシア側にも幾分かの言い分がある「北方領土」とは全く類型を異にしているのであって、蓋し、竹島は間違いなく日本の固有の領土であり、韓国の現下の竹島占有は不法占拠以外の何ものでもない。と、そう私は考えています。
    

竹島奪還。2月22日の「竹島の日」を契機に竹島に一層注目しましょう。


共に闘わん。

б(≧◇≦)ノ ・・・竹島は日本の固有の領土だぁー!
б(≧◇≦)ノ ・・・韓国は国際司法裁判所での竹島の帰属決定に応じよ!
б(≧◇≦)ノ ・・・領土を売り渡す民進党と朝日新聞は日本から出て行け!
б(≧◇≦)ノ ・・・竹島奪還! 共に闘わん!





◆竹島問題関連サイト&ブログ

・竹島問題研究所
 http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/pref/takeshima/web-takeshima/

・日韓近代史資料集
 http://blogs.yahoo.co.jp/chaamiey
 ブログ友のchaamieyさんのブログ。流動化しつつある韓国歴史学界の現状と竹島問題に
 関して最深部から最新の情報を発信しておられます。是非、一度、ご訪問ください。


◆戦争責任/戦後責任論を論じた拙稿

・戦後責任論の崩壊とナショナリズム批判の失速
 http://blogs.yahoo.co.jp/kabu2kaiba/65226757.html

・ナショナリズムの祝祭としてのオリンピック  
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/996393535306da1e98ca58ca37c31e17

・書評☆高橋哲哉『歴史/修正主義』
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ddaab9f79ee4ac630414d90fd957c75

・小倉紀蔵『歴史認識を乗り越える』の秀逸と失速
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/44889ea4b8a9aab1299a792e76857f80

・「従軍慰安婦」問題-完封マニュアル(上)~(下)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11137268693.html

・歴史を直視できない人々(上)(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9ab1e74ac8fd20f67dca4c93b5ccd78f

・戦争責任論の妄想:高木健一『今なぜ戦後補償か』を批判の軸にして(上)~(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/df613c9e50e4d96c875145fbcc4eaf8a



◆左右の教条主義を越え、粛々と淡々と、かつ、凛として、竹島奪還!

・「左翼」という言葉の理解に見る保守派の貧困と脆弱(1)~(4)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11148165149.html

・「天皇制」という用語は使うべきではないという主張の無根拠性について(正)(補)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/b699366d45939d40fa0ff24617efecc4

・愛国心の脱構築-国旗・国歌を<物象化>しているのは誰か? (上)~(下)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/7895a5e3e2fcb21fca12515e14a34c87


・天皇制と国民主権は矛盾するか(上)~(下)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11136660418.html

・中川八洋「国民主権」批判論の検討
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11139156653.html

・「偏狭なるナショナリズム」なるものの唯一可能な批判根拠(1)~(6)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11146780998.html



japan_amaterasu_oomikami.png
天照大神


o0400028113190874579.jpg


The truth will emerge in due course of time.

 
 
 
<海馬之玄関関連記事>
・桜散りて慰安婦問題の終了をあらためて実感
 --やはり、「慰安婦問題は朝日新聞問題」だった--
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/40f15ca831e9edb3a9eb8ebd755ea349
 
・「従軍慰安婦」問題-完封マニュアル(上)~(下)
 
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11137268693.html
 
・橋下「慰安婦発言」批判の海外報道紹介
 --歪んだ論理の磁場の確認とその消磁化の契機として(1)~(9)
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3ca7d2069ecc186e18b3e237f852f4c0
 
・「慰安婦は必要だった」--慰安婦問題を巡る橋下氏の発言は妥当である--
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11530148507.html
 
・歴史認識の相対性と間主観性
--朝日新聞も<歴史の相対性>を悟ったのか(上)(下)
 
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11758992176.html
 
・安倍総理の歴史認識を批判する海外報道紹介(1)~(12)
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f62334487b7927827bed69dd74021987
 
・歴史を直視できない人々(上)(下)
 
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/9ab1e74ac8fd20f67dca4c93b5ccd78f



    
 
【北海道新聞】「慰安婦は捏造」パネル展、札幌市内で相次ぐ 「人権侵害」と抗議の声も 市、制限には慎重姿勢
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010001-doshin-hok

◆「日本人の名誉を守る」 


戦時中の従軍慰安婦問題について「捏造された歴史だ」と主張し、日本の加害責任を否定するパネル展が最近、札幌市の公共施設などで相次いで開かれている。現代の韓国人女性の売春に触れたパネルもあり、市民団体などは「人権侵害で民族差別だ」と憤る。ただ、市は憲法21条が保障する表現の自由を守る立場から利用を認めている。 

「(慰安婦が)『日本軍に性奴隷にされた』話は全くの嘘」。今月3、4日、札幌市豊平区の豊平区民センターで開かれた「歴史写真展 史実に見る慰安婦」独自の歴史観を示す36枚のパネルが並んだ。 

パネルは慰安婦について、当時法的に容認された公娼(こうしょう)制度と「おおむね同じ」と主張。旧日本軍が侵攻したビルマ(現ミャンマー)で慰安婦だった朝鮮半島出身の故文玉珠(ムンオクチュ)さんを取り上げ
文さんが約2万6千円を蓄えていたとして慰安婦の所得は(軍の)大将を上回る高額」と説明した。文さんの回想録から、兵士の1人に恋をしていたことも抜粋した。 

さらに現代の韓国人女性について「10万人以上が世界中で売春を行っている」と記述した。ただ、その根拠や慰安婦の歴史を問うこととの関係性を示す説明は見当たらない。
主催した実行委員会の1人で札幌在住の70代男性は「日本人の名誉を守りたい」と話す。 

パネル展は若い世代を含む数十人で準備をすることもあるといい、2014年からこれまでに札幌エルプラザ(北区)や区民センター、旭川、岩見沢両市などで15回開催した。今月のパネル展は保守系団体・日本会議の北海道本部が後援し、実行委にも会員が入っている。 

◆「歴史を歪曲、捏造している」 

ただ日本政府は、1993年当時の河野洋平官房長官談話で慰安婦が旧日本軍の関与の下で「心身にわたり癒やしがたい傷を負われた」と認めている。慰安所では、兵士らに利用料が課されていたとの史料も残るが、日銀の調査では、文さんがいたビルマは超インフレで貨幣価値が暴落していた文さんの回想も憲兵らに連行され慰安婦になり、連日多くの兵士の相手をさせられて涙したり、暴力を受け骨折したりとつらい経験が大半だ。 

歴史の継承に取り組む市民団体はパネル展に警戒感を強める。在日朝鮮人2世で「日本軍『慰安婦』問題の解決をめざす北海道の会」の金**(キム***)共同代表は「展示は歴史を歪曲、捏造し、元慰安婦の尊厳を再び傷つけ、特定の民族をおとしめる内容。許せない」と憤る。 

札幌市には展示への抗議や、施設を使わせないよう求める意見が約30件寄せられている。
これに対し、秋元克広市長は6日の定例市議会で、関連質問に「パネル展は主催団体の歴史認識を表明したもので、ただちに利用を不承認とすることにはならない」と答弁。表現の自由の下で、施設の利用制限は抑制的にすべきだとの判例を踏まえた。 

学生と元慰安婦を訪問する学習を行ってきた神戸女学院大の石川康宏教授は「何が真実なのか、市民一人一人が考え、確かめる責任がある」。慰安婦問題を扱う教育や報道が少ない現状を懸念し、社会がもっと歴史に向き合うよう訴える。 

9507.jpg


(私の感想)
明けましておめでとうございます♪
今年も何卒宜しくご指導くださいm(*-ω-)m


日銀の調査では、文さんがいたビルマは超インフレで貨幣価値が暴落していた

この文章の前に文さんが約2万6千円を蓄えていた」「慰安婦の所得は(軍の)大将を上回る高額」とあるんですが…(|| ゜Д゜)

軍人からの報酬がビルマの通貨で支払われていたとしても、日本円で支払われていたとしても、
いづれにせよ、ビルマが超インフレになったせいで慰安婦の生活が苦しかったなら、高額の貯金は不可能でしょうΣ( ̄ロ ̄lll)

当時は総理大臣の月給が800円だったはずです。26000円は800円の32.5倍ですよ!Σ( ̄ロ ̄lll)
今の総理大臣の月給が200万としたら、当時の26000円は今の6500万円ということになりますが…(|| ゜Д゜)
私の計算は理系の頭脳をお持ちの方から見れば、いい加減極まりないかもしれませんが、問題はそこではありません。
当時の26000円は、かなり大きなまとまったお金だったということです(。-`へ´-。)

つまり、恐らく日本円で支払われていて、当時の日本円をビルマの通貨に交換した場合、大変価値が高かったということになりますね。

これは恐らく印象操作なんでしょうね( ´Д`)
確か北海道新聞も左翼だったと思いますが(^_^;)

>文さんの回想も憲兵らに連行され慰安婦になり、連日多くの兵士の相手をさせられて涙したり、暴力を受け骨折したりとつらい経験が大半だ

こんなこと書いているところを見ると、やはり典型的な左翼ですね(^o^;)

やはり、左翼になると馬鹿になります。逆に馬鹿だから左翼になるのでしょうが(^_^;)
馬鹿が左翼になって、左翼になったら更に馬鹿になるという地獄の図式です(笑)

しかし、北海道は左翼の強い土地だそうですが、こんな活動をされる方がいらっしゃったんですね(^^)d
是非とも、日本全国を回って、外国にも行ってきて頂きたいです( ´∀` )b

(転載元URL)
http://ameblo.jp/michiru619/entry-12233816550.html


lts_20170101060747562.jpg


あけましておめでとうございます。


<(_ _)> ← KABU

ウエルネッケサルコフの女神様の花園での入院・通院治療もなんとか昨年12月半ばに終わりました。感無量。苦しかったからね、やっぱり。

そしたら、年末、クリスマスイブの日に母が亡くなった(愕然・茫然、覚悟はしていたけど喪失感は半端ないよね、やっぱり)。そして、よって、世界中の皆様に見守られながらクリスマスの日に葬儀。もって、兄弟そろって母の極楽浄土行きを見送ることもできました(←KABUはルター派と天理教のシンパだけれど、亡くなった母は浄土真宗大谷派&神理教の篤い信者だった)。悲しいけれど、清々しくうれしくもある。


ということで、今年は社会復帰しなければね。

而して、今年、アップロードしたいかなと思っている記事のタイトルを書いておくことにしました。公言すれば自分を拘束するし励みになる。少なくとも、忘備録になるから(笑) おっ、日の丸揚げなければ(←原則、日の出とともに掲揚するのがマナーですよ、多分)。

畢竟、今年もよろしくお願いいたします。

2017年元旦(皇紀2677年1月1日)

KABU


    

①法概念論から見たリベラル派の荒唐無稽な「立憲主義」
②書評:阿川尚之「憲法改正とは何かーアメリカ改憲史から考える」
③書評:海野 凪子・蛇蔵「日本人の知らない日本語」
④one パラ道場-あしながおじさん"Blue Wednesday" de 英文読解
⑤書評:なかがわ ちひろ「めいちゃんの500円玉」
⑥書評:西村健「光陰の刃」--團琢磨と井上日召の交錯と乖離
母校の福岡県立三池高校はこじんまりとなっちゃったけど、ちゃんと頑張っているようだ。少し嬉しかった

⑧IR法制-統合型リゾート法--断固支持です、それが何か?
⑨ビックマックインデックスに思う、戦後民主主義の陥穽とニューディール連合支配下のアメリカ社会の乱舞妄動
⑩政党でみるアメリカ史--宗教と移民と技術改革の動態の帰結としての
⑪one パラ道場-アメリカ憲法主要判例de英文読解
⑫米英留学研修に見る自衛隊の国際化対応能力の光と影
⑬普遍的などではない空中楼閣としての所謂「基本的人権」なるもの
⑭日本は国連分担金支払いを凍結せよ--わざわざ「脱退」するまでのことはないけれど「除名」上等すよ、だって「国連」無用の長物だもの
⑮所謂「従軍慰安婦」問題、外務省は米国で特定アジアと欧州のリベラル団体に対する訴訟攻撃を敢行せよ--連邦地裁用公判準備書面(案)付き

⑯「安倍一強」なるものを批判する「自民党政権=複数の「派閥=党内党」の連立政権」理解のアウトオブファッションについて--時代は変わったのに、昔の構造を<認識規範枠組み>とするリベラル派の知的怠慢
⑰格差批判論、就中、「相対的貧困率」なるものの恣意性と無根拠性について--いつから、日本は「社会主義国」になったというのか、あん~?
⑱日本英語教育史素描--中等教育カリキュラムと受験参考書、ならびに、児童書翻訳に見る「英語」をめぐるこの社会の風景と日本人の心性
⑲最近のマイブーム紹介(Vol.2)-個人のブログだもの、たまには軽めの記事もいいよね - - 「科捜研の女」および海外絵本とか
⑳英和中辞典講評--ジーニアス独り勝ちだけど・・・
(21)占領憲法は「押し付け憲法」以外のなにものでもないという単純な事実についての確認
(22)死刑制度の正常運用を求める--「法務大臣は死刑判決確定の日から6ヶ月以内に死刑執行を命じなければならない」とする刑事訴訟法475条2項が法的拘束力の乏しい訓示規定としても(cf. 東京地裁平成10年3月20日判決)法規を法治の担当責任者の法務大臣が無視してよい道理はなかろうよ--不公平なく差別なく、死刑確定の受刑者はもれなく即刻、死刑を執行すべきではなかろうか

(23)夫婦別姓にいちゃもんをつける文化帝国主義的の巣窟たる国連女子差別撤廃委員会から日本は離脱すべきである

(24)二重国籍を原則認めていない日本において「蓮舫」は国会に席を占める資格はない

(25)「国際社会」「平和国家」「ポピュリズム」「前のめり」「粘り強くしたたかでしなやかな外交交渉」「市民革命」「市民社会」「格差」「右傾化」「復古調」・・・意味不明で上から目線の朝日新聞の用語について
(26)多様な価値観の尊重は、別に、多様な価値観の混在する一国単位での尊重ではなく、固有の価値観を各々抱える多様な諸国家のモザイク的共存で実現するのが筋ではないか--「反日的で地球市民的なアトム的個人の存在を称揚するリベラリズム」を認めない日本的の固有の価値観もまた尊重されるべき多様な価値観の一つだろうから

(27)観光大国への飛翔のための覚書--日本は<物語>と<風情>に満ちた来て住んで食って恋して損のないところですよ、多分--ただし、特定アジアの国民はご遠慮ください、お互いのためにね、為念


(28)英文法要点整理--冠詞および可算名詞・不可算名詞
(29)英文法要点整理--準動詞の成立過程と意味および機能
(30)英語史的文法論<序説>--異形の印欧語「現代英語」の形成、それは「格変化」の衰退から始まった


※その他、例えば、憲法改正問題、および、今上天皇陛下の御譲位と女系・女性天皇制(宮家)についてもいくらか所感を述べる、鴨です。その他、例えば、憲法改正問題、および、今上天皇陛下の御譲位と女系・女性天皇制(宮家)についてもいくらか所感を述べる、鴨です。

要は、「リベラルデモクラシー=立憲デモクラシー」なるものが唯一の「立憲主義」の意味ではないし。すなわち、(1)事実的にも193+αヵ国(または、196+βヵ国)の世界の国々の中で--英米法系の国、イスラーム諸国を含め--ほとんどの国はそんな「立憲民主主義」などは採用していないし、(2)規範内容的にも、日本の占領憲法を含め米英の憲法が採用している「立憲主義」はそのような「リベラルデモクラシー」とは無縁のものである。憲法基礎論における、この基本中の基本を事柄を2017年は特に改めて提示したいと思っています。いずれにせよ、
さあ、復帰しなければね。本格稼働は桜の花が咲くころだったりするかもしれないけれど。少しずつ始めます。

共に闘わん。

tumblr_nro4d2vycV1tl5dtco1_500.jpg

月読姫命(←海馬之玄関ブログでは「月読命」について女神説をとっています

o09601.jpg


一般社団法人 外国人向け料理教室協会

12月1日付けで

「一般社団法人 外国人向け料理教室協会」を立ち上げました。

 

o1000046013832772883.jpg


外国人向け料理教室協会は「日本の食文化」を多くの外国人に伝え、
国際間の人々の交流と相互理解を促進し、世界文化の向上に寄与することを目的にしています。


具体的には

〇外国人のおもてなし方
〇日本の和食・家庭料理の普及
〇日本の食材・食文化・日本文化の普及
〇日本における生活・観光へのお手伝い
〇日本の和食・家庭料理を教える事のできる認定講師の育成
〇認定講師同志ののネットワークづくりと相互コミュニケーションの場の提供

に取り組んでいます。

 

 

o4302345613832776420.jpg


協会理念は

日本料理の文化を世界に!です。

協会が目指して世界中の外国の方に料理を通して和の心を伝える事です。

外国の方の日本での生活や、
日本の旅行での思い出を豊かにすることも理念の1つです。

協会の各種講座を学んだ認定講師がさらに、認定講師を育成し
世界中に協会の精神が広がる事を目指します。

「認定講師」を増やすということは、
世の中で和の心・和食・日本文化の普及活動をする人が
増えるということです。

その結果、日本への理解・魅力が高まり、日本のグローバル化につながっていくと考えます。

 

o2760184013799888207.jpg


2017年から 認定講師養成スクールは、協会の元で運営され

一般社団法人 外国人向け料理教室協会が認定した講師に対し、
認定書を交付してきます。

http://washocook.com/ccaf/courses

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥

認定講師養成スクール1日体験セミナーの詳細

1月7日(土)です。
(土日セミナー費は10,000円(税別)になります)
1月18日(水)
2月9日(木)大阪会場⇒ついに大阪に進出します! あと4名様です

http://ameblo.jp/noriyuta1008/page-2.html

 

2017年から始まるベーシックコース
第3期は、2月16日(木)、17日(金)です

http://washocook.com/reservation/reservation-teachers-school

 

※独立ビジネスコース
第2期は3月16日スタートです。
詳しくはHPで。http://washocook.com/ccaf/courses

来年は酉年です、羽ばたく1年にしましょう。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

日本にいながら外国人とコミュニケーションをとる7つの法則 

無料メール講座詳細はこちら
7日間無料メルマガ

わしょクック株式会社 

「外国人向け 和食教室」

http://washocook.com

 

 0137.jpg

 竹御前(北条政子孫姫)

 




プロフィール

KABU

Author:KABU
大東亜戦争終結後のこの社会で跳梁跋扈し猖獗を極めた戦後民主主義の批判を果敢に推進するための
yahoo版のミラーブログ。
2007年9月10日以降の新記事を随時、厳選した過去の自薦稿を漸次アップロードしていきます♪

百人一首 de 海馬之玄関
問い合わせ先
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
使用状況de電気予報
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
Othello de 気分転換
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
fc2rankbanner
miniTube